img src="http:// →img src="https:// http://ecx. → https://images-fe.ssl-

『本と文房具とスグレモノ』

文房具は、身近で安価で即効性のある成長アイテムです。毎日、情報を発信してます。

岐阜県の行っておきたい文房具屋さん『ALASKA BUNGU(アラスカ文具)』リニューアルオープンです!

f:id:fumihiro1192:20200705133436j:image

半年ほどお休みをいただいてました岐阜の注目文房具屋さん『ALASKA BUNGU(アラスカ文具)』がリニューアルオープンしました。そして、早速行ってきました!相変わらすの素敵な文房具屋さんでしたよ。僕の推し文房具屋さんです。

まずは『ALASKA BUNGU』さんより

随分と長い間おやすみをいただいていましたが、本日無事リニューアルオープンを迎えました。

なんだかんだ、半年近くお店を閉じていたのでお客さまに忘れられてないかなぁと心配でしたが(笑)、開店と同時にたくさんのお客さまにご来店いただきとても嬉しかったです。

毎日使いたくなるアイテムや、贈り物にぴったりの商品もご用意しています。

ギフトラッピングもご用意できるのでお気軽にスタッフまでお声がけください。

新しくなったALASKA BUNGUもどうぞよろしくお願いします!

明日も12:00からお待ちしています〜。

※コロナウイルス感染拡大防止のため、入店は3名〜4名までとさせていただきます。狭い店内ですので、お客さまにはご不便をおかけすることもあるかと思いますが、ご理解とご協力をいただけますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

7月3日の『ALASKA BUNGU』さんのホームページからの記事です。嬉しいですね。この記事には下の貼り付けページから入ることが出来ます。

alaskabunguten.com


f:id:fumihiro1192:20200705133547j:image

alaskabunguten.com

『ALASKA BUNGU』の楽しみ方

ここのお店は厳選された文房具&雑貨が置いてあるので、見ていて飽きません。何時間でもいられますね。東急ハンズやロフトみたいに大量に陳列されているわけではありませんが、ひとつひとつに仕入れた思いれがあります。

僕はいつもお店にいる店員さんに「ベスト5文具」をセレクトしてもらって、これを買います。ブログのネタにもなりますし、いつもと違うものが買えて良いですよ。このベスト5は明日紹介することにします。

ここでしか買えない文房具も置いてあるので楽しいです。

最近、岐阜には車で行くことが多いです。岡崎市から1時間半くらいかかりますが、全く苦になりません。大抵は「更科(さらしな)」で蕎麦を食べて、『ALASKA BUNGU(アラスカ文具)』に行って市内散策して帰ってきます。

アーケード街をぶらぶらしたり、メディアコスモスのスタバでお茶したり、楽しいです。

今日は「赤鰐(あかわに)」というかき氷屋さんをのぞきに行ったのですが、女子が二十人以上並んでいて、とても入れそうになかったです。次は早朝から並んで一番に入るしかないですね。とても有名なかき氷屋さんなんだそうです。

f:id:fumihiro1192:20200705133551j:plain

〒500-8833 岐阜市神田町6-16-2

Open 12:00 - Close 18:00

火・水曜日定休

店舗都合により他の日にもお休みをさせていただくことがございます。NEWSの「今月の営業日」にてカレンダーを掲載しておりますのでご参照くださいませ。

 このあたりは駐車料金もあまり高額ではないので安心して停められます。一区画歩くくらいのところに駐車すればさらに安いですよ。ちなみに今日僕が停めた駐車場は、日中は¥600が上限でした。

コンテンツが勝負です!

