img src="http:// →img src="https:// http://ecx. → https://images-fe.ssl-

『本と文房具とスグレモノ』

文房具は、身近で安価で即効性のある成長アイテムです。毎日、情報を発信してます。

「迷う」くらいなら、テレビを視ていた方がマシ

f:id:fumihiro1192:20190520193917j:plain

悩み苦しみ「迷う」だけでした

40歳を超えるまでは夜もろくろく眠らずに悩んでいました。今考えると本当に馬鹿馬鹿しいのですが、その頃は真剣そのもの、全力投球で右に行くのか左に行くのか悩んでいたのです。まさに「迷う」ことにエネルギーの全てを使っていたのです。

もちろん仕事でも悩んでいました。上司に決裁を上げる時に何度も頭の中でシュミレーションを繰り返して、本番の舞台で大失敗して、もう一度ゼロから作り始める。仕事のスピードも今の半分くらいの能力で、こんなペースでは終わるはずありませんよね。

僕は数年も持たずに体を壊しました。円形脱毛症になったり、痔になったり、蕁麻疹(じんましん)が出来たり、何十キロも太ったり、惨憺たる有様でした。そんな僕の悩みとの戦い、つまり「迷う」ことからの脱出について紹介します。

朝一番で『カエルを食べてしまえ!』

f:id:fumihiro1192:20190520191438j:plain

まず、オススメしたいのがこの本を読むことです。ブライアン・トレーシーの名著『カエルを食べてしまえ!』。ハリーポッターシリーズを観ているとわかるように海外ではこういうヌメヌメした生き物が口に入ることは最低中の最低らしいのです。

その最低なことを朝一番にやってしまえば、その重要課題は済んだも同然で、素敵で優雅な1日が待っているよというようなお話です。仕事に行き詰まりビジネス書を読み始めた頃にこの本に出会い、本当に救われました。まずはやることなんですよね。

やってしまえば、一歩踏み出してしまえば、その仕事は案外簡単に片付いてしまうことも多いし、そもそも悩む時間が激減します。その時間が減ると「迷う」ことも同じようになくなっていくんですよね。この連鎖は面白いですよ。是非とも実践してください。

カエルを食べてしまえ!  新版

カエルを食べてしまえ! 新版

 

 「朝一番に生きたカエルを食べれば その日の最悪事はもう終わったと安心してすごすことができる」この「カエル」とは あなたにとって最も難しく重要な仕事で いまやらなければどんどん後回しになってしまうもののことである。(アマゾンの内容紹介の引用です)

そして「迷う」ことからの脱出

f:id:fumihiro1192:20190520191447j:plain

そんなある日、僕は気がついたのです。それは、自分が「迷う」という行為にふけっている時は、同じことを何度も考えている。そして結論を出さないので無限ループに入って「迷う」ことを楽しんでいるかのように時間を使っているということだったのです。

これって、めちゃめちゃ無駄じゃん!

どうしたら「迷う」ということをしなくて済むのか?そこは職場の先輩に教えていただきました。それは、問題をその場で解決して次にいくことだったのです。会議に出たら、その問題はその場で解決するんです。無理なら持ち帰ってくる。そこが大事です。

持ち帰らなくてはならないということは、自分の権限を超えているということですから上司に相談します。経験がなくて対処出来ないのも上司の問題。でも、そこは言いにくいので(笑)類似案件で提案を添えて相談することが大事なんですよね。

解決出来ない問題は現れない

f:id:fumihiro1192:20190520191440j:plain

ここは読書から学びました。先ほどの章の類似案件ということに似ていますが、自分の前に現れる問題は自分が解決出来ないような大きな問題は現れないということ、さらには地球に住んでいる誰かがもう経験済みで、解決済みであるということです。

ここを理解して正解探しをすれば悩むことも少ないですし「迷い」ません。

大きな問題が目の前に現れても「どうせ解決できるし・・・」と思っていればストレスフリーです。さらにはどこかにマニュアルがあって、その手順通りにやりさえすれば良いのです。夢のような話でしょ?でも、真実なんですよね。是非、利用してください。

f:id:fumihiro1192:20190520191433j:plain

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございます。今回は『特別お題:迷いと決断』についてブログに書かせていただきました。たまには、こういう趣向に乗ってブログを書くのも良いなぁと思います。楽しくて拡散するかも知れないから良いよね。

