img src="http:// →img src="https:// http://ecx. → https://images-fe.ssl-

『本と文房具とスグレモノ』

文房具は、身近で安価で即効性のある成長アイテムです。毎日、情報を発信してます。

低価格万年筆『LIGHTIVE(ライティブ)』 登場!もう一度、使ってみたくなりました

f:id:fumihiro1192:20211208213030j:plain

万年筆は、世界最高の筆記具だと思います。いやいや、断言しても良いです。力をいれずにストレスなく書き続けることが出来るのは、今のところ万年筆しかないのです。僕も好きで好きでたまらなかったのですが、最近急激に興味をなくしてしまいました。

せっかく買い集めた万年筆を捨てるのももったいないので、再度興味がわき起こってくるまで保管しておくことにします。ほとんどのものをインクを抜いて、洗浄して、グローゼットの中にしまいました。また、使う日がくると良いなぁと思っています。

でも、これから活躍される皆さんには、万年筆は絶対のお勧めアイテムです。

次々と心に浮かんくる事柄を、片っぱしから書き続けて、そのかけらを繋ぎ合わせて形にすれば、自分の能力を超えたトンデモナイものが出来ちゃうかもしれないですよ。ぜひぜひ、文房具屋さんに行って、万年筆を検討してみてください。

僕の今のお勧めは、そろそろ店頭に並び始めるであろうパイロットコーポレーションの『LIGHTIVE(ライティブ)』(2,200円(税抜価格:2,000円))です。ちょうどいい価格帯での販売なので、良いと思いますよ。

f:id:fumihiro1192:20211208213054j:plain

ターゲットはビジネスマン

今回発売する『ライティブ』は、30~40代がメインターゲットなんだそうです。ビジネスパーソンが初めて手にするアイテムとして、カクノよりもちょっと高級で、デザインと機能を持ち合わせた気軽に使える万年筆をリーズナブルな価格で実現させちゃいました。

この万年筆『ライティブ』のネーミングは、LIGHT(軽い)とACTIVE(活動的)を組み合わせた造語です。カジュアルにそしてタフに持ち歩いて、使ってほしいという思いを込めてネーミングしてあるのです。なんとなくラミー対抗かな?

主な特徴です

  1. この万年筆『ライティブ』は、30~40代をメインターゲットに、シンプルなデザインと気密性に優れた軽量ボディが特長。カジュアルに持ち運びしやすく、リーズナブルな価格のため様々なシーンで気軽に使えます。新仕様のインナーキャップにより、ネジ式のキャップに匹敵する気密性を実現し、スムーズな書き出しとなめらかな筆記を実現。
  2. 強い筆圧でも使いやすい硬めのペン先で、F(細字)とM(中字)の2タイプを準備してます。インキの供給には、大容量のコンバーター(CON-70N)も使えて、もちろん、ボトルインキからも楽しむことも可能。
  3. 軸色(ボディカラー)は、アクティブイエロー、アクティブネイビー、アクティブレッド、マットブラック、アクティブホワイト、ノンカラーの6色を揃えています。

こういうコンセプトの万年筆、いいなぁ。もう一度買うかな?

あわせて読んで欲しい僕の文房具ブログ

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

2021年もあとわずか!文房具ブロガーとしての振り返りの「自己紹介」です

このブログ運営者:猪口フミヒロについて

僕のプロフィールページにお越しいただきましてありがとうございます。

f:id:fumihiro1192:20211207174646j:image

このブログは、名古屋の老舗朝活コミュニティ:文房具朝食会@名古屋主催の猪口フミヒロが、「文房具」をメインテーマにして毎日書いています。

このブログでそのデザインの素晴らしさや機能の特徴を知ってもらい、さらに文房具を好きになっていただくことを基本理念にしています。

僕のこのブログに対する思いは、この3つです。

  1. 家庭や仕事で苦しんでいるおじさんたちの憧れになる
  2. さらには「メンター」になる
  3. 役にたつ文房具の情報を発信して社会貢献をする

こんな気持ちでブログを書いていきますので、よろしくお願いいたします。

このミッションを達成するためにも情報発信活動や講演活動は、今まで以上に展開していきます。2021年も12月に突入しました。早いものです。

僕はこの56歳に一花咲かせると占いにありました。どんな花を咲かせるかは僕次第です。楽しみにしていてくださいね。

僕のプロフィールです

1965年生まれ、愛知県岡崎市在住。愛知大学卒業後、某自動車部品メーカーに就職して地道に働く。2009年に文房具朝食会@名古屋を設立、同時にこの文房具ブログも開始、現在に至る。文房具を中心に精力的に活動中。