文房具屋さんに必要なもの。それは良質な「コンテンツ(contents)」です。この言葉を直訳すれば「内容」「中身」という意味なのですが、1990年ごろからインターネットが膨れ上がった時に使われるようになったので「情報の中身」を指す言葉として普及しています。

最近では「オワコン(終わったコンテンツ)」とか言ってブームが過ぎて、使う人がすくなくなったwebコンテンツを嘲笑うような言葉が飛び交っていますが、終わっているのはその言葉を使っている人なんじゃないの?と、よく思います。

「中身」さえしっかりと主張があり、有益と認められるものであれば決して廃れていくものではありません。もちろん文房具屋さんの実店舗は大きな潮流で淘汰されるでしょうけど、コンテンツさえしっかりしていればなくならないのです。

この『ALASKA BUNGU(アラスカ文具)』に来ると、それがよくわかります。文房具&雑貨としての、コンテンツが際立ったお店です。こういうお店を大事にするためにも、僕たち文房具好きは足しげくこのお店に通わなくてはなりませんね。

岐阜県の皆さんはもちろんですが、全国の皆さん、よろしくお願いいたします。

f:id:fumihiro1192:20200705133622j:plain

f:id:fumihiro1192:20200705133618j:plain
f:id:fumihiro1192:20200705133441j:plain
f:id:fumihiro1192:20200705133608j:plain
f:id:fumihiro1192:20200705133536j:plain

f:id:fumihiro1192:20200705133453j:plain

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。読者の方に感謝です。

あわせて読んで欲しい僕の文房具ブログ 

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

マスキングテープの正しい使い方!集めるだけじゃなくて使ってナンボなのです

f:id:fumihiro1192:20200704152549j:image

旅先でも文房具屋さんでも、ついついマステを買い求めてしまうのは、この機会を逃したら2度とこのマステに出会えないかも知れないという強迫観念からです。そんな思いをするくらいなら、買ったことを後悔したほうがましだからです。そんな僕が今日はマステの話をしますね。

マステ専用の持ち運びケースが便利

いろいろなマステ収納用のアイテムを購入しましたが、最後まで残ったのは、このペンケース型のものでした。楽々、10本以上収納することが出来るし、横から何が入っているのか一目瞭然であるから便利です。

気分によってここに入れるマステをローテーション出来ますし、カバンへの収納もスムーズ、さらには口が大きく開いて使い易いと3拍子そろった優秀な選手なのです。こういうアイテムが僕たちの生活を豊かにしてくれることは間違いないですね。

ペンケースを持っていることは当たり前のように言われるならば、マステケースもこれからの時代には必須アイテムです。マステが突然姿を消してしまうようなことは考えられないので、上手に付き合っていかなくてはいけませんね。

最近、大きめのペンケースの中にマステ入れている人、多いんじゃないでしょうか?

そんな時代ですから、良いペンケースや、良いペンポーチがどんどん市場に出現するはずです。よくよくアンテナを立てておいて効率がよくて使い易い、そしてかつおしゃれなものをそばに置いて使っていけると良いですね。
f:id:fumihiro1192:20200704152542j:image

マスキングテープをどう使うのか?

最近、僕の好きなマスキングテープの使い方は、「インデックス」です。

本やテキストを読んでいる時や、ノートに書き留めたことを目立たせたい時に、デスクに常備してあるテープカッターからビリリと切り取って貼り付けて使っています。普通のふせんよりも目立つので良い感じなのです。

とっても検索スピードがあがって良いと思います。こういう使い方を考えるのも良いですが、自分だけでは限界があるので、文房具本やブログ、そしてコミュなどに頼ると素敵な情報がどんどん入ってくるようになりますよ。

また、ノートにメモを貼り付ける時にも使うのも良いですよね。そもそも、本体のノートを傷めないで貼り付けすることが出来ますし、裏面を見たいものでもマスキングテープを活用すればそれが可能なのです、

ここには直接関係ないですが・・・「トルコ折り」を覚えておくと無敵です。文具王:高畑さんのYouTube動画を貼り付けておきますので、もしよろしかったら習得しちゃってください。本当によく考えられた折り方だなぁと感心させられます。



f:id:fumihiro1192:20200704152545j:image

これからのマステの進化は、こうなる!