あわせて読みたい僕の文房具ブログ

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

ぺグボードの「ペグ」って何?

f:id:fumihiro1192:20190520060342j:plain

卓上収納ボード『PEGGY(ペギー)』発売

来月早々にキングジムから、とってもおしゃれで便利な卓上収納ボードが発売されますので、僕の文房具ブログで先行宣伝しておきます。よろしくお願いいたします。カスタマイズを楽しみながら収納術を磨きたい人に良いと思いますよ。オススメです。

株式会社キングジム(本社:東京都千代田区)は、自分好みにカスタマイズできる、ペグボードを使用した卓上収納ボード「PEGGY(ペギー)」PG400を、2019年6月7日(金)より発売します。初年度販売目標数量は2万個です。

昨今のDIYブームにより、ペグボード(有孔ボード)を用いた壁面収納に注目が集まっています。「PEGGY(ペギー)」は、ペグボード特有の自由なカスタマイズ性を取り入れた、工具いらずで簡単に設置できる卓上収納ボードです。

横置き・縦置きが選べ、別売のL字フック・ミニコンテナ・ペンスタンド・ミニシェルフの4種のパーツを組み合わせることで、目的に合わせた卓上収納を作ることができます。本体色は、チャコールブラック、オフホワイトの2色で、ご家庭や職場、店舗など使用シーンに合わせて選べます。

キングジムは、「PEGGY(ペギー)」発売により、新たな市場拡大を目指してまいります。

ぺグボードの「ペグ」って何?

f:id:fumihiro1192:20190520182303j:plain

僕は大学生の時に数週間だけワンダーフォーゲル部に入部してプチ登山を経験しました。健康診断で引っ掛かり入部届けを書いたのにもかかわらず却下されてしまいましたけどね。この話とても長くなるので、また別の場所で書かせていただきます。

その時にテントを張るために地面に打ち込む杭のことを「ペグ」と呼んでいました。釘(くぎ)とか杭(くい)という意味の言葉なんですよね。なんとなく犬っぽい名前だなぁと思っていたんですが、そちらは「パグ」でしたね。別にボケてないですよ。

こうやってたくさん穴が空いていて、カギ状になった杭を引っ掛けて使えるような板を『ペグボード』と呼ぶらしいです。どうして気になったのか思い出しました。僕の育った田舎の家の台所の壁がこのタイプのボードを使っていたからです。懐かしいなぁ。

商品特徴を紹介しますね

f:id:fumihiro1192:20190520060351j:plain
f:id:fumihiro1192:20190520060345j:plain

工具不要で組み立てられ、手軽に設置できます。また、スタンド付きのため、壁掛けができない場所でも立てて使用可能です。横置きと縦置きのどちらでも使用できるので、オフィスのデスクやご家庭のリビング、店頭など限られたスペースでも設置できます。

めちゃめちゃ自由で良いですよね。僕はハサミホッチキスなどスリムではない文房具をここに収納してスマートに使えるようにしておきたいです。そうすれば、引き出しから取り出す時にガチャガチャしなくて済みますからね。

この卓上収納ボードは文字通り、デスクやみえない部分に収納されているものを、見せながら収納する技術をフル活用して自分の作業効率までも考えていける素敵な文房具です。色合いや形状、デザインを楽しみながら「収納」を自分で工夫してくださいね。

そして用途に合わせたカスタマイズパーツ

f:id:fumihiro1192:20190520060355j:plain
f:id:fumihiro1192:20190520060359j:plain
L字フックとミニコンテナ
f:id:fumihiro1192:20190520060405j:plain
f:id:fumihiro1192:20190520060402j:plain
ペンスタンドとミニシェルフ

L字フック・・・用途:輪ゴムや鍵、アクセサリーなどを掛ける収納
ミニコンテナ・・・用途:名刺やクリップなど、不定形の小物の収納
ペンスタンド・・・用途:筆記用具やカッター、スティック状の小物を立てる収納
ミニシェルフ・・・用途:高さのある調味料瓶や小さな植物などを飾る収納

このカスタマイズパーツを使ってレイアウトを考えれば、大抵のことは出来ますよね。中でも機動力抜群のアイテム「L字フック」はさっと取り出してストレスフリーになりたい貴方の願いを叶えてくれると思いますよ。トライしてみてください。