(写真は2021年12月7日に撮影したばかりの最新版です)

テレビ出演&雑誌の寄稿(歴史)

2013/4/13[THU]
ほっとイブニング:NHKBS1(文房具朝食会取材にて)
2013/6/16[SAT]
幸せの黄色い仔犬:中京テレビ(文房具特集)イモトアヤコさんと収録しました
2014/3/10[MON]
ドデスカ!:名古屋テレビ(文房具朝食会取材にて)
2014/8/28[THU]
ドデスカ!:名古屋テレビ(文房具朝食会取材にて)
2015/3/5[THU]
ゴゴスマ:CBCテレビ(春の文房具特集)ジャンポケさんと収録です
2015/3/21[THU]
ドデスカ!:名古屋テレビ(文房具朝食会取材にて)
2017/4/5[WED]
ソレダメ!:テレビ東京(文房具有識者として)ゴールデンで放送されました!
2018/8/13[FRI]
ドデスカ!:名古屋テレビ(最新文房具紹介コメンテーターとして)
2019/5/27[MON]
チャント!:CBCテレビ(文房具朝食会@名古屋主催者として)
2019/9/16[FRI]
チャント!:CBCテレビ(文房具特集)菊池亜美さんと収録しました
2020/3/24[TUE]
チャント!:CBCテレビ(文房具特集)ガンバレルーヤさんと収録しました
2021/2/12[FRI]
チャント!:CBCテレビ(文房具屋さん大賞の特別コメンテーターとして)
2021/3/25[TUE]
チャント!:CBCテレビ(文房具特集)ガンバレルーヤさんと収録しました

2021年はテレビに4回ラジオに2回雑誌などには多数出て大忙しでした。

雑誌の寄稿多数。『文房具屋さん大賞』で、6年連続で審査員に選出されてます。

文房具屋さん大賞2021 (扶桑社ムック)

文房具屋さん大賞2021 (扶桑社ムック)

  • 発売日: 2021/02/12
  • メディア: ムック
 
文房具屋さん大賞2020 (扶桑社ムック)

文房具屋さん大賞2020 (扶桑社ムック)

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2020/02/05
  • メディア: ムック
 

お問い合わせ先

メール:fumihiro1192@gmail.com

facebookページ(猪口フミヒロ)

twitter(@fumihiro1192)

instagram


何年かに一度、手相をみてもらっています。そのことがいつもとても良い方向に行くので、どうしてかな?と考えたところ、行動を意図的に進めたり止めたりすることが自分にとても良い影響を与えているようです。良いことに気づきました。これからは、ここを大事にします。

以上で、自己紹介を終わります。これからもこのブログをご贔屓に!

ペンズアレイタケウチさんでも発売開始!「KERRY(ケリー)」50周年アニバーサリーモデル

f:id:fumihiro1192:20211206223301j:plain

昨日、ペンズアレイタケウチさんに遊びにいったら、KERRY(ケリー)50周年記念の限定モデルが入荷されていました。けっこうなお値段なのですが、もう一箱売れていました。好きな人は好きなんでしょうね。何を隠そう僕も大好きです。

昭和の頃、入社したての僕の上司が使っていたのです。懐かしいなぁ。

ということで、今日はもう一度このシャープペンシルを紹介しますね。

f:id:fumihiro1192:20211107110113j:plain

「KERRY(ケリー)」の思い出

もう30年以上前のことになるのですが、僕が大学を卒業して会社に入った頃、この「ケリー」というシャープペンシルは爆発的に売れた後だったので、多くの人が持っていました。僕の上司も使っていまして、なんとなく先端形状が書きやすそうだなぁと思っていました。

ノベリティーで配布されたものだったらしく、何年かすると会社の不用品入れにポツポツと捨てられているようになりました。僕はその頃は文房具にあまり興味がなかったので、捨てられていく「ケリー」をもったいないなぁとも思わず眺めてました。

最近は、ご当地ものが出たり、限定版が出たりして人気継続中です。ぺんてる株式会社は、50周年限定モデルを、2021年11月15日(月)より、全国の文具取扱店にて順次発売開始しました。ということで、ペンズアレイタケウチさんにも入荷されたのです。