まずは、デジタルとの融合マステが出てくるのは間違いないでしょうね。簡単なインデックス機能がついていて、スマホなどと連動して検索スピードが格段に早くなるような「マステ」が開発されると思います。楽しみですね。

そして、情報を交通整理したり、僕らに問題を出して記憶を高めてくれたり、発生する電気や匂いなどで僕らの感情をコントロールしてくれるような「マステ」が出てくるんじゃないでしょうか?

未来にはどんなことが起こるのかよくわからないですが、そんなに悪い未来は待っていないような気がしています。悲観的な考えは捨てて、大局的に、そして楽観的に未来を楽しんでいきたいものですね。

とりとめのないブログ記事になってしまって申し訳ありませんが、今日はこんなところです。
f:id:fumihiro1192:20200704152538j:image
f:id:fumihiro1192:20200704152553j:image

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございます。読者の方に感謝です・

あわせて読んで欲しい僕の文房具ブログ

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

テレワークの切り札!『Zoom』『Teams』を苦手意識を感じている人でも、すぐさま使いこなす方法

f:id:fumihiro1192:20200703212842j:image

仕事でもWEB会議ばかりになってきました。距離感を感じてもどかしい部分はありますが、この様式がスタンダードになることは間違いありません。今日はこのテレワークの切り札!『Zoom』『Teams』をすぐさま使いこなす方法を教えますね。

僕みたいに忘れちゃうタイプの人へ

僕は、パスワードをすぐに忘れてしまうタイプです。その設定の時には「こんな簡単なパスワードで設定したので忘れるわけないだろう」と、自信満々で使い始めるのですが、月日が流れるときれいさっぱり忘れてしまい、再設定するのです。

どこかに書いておけば良いのでしょうが、それはセキュリティーが甘いという気持ちがあって出来ません。なにか良い方法はないかな?と思っているうちに時間だけが過ぎてしまいました。先日も、会社のネットワークに入るのに再設定しました(笑)

こんなことを何度繰り返したかわかりませんが、その癖は全く治りません。どうしようもないですね。それは会社のWEB会議システム接続も同じなのです。何度教えてもらっても、次の会議の時にはきれいに忘れちゃっているのです。

そういうタイプの人(僕と同じ種族の人)のために、今日は、テレワークの切り札!『Zoom』『Teams』をすぐさま使いこなす方法というブログ記事を書いて皆さんに紹介しようと思います。そんなの当たり前じゃないかと怒らないでくださいね。僕たちには、この方法が一番有効なのです。

f:id:fumihiro1192:20200703212834j:image

まず、HOWTO本を買ってこよう!

まず、最初にやることは「HOWTO本」を購入するということです。なるべく自分のフィーリングに合致したものがいいのですが、読むのが嫌にならないようになるべく薄めのものがいいと思います。その次に、カラー版であることを勧めます。

そして、「この厚さの割りに高めの値段設定だなぁ」と思えるくらいが良いです。もうひとつ、注文をつけるとなるべく新しいものが良いと思います。どんどん使おうとしているモノが進化している場合が多いからです。

僕はこれから紹介する方法でTwitterもmixiもFacebookもブログも習得しました。めちゃめちゃ簡単なので是非真似してみてください。とっつきにくいものも簡単に出来ちゃう場合が多いですし、人よりもちょっと知識量が増えます。

そして、この本は絶対に手元に置いておかなくてはなりませんよ。

f:id:fumihiro1192:20200703212838j:image

最初のページから機能確認していく

まずはアプリなどの設定画面にログインするようなモノが多いのですが、そこから始めて順番に最初のページから機能を確かめつつ、順番にやっていくのです。これが一番効果があります。最後のページを閉じる時にはほぼ使えるようになっています。

僕は、パソコンを買ったときに「アメーバブログ」からスタートしたので、アメブロの「HOWTO本」を本屋に買いに行きました。確か、友達についてきてもらって、選んでもらったものを購入したと記憶しています。信頼度があがりますからね。