『PEGGY(ペギー)』が欲しい方はこちら

キングジム ボード 卓上収納 有孔ボード 工具不要 PEGGY 黒 PG400クロ

キングジム ボード 卓上収納 有孔ボード 工具不要 PEGGY 黒 PG400クロ

 
キングジム ボード 卓上収納 有孔ボード 工具不要 PEGGY 白 PG400シロ

キングジム ボード 卓上収納 有孔ボード 工具不要 PEGGY 白 PG400シロ

 
キングジム 有孔ボード 専用パーツ PEGGY ミニシェルフ 茶 PGP04チヤ

キングジム 有孔ボード 専用パーツ PEGGY ミニシェルフ 茶 PGP04チヤ

 
キングジム 有孔ボード 専用パーツ PEGGY ミニコンテナ 2個入 青 PGP02アオ

キングジム 有孔ボード 専用パーツ PEGGY ミニコンテナ 2個入 青 PGP02アオ

 
キングジム 有孔ボード 専用パーツ PEGGY ペンスタンド 青 PGP03アオ

キングジム 有孔ボード 専用パーツ PEGGY ペンスタンド 青 PGP03アオ

 
キングジム 有孔ボード 専用パーツ PEGGY L字フック 4本入 茶 PGP01チヤ

キングジム 有孔ボード 専用パーツ PEGGY L字フック 4本入 茶 PGP01チヤ

 

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございます。感謝します。

あわせて読んでいただきたい僕の文房具ブログ記事です

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

本と文房具と友達を選ぼう

f:id:fumihiro1192:20190519055339j:plain

こういってしまえば身も蓋もないことはわかっていますけれど、あえて誤解を恐れずに発言します。「読む本と自分が使う文房具と友達は戦略的に選べ」と言いたいです。これ大事なことなんですよね。今日はそんな思いを文房具ブログで展開していきます。

ここ数週間で過去に書き溜めた2000ほどの記事を読みなおしてリライトしています。現在、5年ほど遡って作業しているのですが、過去の自分は色々苦しんだり悩んだりしながら問題に立ち向かっているのがよくわかります。そこを共有したいのですよね。

先人たちが苦しんで登頂して整備してくれたおかげで、僕たちは日本の最高峰富士山でさえ、それほどの準備も必要なく山頂まで登ることが出来ます。そんな恩恵を僕のブログを読んでくださる方々にも無償で支給したいなぁと思っているからです。

それでは始めますね。今日も、よろしくお付合いください。

自分が読む本をしっかり選ぼう

f:id:fumihiro1192:20190519062900j:plain

どんなに頑張っても僕の実力では年に300冊くらいしか読めないということが、実験してみてわかりました。もちろん読み方も悪かったのですが、年にどれだけ読むことが可能なのか知りたくて、毎週図書館に通って本を借りて読んで集計しました。

こんなトライをしてみるとよくわかるのですが、どうせ時間を使って本を読むのなら良い本を、そしてためになる本を読みたいという自分の欲求に応えてあげたいという気持ちが湧き上がってくるのです。それをしないと読書が作業になってしまうのです。

自分がどうなりたい、そしてどうしたいかをよく考えたら読まなくてはならない本が自然にわかるはずです。その道の先駆者たちは自分の通った道筋を教えてくれて「これを読んだら?」と教えてくれます。自分の読む本はしっかりセレクトしましょうね。

文房具も厳選して使おう

f:id:fumihiro1192:20190519062924j:plain

普通の人は指が10本しかなくて腕が2本しかない。時間と同じようにここにも物理的な限界があるので、一度に何本もの筆記具を持って書き連ねるという超人的なことは出来ない。だからこそ、アウトプットするための文房具は選ばなくてはならないのです。

僕はツバメノートジェットストリームというボールペンを選んで読み終わった本のエッセンスを書き溜めて読み返し自分のものにするという勉強を続けています。読んだ本のエッセンスが日常的に行動と言葉に出来るためには凡人はこれしかないのです。

書き味、視覚的好み、相性、など僕たちは環境に左右されやすい生き物です。ちょっとペンのインクが出ないだけでやる気が落ちてしまうことなど日常茶飯事として経験してますよね。そのためにも文房具は自分にあったものを使うことを心がけるのです。

さらには友人も選ぼう

f:id:fumihiro1192:20190519062941j:plain

「そんなこと上手くいくのか?」と思う人もいると思うが、ビジネス書を読むと古典から近代のものまで至る所にこの内容が出てくる。チームがバラバラでは何も成果がだせないし、やりたいことがやれずに終わってしまうことも出現するはずです。

