img src="http:// →img src="https:// http://ecx. → https://images-fe.ssl-

『本と文房具とスグレモノ』

文房具は、身近で安価で即効性のある成長アイテムです。毎日、情報を発信してます。

美術

絶対に観たい!2020年注目の美術展101展『おとなが楽しむ すごい美術展』

文房具が好きで、それをネタにブログを書き続けている僕ですが、その他にも興味があることがたくさんあります。死ぬまで人生を楽しむためには興味が尽きないことです。今日は美術館に対する思いなどを書いてみますね。 おとなが楽しめる「美術館」って、すご…

100枚レターブックで絵柄のパターンを楽しむ

PARIS 100枚レターブックを買ってきた 野口悠紀雄『5つの法則』を押さえる その上で、100枚レターブックです あわせて読んでいただきたい僕の文房具ブログ PARIS 100枚レターブックを買ってきた 文房具朝食会@名古屋のメンバーの村上さんが『ウィリアム・…

毎日6秒浮遊動画!フローティングペンの世界

「一遍聖絵フローティングペン 伊予国のシーン」 「一遍聖絵フローティングペン 信濃国のシーン」 普通に売ってる『フローティングペン』 『フローティングペン』の歴史 フェリシモの美術展コラボ商品です おてらぶ部長のひさよしさんのコメント 『フェリシ…

1年で4万本売れた伝説の鉛筆!『花色鉛筆』を紹介します

どうやら経済誌に『花色鉛筆』が掲載されていたのを上司がみつけたらしいのです。その上司は鉛筆が好きみたいで、そのページをコピーして家から持ってきて僕に渡してくれました。「君はこんな面白い鉛筆があるの知っているかね?」って感じです。とても良い…

紙好きにはたまらない一冊です!『ウィリアム・モリスの世界』100枚レターブック

文房具朝食会@名古屋をオリコーヒーさんで開催させていただきました。その時にメンバーの方が紹介してくれたものが、とても綺麗で良かったので紹介させていただきますね。紙好き女子にはたまらない一冊になると思います。それがこの本です。『ウィリアム・…

サライの付録「若冲万年筆」の出来栄えに驚きました!

いつもサライの付録の万年筆の出来栄えには驚かされる。今回の2018年10月号の『日本美術と紅葉の京都』特集についてきた若冲万年筆は、握った感じもずっしりと高級感があって付録の万年筆とは思えない出来栄えです。こんな付録が付いてくるならば、本当に買…

【簡単カスタマイズ】美術館の思い出を即座にログする『南国カンガルーノート』

僕は美術館が大好きです。理由は、自分にない感性に触れることが出来るからです。美術作品に深い造詣があるとか、知識があるとかではありませんが、しびれますよね。いつか日本中の美術館を制覇してやりたいという野望を、密かに持っている男です。そんな僕…

【大人の文房具】小さな星空が郵送できます!『星空の封筒』

はっきりいって「やられたな」という感じです。今日は『星空の封筒』という素敵な大人の文房具を紹介いたします。デザインは塚田萌さん、製造販売は福永紙工株式会社、企画はかみの工作所です。そもそも僕たち「星」「月」「夜」といったミステリアスな空気…

【インパクト抜群】殺伐とした職場には「フラワーペン」が良いですよ!

日本には、まだまだ殺伐とした職場が沢山あるはずです。僕はそんな環境を改善するするために『フラワーペン』をおススメします。特におじさんには、とても勇気が必要ですが・・・思い切って一歩踏み込みましょう!(笑)『フラワーペン』は、かなり昔からあり…

【文房具を巡る冒険】今年の一人旅は収穫満載でした!~お題:今年見に行ってよかったもの~

今週のお題「今年見に行ってよかったもの」 1、『21世紀美術館』記憶に残る素晴らしさ 2、初めて香港に行って驚いた 3、リニューアルした「伊東屋」都会的です あわせて読んでいただきたい僕の文房具ブログです 今週のお題「今年見に行ってよかったもの」…

美術館を10倍楽しむ3つの方法

僕は、美術館が大好きです! 特に絵心があるわけではなく、もちろん絵の才能もありません。 でも、時間と機会さえあれば迷わず美術館に入ります。 「美術館に行って、絵のこと理解出来るの?」とよく言われますが・・・ 僕自身は全くたいしたことない素人で…