そして毎日何十ページかを、こつこつ最後まで機能確認していったのです。

実際にページをめくりながら、操作を覚えていく方法は僕に一番あっていました。人に教えてもらうと、その場で忘れてしまいます。でも、自分のお金で買った本で覚えたことは忘れないですし、またその本に戻ればいいのですから。

最近は、気前よく読み終わった本は人にあげてしまうことが多いのですが、再度念押ししておきますけど、この「HOWTO本」だけは手元に残しておいたほうが良いです。そして忘れたら、即座にこの本に戻って確認するのです。

今日の本の紹介です

世界一わかりやすいZoomマスター養成講座

世界一わかりやすいZoomマスター養成講座

  • 作者:奥村絵里
  • 発売日: 2018/01/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 
テレワークの切り札! Office365 Teams 即効活用ガイド

テレワークの切り札! Office365 Teams 即効活用ガイド

  • 作者:岩元 直久
  • 発売日: 2020/04/23
  • メディア: Kindle版
 

 読者の方に合うかどうかはわかりませんが、とても入り易い本でした。

こういう本から入るのは、とっつき易いはずですよ。

最後にまとめておきます。僕たちのような種族は、記憶に頼るということは愚の骨頂です。絶対に、この「HOWTO本」方式で新しいスキルを乗り越えていきましょう。

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございます。読者の方に感謝です。

あわせて読んで欲しい僕のブログ記事

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

僕のブログ記事、昨日読まれたpv順位「ベスト5」を紹介します!

エンジニア 鉄腕ハサミGT キャップ付 刃渡り56㎜ PH-55

僕は毎日コツコツ文房具のことについてブログを書いています。毎日書いていると、ヒットする記事もあれば、見向きもされない記事もあります。仕方ないですよね。今日は、昨日のヒット記事を分析してみますね。このゴツいハサミの画像は景気つけです。

それでは、僕の昨日の人気記事ランキングを紹介させていただきます。このランキングで、みなさんのpv(ページビュー)分析のお役に立てば幸いです。最近、書いたブログ記事が全く入ってきてないことが気になりますが・・・

もしかして、ブログ記事としての魅力が落ちてきているのかも知れません。精進します。

では、ベスト5の5位から1位までを紹介します。

 第5位は、「左利き用のハサミ」

www.fumihiro1192.com

僕は左利き用のハサミの存在を知りませんでした。右利き用のハサミを当たり前のように使っていましたが、確かに反対の手で持つと見にくくて切りにくいですよね。そのことを題材にしたブログ記事です。2018年8月の記事なのに5位にくいこんでます。

やはり世の中には一定数以上の左利きの方たちがいらっしゃって、この課題に苦労しているのかもしれないですね。そんなことを考えさせられる5位の記事でした。

第4位は、安定感抜群のボールペン『ブレン』

www.fumihiro1192.com

この記事も2018年に書いたものなのですが、4位に入りました。確かにゼブラの『ブレン』は書き易いボールペンです。書けば書くほどよくわかります。2019年に入ってバカ売れしました。コスパも抜群の素敵なアイテムですね。

もしかしたら総選挙で王者:三菱鉛筆のジェットストリームを抜いてしまうんではないかと思いましたが、残念ながらそこには至りませんでした。でも、2019年を代表する堂々の2位に輝いたボールペンなのです。

これからも進化していってもらいたいボールペンです。

第3位は、「色鉛筆が消せる消しゴム」です

www.fumihiro1192.com

この記事も僕の大事な人気記事のひとつです。色鉛筆が消せる消しゴムを紹介しているのですが、2019年の5月に書いて以来、ずっと僕のブログのpvランキングの上位に君臨する、ブログ記事の王様です。

色鉛筆で描いたものが綺麗に消したい!って、みんなの共通の願いなんですね。

第2位は、ゼムクリップの「ゼム」って何?