乗組員を選ぼうとか、野球のチームメイトを選ぼうとかいえば解りやすい。思春期に学校の先生やその当時の友達に大きく影響を受けたり、一緒に仕事をする上司によって同じように仕事をしても評価や成果が全く違うのを経験した人も多いだろう。

ぜひぜひ友人を選んで欲しいです。そのためには自分で自分がどこに行こうとしているのか明確に打ち出す必要があります。ミュージシャンを目指して日夜練習している人のところには、同じ目標を持った人が集まりやすく友人を選択しやすくなるのだ。

読んだ本と読みたい本をこれで管理しよう

f:id:fumihiro1192:20190519063011j:plain

Beahouseの「ワタシ文庫」知っていますか?

僕は、この文房具はとても良く出来たシステムと評価してます!使い方はとても簡単です。読んだ本の内容を記録することが出来て、しおりとしても使えて、さらに専用封筒を使い手帳に保存も出来る素敵な文房具、それが「ワタシ文庫」です!

まあ、リーディングログアイテムです!僕が好きな一番の特徴は、懐かしい感じがすること!読書欲に燃えていた小学校の頃の図書館が目の前に再現されるようなノスタルジーです。「ワタシ文庫」は、本物の図書カードの質感を出すために、本体用紙に「ケナフ100G」、封筒に図書館用品メーカー(株)伊藤伊の本物の、「貸出カード用ブックポケット」を使用しています。

その本物感覚が懐かしい風合いを醸し出しております。だから、懐かしいんだ!と納得しましたなかなか売ってなかったけど、東急ハンズにはありましたよ。読書する、エッセンスを書き出す記録する、保存するこの一連の流れが「ワタシ文庫」で解決します!是非とも、使ってみてください。文房具も友人選びもこのスタイルで良いのですよ。

「ワタシ文庫」が欲しい方はこちら

読書記録しおりワタシ文庫 (グリーン)

f:id:fumihiro1192:20190519063043j:plain

 最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。感謝します。

世の中って自分の思い通りに動くことは少ないし、もっといえば人生などなかなかコントロールしきれないものです。やりたいことがたくさんあって、時間もないのに苦しい人はまずはこの3つを選ぶことから始めてくださいね。よろしくです。

お金があれば、そんなこと簡単に解決出来るんじゃないの?と、思う方もいらっしゃるかも知れませんが、考えがないとお金で短絡的に解決しても長続きしないものなのです。また逆に考えさえあればお金はついてくるものですからね。面白いでしょ?

あわせて読んでいただきたい僕のブログ記事です 

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

進化したハサミ!『ペンカット プレミアム』

f:id:fumihiro1192:20190518092134j:plain

2009年に発売されて大反響を呼んだ文房具『ペンカット』僕はあまりに感動したので自分の3人の子供達にすぐさま購入して渡して、文房具の進化スピードの凄さとこのコンパクトサイズの便利さを説明してペンケースに常駐させるように指示を出しました。

そのお願いを守ってくれたのは多分長女だけだったと思われます。ある日家のその他大勢文房具入れにそっと鎮座してみえる『ペンカット』を見つけて、僕は自分のペンケースに入れ直しました。やはり押し付けて使わせるのは良くなかったですね。反省です。

そんな思い出深い文房具を、先日の平成文房具振り返りの文房具朝食会@名古屋で見つけてとってもノスタルジックな気持ちになりました。進化しているんだろうなぁと思って再度レイメイ藤井さんのページに行って確認することにしましたので報告です。

なんと『ペンカット プレミアム』になってましたので紹介しますね。

『ペンカット プレミアム』プレスリリース

文具製造販売を行う株式会社レイメイ藤井(本社:東京都江東区/代表取締役社長:藤井 章生)は、ペン型でありながら、本格的な切れ味を追求したペンカットのプレミアムモデルを2018年5月に発売します。