高級感あふれる筆記具で、ビジネスシーンにぴったり。ちょっとお金に余裕のあるおじさんは購入検討ください。こういう価格帯のシャープペンシルを中高生がバンバンと買っていく時代なので、こういう表現は適していないかもしれないですけどね。

f:id:fumihiro1192:20211107110124p:plain

「KERRY(ケリー)」の紹介

この筆記具は、見た目が高級感漂っているので万年筆型シャープペンシルと呼ばれています。

1971年発売の50年間愛されている超ロングセラー文房具で、高級万年筆の風格を持つ特別なシャープペンシルとして、今でも存在感抜群です。どこにでも携帯できるコンパクトボディと、エレガントさを感じさせるデザインで、他の追随を許さない孤高の筆記具です。

そんなロングセラー文房具の、発売50周年を記念し、アニバーサリーの特別感を表現した限定モデルが登場します。価格もすごいですが(価格は¥4400)見逃せないので、紹介しておきますね。

f:id:fumihiro1192:20211107110122j:plain

金属部分に特別なメッキ加工

先金、ノック部、クリップ、ローレットなどには、軸の色に合わせた特別なカラーでメッキ加工が施されています。メッキ加工とは表面処理の一種で、金属または非金属の表面に他の金属の薄膜を被覆することをいいます。「メッキがはがれる」というのはいい意味で使いません。

今回の「ケリー」は、クラシックブラウン軸とトラディショナルグレー軸には、ロゼゴールドを合わせ、堂々とした高級感あるデザインに、ボトルブルー軸とグラスグリーン軸にはシャンパンゴールドを合わせ、カジュアルでありながら知的な風合いに仕上げてます。

高級そうに見えるって大事ですよね。

ケリー発売50周年の特別仕様

ロゼゴールドとシャンパンゴールドの金属キャップのクリップには、“50th ANNIVERSARY“の刻印が施され、また、クロコダイル皮革をイメージしたエンボス(凹凸)を施した個箱仕様で、ギフトにも最適です。

こんなシャープペンシルを贈られたら泣いちゃいますね。左遷されたら、これをもらいたいです。左遷の痛みもかなり和らぐと思います。よろしくお願いいたします。

こだわりのカラー

半世紀変わらないフォルムに、年齢や性別を問わず持ちやすいカラー4色(クラシックブラウン、トラディショナルグレー、ボトルブルー、グラスグリーン)をセレクトしました。

クラシックブラウン、トラディショナルグレーのボディは、不透明にすることで重厚感を、ボトルブルーとグラスグリーンのボディには、ガラス製品をイメージした深い色透明にすることで、透明でありながらも中の機構を見せすぎない奥ゆかしさを表現しました。

落ち着いた色は、フォーマルなスーツにも合うかも!

f:id:fumihiro1192:20211107110119p:plain

f:id:fumihiro1192:20211107110116p:plain

・シャープペンシルでは珍しいキャップ付きで、安全性が高い
・持ち運びしやすいコンパクトボディ
・ギフトにも最適なエレガントなデザイン
ケリー商品ページURL:https://www.pentel.co.jp/products/automaticpencils/mannencil/

最後まで読んでくださってありがとうございます。読者の皆さんに感謝です。

あわせて読んで欲しい僕の文房具ブログ

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

筆ペンを使ったカリグラフィー講座を体験したら、書くことに自信がついたという話

f:id:fumihiro1192:20211205204158j:image

ちょっとお世話をかけていたことに対してのお詫びに、TSUTAYAウィングタウン岡崎店さんにうかがいました。

お昼から焼肉屋さんで「元気になろう!」という会を催した直後だったので、焼肉臭いよと言われないように気をつけて話をする必要がありました(笑)。

担当の方にお詫びを入れて許してもらって、そのあとは立ち話で文房具業界のトレンドの話をしていました。時々、情報を入れないとついていけない世界なのです。

すると、「今日は、カリグラフィーをやっているので体験していかない?」というお誘いをいただけました。

家族連れで大にぎわいの会場でしたので、その人たちが引くのをまって体験させていただきました。筆ペンは難しいという先入観がありましたが、大丈夫でした。

こちらが、僕がお手本を見ながら書いた文字です。十分ですよね。
f:id:fumihiro1192:20211205204201j:image

それほどコツということはありませんが、縦に引く線が均一になっていると綺麗にみえるみたいです。その縦線は、太目が良いですね。そのルールを守るためにゆっくり描きます。

綺麗に描くよりも、丁寧に描いた方が最初は良いと思います。そして、インクを多めに。水分量が多い筆記具の方が滑りがよくて、描きやすいです。
f:id:fumihiro1192:20211205204156j:image
f:id:fumihiro1192:20211205204153j:image