www.fumihiro1192.com

こちらも2015年の1月に書いて以来、ずっと読者の皆さんに読んでいただいている人気ブログ記事です。この記事の内容自体はたいしたことないんですが、ブログタイトルのつけ方が良かったのだと思います。

こちらは、僕の文房具ブログ記事の超定番ネタです。

第1位は「馬鹿とハサミは使いよう」

www.fumihiro1192.com

僕もびっくりしているのですが、第1位に輝いたのはこの記事です。

「馬鹿とハサミが使いよう」という言葉が死語になったのは、ハサミが進化したからだ!自分で言うのも何ですが、こちらも素晴らしいタイトルのつけ方ですね。返り咲いて1位になる理由がよくわかります。

以上が、ベスト5でした。いかがでしょうか?参考になりましたか?

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございます。読者の方に感謝です。

あわせて読んで欲しい僕の文房具ブログ

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

東海地区限定ケリーに続き『金ぴかケリー』も登場してますよ

f:id:fumihiro1192:20200701200618j:image

『金ぴかのケリー』登場です

東海地区限定のスケルトンケリーは、久々に面白い企画で良かったと思います。文房具好きの方にはたまらないアイテムだったみたいで、僕も頼まれて何本も購入して配達しました(笑)どうやら本当に東海地区限定だったようです。

その騒ぎの後に、『金ぴかのケリー』も登場しました。

ぺんてるのホームページに掲載されていないので、正確にどんな名前で呼んだら良いいのかわかりませんので、早々にペンズアレイさんにもう一度行って調べてもらっておきます。僕も押さえで購入しておきました。

そもそもケリーが使い易いシャープペンシルの代名詞のような存在で、どの色合いのものを買っても間違いはないのですが、もう一度ぺんてるの『ケリー』についておさらいしておきたいと思います。
f:id:fumihiro1192:20200701200607j:image

僕の『ケリー』との出会い

ぺんてるの『ケリー』の歴史は長いのですが、僕との出会いはこんな感じです。

入社当時、特にまだ担当を持っていなかったので会社の書庫の整理を命じられて、せっせと保管期間が終わった書類を焼却するために箱詰めしておりました。その時に、捨てられる文房具の中に『ケリー』が混じっていたのです。

きっとノベリティか何かでもらったものなんでしょうね。僕はありがたく頂戴しました。そのシャープペン、今でも使っているんですよ。新顔の『ケリー』が時々入ってくるんですけど、最初に出会ったものは今でも大事に会社の一軍ペンケースの中に入っています。
f:id:fumihiro1192:20200701200600j:image

『ケリー』の凄さは、ここだ!

このキャップ式のシャープペンシルは、世界でも珍しいと思います。簡単に言えば、キャップ式にすると非常に面倒だからです。ノック機能が必要なシャープペンシルに、キャップなどつけて意味があるのかと思うのは当然のことだと思います。

でも、この『KERRY(ケリー)』は、いざ使う時は、キャップを外し、後部へ装着すると、その凄さがわかるようになっています。その時には、本当に気持ちの良い音と感触で書き始めを楽しくさせてくれる。ちょっと面倒なくらいが良いのです。

このシャープペンシルは、その音と共にノックできる状態にしてくれるのです。

ペン単体の後部に付属されている消しゴムも使用できるようになります。この機能を発揮する工程には感動するしかありません。キャップなしでももちろんノック可能ですけどね。

ペン先はしっかり固定されたガイド式パイプで低重心の設計です。書きやすさを保証するペン先までの細身形状はとても繊細です。だから、格納式ならではの思い切った形状設計となっているのででしょうね。筆記時の安定感は抜群なのです。

そんなすごいシャープペンシルなのです。
f:id:fumihiro1192:20200701200613j:image

『ケリー』の名前の由来

これは文房具界のプリンス:土橋正さんのブログで読んだのですが、この『ケリー』の名前には由来があります。これは、アイルランド産の黒い牛という意味だそうです。きっと独特のスタイルが雄牛を連想させたんでしょうね。確かに強そうです。

そういえばエルメスのケリーバッグが有名だなぁと思って、てっきり「牛革のカバン」に違いないと思って調べてみたら、こちらの由来はグレース・ケリーから来ていました。ちゃんと調べてないと大恥をかくところでした。

ちょっと話が脱線しましたが、洗練されたフォルムが牛を連想させたので、このネーミングになったことだけは覚えておきましょう。僕たち文房具好きが知っていて損のない、いやいや知っていなくてはならない豆知識であります。
f:id:fumihiro1192:20200701200610j:image

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございます。読者の方に感謝です。

あわせて読んで欲しい僕の文房具ブログ

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

豪華でスタイリッシュな銀座 蔦屋書店限定『メタルメジャー』キラキラしています

f:id:fumihiro1192:20200630200039p:plain

いつもカバンにメジャーを入れていると、家具の移動の時や、自分の腹囲が気になる時などにとっても便利です。そんな僕たちにこの銀座蔦屋書店限定の金ピカ『メタルメジャー』は気になりますよね。今日はそんな素敵アイテムを紹介します。

豪華な限定「メタルメジャー」です 

銀座 蔦屋書店(東京都中央区 GINZA SIX 6F )では伝統技術を継承しながらも、 現代的なデザインを取り入れるなど新しい挑戦をしている職人による工芸品などをご提案していきました。今回、銀座 蔦屋書店の限定商品として企画した24金「メタルメジャー」を6月29日(月)~販売開始いたします。

 なんとも言えない豪華な感じで良いですね。なんなんですか?この金ピカは!

この時代に入っても「メジャー」が売り出されることに、とても嬉しく思います。こういうアナログなアイテムもまだまだいけるんですね。

私事ではありますが、僕は健康診断があるたびに「腹囲が去年よりも大きくなっていませんように!」と祈っています。ここ3年くらいは、現状維持しています。でも、その前は1m にまで届いてしまうのではないかという勢いでした。

時々、気になるので自分で測定したいなぁと思っています。そんなときにこれ良いですね。銀座蔦屋書店さんは、僕がそんなことに使うために売り出したのではないので、とても憤慨されると思いますが・・・(笑)

秘密ですが、僕は腹囲の測定の時についついお腹の力を完全に抜いていません。だから正確な測定とはいえないのですが、あまりに抜きすぎるとどんな結果になるのか怖いので出来ないのです。でも、自分で測定するなら良いですね。

これは、銀座の蔦屋書店さんの限定商品なので貴重です。希少価値があるはずです。デスクにもしっとりとマッチするこのメジャーは、ビジネスアイテムにも見えてしまうデザインです。こういう大人の文房具を持ちたいものですね。

そんな風に推したくなるアイテムなのです。定規よりスマートですね。

f:id:fumihiro1192:20200630200055p:plain

銀座 蔦屋書店 限定モデル「24金メッキ仕上げ」

アルミのバー材を削り出してつくられるメタルメジャー。金を纏うことによって、通常よりもいくつかの工程を乗り越えてつくられています。通常であれば削り出した後は腐食防止の効果のあるアルマイト処理を施しますが、今回はまず、生地のままレーザーマーキングにより銀座 蔦屋書店と側面に掘ります。