購入はこのあたりが良いかも!

f:id:fumihiro1192:20211205204151j:image

昔、会社に来た海外のお客さんに筆ペンを見せたら「おお!ジャパニーズ・カリグラフィーペン!」と叫んでたいそう興奮されていました。アメリカの方だったので、筆ペンを知らないということはないでしょうから、大げさに喜んでくれたんだと思います。

でも、ぺんてるの筆ペンは実に書きやすいです。

ぺんてるの方に、その書きやすさの秘密を教えていただきました。確かにその作り方で筆ペンを作っているならば、他のメーカーの筆ペンとの差が出ても当然ですし、腰も違うでしょうね。よくよく検証してみないとわかりませんので、今後の課題にします。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。読者の方々に感謝です。

あわせて読んで欲しい僕の文房具ブログ

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

【僕が感動した文房具】毎朝我が家で大活躍!「ミシン目ロータリーカッター」

f:id:fumihiro1192:20210401201801j:image

僕が感動した文房具の第四弾は、オルファの「ミシン目ロータリーカッター」です。僕は毎日使っています。我が家にはなくてはならないアイテムです。

新聞のテレビ欄を切り取るときに使います

我が家は地元のニュースに熱い「中日新聞」を長く購読してきました。子供の頃は、「毎日新聞」を読んできたので最初はとても違和感がありましたが、この新聞の紙面はなかなか味わい深いものがありました。とても面白く読んでおりました。

しかし、どうしても「日本経済新聞」が読みたくなったので、出勤途中で購入していたのですが、大変面倒なので家族に新聞を変えて欲しいとお願いしてみました。時間がかかりましたが、受け入れてもらいました。その時に出た条件が、これです。

テレビ欄だけは、家に置いていって欲しい。

まあ、毎日切り離せばいいので承知して、新しい新聞との生活が始まりました。ところが、当初はカッターナイフで切り離していたので、力加減が変わると、他のページまで切り離してしまって、とても読みづらいという現象が起きました。

その対策として登場し、今も活躍してくれているのが、この文房具なのです。


f:id:fumihiro1192:20210401201756j:image

この文房具が欲しい方は、こちら!


f:id:fumihiro1192:20210401201821j:image

オルファ『ミシン目ロータリーカッター』

毎日活躍してくれている、オルファ『ミシン目ロータリーカッター』。これは名前の通り、ミシン目に紙を切ることができます。僕は毎朝、新聞のテレビ欄をこのカッターで切り離します。何が良いかと言えば、切りすぎても新聞は離れずにいてくれるからなのです。

僕は大抵2枚一度に切れるくらい強めに切り込みを入れます。でも、強めに入れても、切り離さなければ大丈夫なのです。僕は切り離す必要があるところだけピリピリという感じで切り取ってから、残りの新聞をカバンにいれて出勤するのです。本当に便利なんですよ。

このカッターが流行したのは、もう10年くらい前になるでしょうか?未だに現役で頑張ってくれています。このロータリーカッターはバリエーションも増えていて、用途にあわせて使うように進化しています。ぜひぜひ、一度使ってみてくださいね。
f:id:fumihiro1192:20210401201816j:image

他のロータリーカッターが欲しい方はこちら


f:id:fumihiro1192:20210401201807j:image
f:id:fumihiro1192:20210401201811j:image

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。読者の方に感謝です。

あわせて読んで欲しい僕の文房具ブログ

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

紙の端を挟んで引くだけで、まっすぐに貼れるテープのりがあります

コクヨ テープのり のり ドットライナー ホールド 本体 タ-DM4200-08

自宅にこもってひたすら仕事をしています。ついつい集中して猫背(ねこぜ)になっているようで、50肩になってしまいました。肩と背中がとても痛いです。だんだんと気温が下がってきて、日照時間も短くなってきて、さらに体調もよくないとなると、、、

これはストレス発散に文房具を買いに行くしかないですね!

また、この場所で何を購入してきたのかを報告します。さてさて、今日も文房具ブログを始めます。

ドットライナーに対する感動について

先日、コクヨのドットライナーの「のり切れ」に感動したことをブログに書きました。近所の文房具屋さん:ペンズアレイタケウチさんは、ほとんどこのテープのりしか扱っていませんし、文房具友達にもヘビーユーザーが多いことがわかりました。

参考に、僕のブログ記事を載せておきますね。

www.fumihiro1192.com

今日は、みなさんご存知かとは思いますが、このシリーズの「ドットライナーホールド」を紹介しておきます。2017年に発売されたのですが、根強い人気文房具で、しっかりと生き残っています。紙媒体がどんどん減っているのでしょうが、使いやすいんでしょうね。

下の画像は詰め替え用です。

コクヨ テープのり ドットライナーホールド・つめ替え用テープ タ-D4200-08 3個セット

ドットライナーホールドの紹介

このテープのりは、コクヨの大人気商品「ドットライナー」の姉妹品です。ですから、のり切れ抜群で、使いやすさは保証できます。封筒にのり付けするときに便利なんです。ガイド部分に沿って動かしてやれば、きれいにまっすぐのり付け出来ます。

正直にいえば、この文房具が発売になった時に、ちょっと大きく感じました。「デスクで使う文房具で、こんな大きいの売れるのかな?」と、思っていたのですが、僕の心配をはねのけて、ユーザーに愛されて生き残っています。すごいです。

f:id:fumihiro1192:20211204061551j:plain

この、コクヨさんが出しているテープのり「ドットライナー」シリーズは、2005年の発売以来、累計出荷数1.3億個(2020年9月時点)を販売した超がつくくらいの人気文房具です。

発売から16年。現在シリーズ全体で70品番以上のラインアップを揃えるほどの、定番文房具となりました。職場や学校でも目にすることが多いですよね。

進化し続ける「ドットライナー」は、グローバル商品としてロゴデザインを英字がメインのものに変更したり、多彩なラインアップの中から目的や用途にあったのりが選びやすくなるよう、製品とパッケージのデザインを見直しています。

スタンダードタイプは、より快適な使いやすさを実現するために内部設計を変更を加えるなど、機能面でもさらなる進化を遂げているんですよ。

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございます。読者の方々に感謝です。

あわせて読んで欲しい僕の文房具ブログ

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

【僕が感動した文房具】よく切れてお買い得なハサミ『フィットカットカーブ』

f:id:fumihiro1192:20170831213208j:plain

僕が感動した文房具を紹介してます。

プラスの『フィットカットカーブ』は、とっても安くて、汚れにくくて、サビに強くて、使いやすくて、べたつかなくて、恐ろしいほどに良いハサミです。友達が、このハサミを発売と同時期に購入してきて、「このハサミ知らないのか?」と言われたことを思い出します。

即刻、文房具やさんに買いに走って入手したことを思い出します。切れ味も良かったので驚きました。一体、どんな作り方をしたら、こんなに良いハサミが、こんな価格で作れちゃうんでしょうか?その秘密をプラスの方に聞いてみたいものです。

高級でよく切れるハサミはたくさんありますが、こんなに安くてよく切れるハサミは『フィットカットカーブ』の右にでるものがないのではないでしょうか?ちょっと褒めすぎかも知れませんが、そのくらい良いハサミなんですよ。オススメします。

f:id:fumihiro1192:20170831213134j:plain

f:id:fumihiro1192:20170831213153j:plain

『フィットカットカーブ』商品紹介

  • テープ等の粘着物がベタつかず、汚れやサビに非常に強い高性能コーティング。
  • ベルヌーイカーブ刃で、手を痛めず軽~く切れる。
  • 長さ:174㎜ 刃渡り:65㎜ 板厚:1.8㎜ カラー:ホワイト/ブルー
  • 刃仕様:フッ素コーティング、ベルヌーイカーブ刃
  • 材質:グリップ=44%再生樹脂(85%再生ABS+TPE)、キャップ=PP、刃・カシメピン=ハイカーボンステンレス鋼、がたつき防止リング=POM

f:id:fumihiro1192:20170831213202j:plain

そして、なんといっても低価格

僕は、フッ素コートを購入しましたが、通常版が¥300。フッ素コート版が¥400。これは安いですよね。このタイプのハサミは、みんなこのくらいの価格になってしまっているのが、恐ろしいですけどね。どのメーカーの品質もこぞって安定しています。

プラス はさみ フィットカットカーブ フッ素コート SC-175SF ホワイト/ブルー 34-516

プラス はさみ フィットカットカーブ フッ素コート SC-175SF ホワイト/ブルー 34-516

プラス はさみ フィットカットカーブ フッ素コート SC-175SF ホワイト/ブルー 34-516

 

こういう文房具を覚えておいてくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。感謝です。

あわせて読んでいただきたい僕の文房具ブログ 

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com