また、その後直接24kメッキ加工をする流れのところ、剥がれにくくする為に特別な下処理を施してから24金メッキ加工を行っています。最後の組み立ても、全て手作業になるで通常よりも神経を使いながら組み立てをしています。それらの工程を経て、これまでに無い上品な輝きを放つ美しいメジャーが誕生しました。

store.tsite.jp

こちらが銀座蔦屋書店さんのサイトです。興味のある方はどうぞ。


僕も会社ではよく金属製のメジャーを使っています。

デスクやキャビネットの移動などの時に便利なんです。自分のデスクの大きさなども測定して知っておくと良いですね。「このペンケースなら立てたまま入るぞ」なんて買う時にためらいなく決断することが出来ますから。

f:id:fumihiro1192:20200630200110p:plain

f:id:fumihiro1192:20200630200115j:plain

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございます。読者の方に感謝です。

あわせて読んで欲しい僕の文房具ブログ 

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

【コスパ抜群の木軸筆記具】三菱鉛筆のピュアモルトボールペンは¥1000です

三菱鉛筆 シャープペン ピュアモルト 0.5 ナチュラル M51025.70

日曜日にたまたまペンズアレイタケウチさんに行ったら、偶然、文房具朝食会@名古屋のメンバーの春日さんがいらっしゃっていました。木軸の筆記具を吟味されてましたが、最高のコスパはもちろんモルツシリーズでしょうね。ということで、今日はこんな記事をリライトしてみました。

コスパ抜群のボールペン

今日は目的もなく、ペンズアレイタケウチさんという岡崎市にある老舗文房具店に会社帰りに立ち寄りました。すると職場の後輩が、異動のお祝いの品をもらったそうで、そのお返しを物色しているところだったのです。なんというラッキー!

「わぁい!ラッキー!ついでに僕にも買ってもらっちゃお!」と言うと、その後輩は信じられないことに「良いですよ!」と言ってくれた。こんな日もあるんだとびっくりしましたが、木軸を中心にじっくり選ぶことにしました。

その後輩は、木軸タイプの豪華なものを自分用にも買っていたので、僕はちょっと控え目な価格のものを買うべきだろうなと考えていたところ、こんな素敵なボールペンを見つけたので、紹介しちゃいます。別に新製品ではありませんよ。

それは、三菱鉛筆の「ピュアモルト ボールペン」です。なんと¥1000です。

f:id:fumihiro1192:20170928210556j:plain

素敵な色合いの木軸です

こころなごむナチュラルな質感と、 文字に伝わる優しいぬくもり。
自然な色調とフォルムがあたたかさを感じさせます。優しい輝きのシャンパンゴールドが木肌とマッチした、親しみやすい一本です。

なんという素敵な色合いなんでしょう。この色、使っていくうちに変化していくのかなぁ?とっても楽しみです。つやふきんで何度も磨いたらピカピカになるのかな?とにかく、良い感じのボールペンが手に入りましたよ。

木軸のペンは、驚くほど軽いです。そして温かみがある天然素材ですので、手に馴染みます。こういう感触を楽しみたくて「木軸(もくじく)」を愛用している人も多いはずです。このシャンパン色は経年変化で何色になるのかな?

使ってみると、驚くほど軽いし、手に馴染みます。

しかし・・・¥1000は安すぎませんかね?

もしも会社を辞める時には、このくらいの餞別の品にしたいです。

f:id:fumihiro1192:20170928210558j:plain

筆記具は大切です

筆記具は自分の思考をアウトプットする古典的な道具です。でも、すごく直接的で使いやすく、わかりやすいですよね。その筆記具が「手に馴染んでいる」ことは、道具として使うための大前提ですよね。

以前、作家の宇野ちよさんの部屋を紹介している雑誌があって、そこには大量の三菱鉛筆が同じように削ってあって、書斎に積まれていました。これは同じ条件で執筆活動を継続したいという彼女の意思の表れだったと思います。

こんな具合に、いつでも、どこでも、筆記具を取り出して思考のアウトプットが出来たらいいですよね。

そして継続して書いていくことについて、昨日「しごたの」の大橋悦夫さんが大変興味深い記事を書いていらしたので、紹介しておきますね。

いかがですか、継続して書いていくことに腹落ちする記事でしょう?

f:id:fumihiro1192:20170928210626j:plain

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。感謝です。

合わせて読んでいただきたい僕の文房具ブログです

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com