ビニールなどの薄いものから厚紙までスムーズな切れ味を実現。全体的に丸みをもったデザインは、手に馴染み操作しやすくなっています。

通常のステンレス刃に加え、テープを切ってもベタつきにくいフッ素コートと、切れ味が長続きするチタンコートの3つをラインナップしています。

 『ペンカット プレミアム』商品特徴

f:id:fumihiro1192:20190518093045j:plain

刃がうっすら見える透明安全キャップ刃の存在がうっすらと見えペンケース内でも安心です。

f:id:fumihiro1192:20190518093049j:plain

ビニールから厚紙まで対応したブレード1.5mm厚刃に高角度の片刃仕上げを採用。全ての厚さでスムーズな切れ味を実現。

f:id:fumihiro1192:20190518093041j:plain

刃先まで力が伝わるロングブレードハンドルの奥深くまで刃が入っているため、力が刃先まで伝わり切ることができます。

f:id:fumihiro1192:20190518093034j:plain

出し入れ可能なハンドルループ柔軟性のある素材で手にフィット。従来のハサミと変わらない使用感です。スティック型では珍しいスプリング式でないんですよね。微妙な切れ味が楽しめて良いと思います。さすがレイメイ藤井さんですね。文房具の味わいがよくわかってます。

『ペンカット プレミアム』ラインアップ

f:id:fumihiro1192:20190518093026j:plain

ペンカットプレミアムです ¥900(税別)

f:id:fumihiro1192:20190518093029j:plain

ペンカットプレミアム フッ素コート ¥1,100(税別)

f:id:fumihiro1192:20190518093022j:plain

ペンカットプレミアム チタンコート ¥1,300(税別)

他のペン型ハサミを紹介します

サンスター文具 スティッキール はさみ コンパクト ブラック S3791866

サンスター文具 スティッキール はさみ コンパクト ブラック S3791866

 
プラス はさみ 携帯タイプ フィットカットカーブ ツイッギー ピーチ×ミント 34-573
 

 僕が使っているのはプラスのはさみ『携帯タイプ フィットカットカーブ ツィッギー』です。これは良く切れてスリムでペンケースの相性もピッタリです。

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございます。感謝です。

あわせて読んでいただきたい僕の文房具ブログ記事

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

限定文房具満載!Loft「プチ 文房具の女子会」開催です

f:id:fumihiro1192:20190517194427j:plain

今日から全国のロフトで「プチ 文房具の女子会」が開催されます。文房具に男子とか女子とか関係ないものが多かったはずなのに、とっても面倒な時代になったものであります。こういうイベントにはおじさんは入りにくいので何とかしてください(笑)

でも、文房具イベントで講演をしたことがあるんですが真面目に話を聞いてくれて、なおかつ反応が良いのは間違い無く女子です。反応がないとしゃべり辛いのでどうしても反応してくれる女子中心のトークになっちゃうんですよね。ここは世界共通かな?

僕の住んでいる愛知県岡崎市にもロフトがあるんですが、とっても小さな店舗なので「プチ 文具の女子会」はやってもらえないでしょうね。仕方ないですから、名古屋まで行くことにします。岡崎でもなんとか出来そうな気がするんですけどねぇ。

「プチ 文具の女子会」プレスリリースです

株式会社ロフトでは、2019年5月18日(土)~8月中旬まで、ロフト24店舗(※)にて、「プチ 文房具の女子会」を開催します。文房具好きの女子のお祭りとして昨年3月に渋谷ロフトで初めて開催した「文房具の女子会」は、梅田ロフト、仙台ロフト、横浜ロフト、札幌ロフトと順次開催し、好評により今回はコンパクトサイズで24店舗同時開催いたします。ロフト限定を含め、紙モノを中心とした文具好き女子向けのアイテムを集積。会期は前期と後期に分け、新アイテムなど商品の入れ替えを実施します。
(※=5月現在の展開店舗数)

プチ 文房具の女子会】概要
■期間:5月18日(土)~8月下旬 
◇前期:5/18(土)~7月上旬 
◇後期:7月上旬~8月中旬

■開催店舗:ロフト24店舗、ロフトネットストア
(渋谷ロフト・池袋ロフト・梅田ロフト・札幌ロフト・吉祥寺ロフト・神戸ロフト・横浜ロフト・仙台ロフト・千葉ロフト・天神ロフト・京都ロフト・新潟ロフト・新三郷ロフト・二子玉川ロフト・大宮ロフト・町田ロフト・川崎ロフト・広島ロフト・あべのロフト・小倉ロフト・流山ロフト・辻堂ロフト・岡山ロフト・ロフト名古屋)
※店舗により規模・扱い商品は異なります。

 それでは限定文房具を紹介していきましょう。僕のオススメは「測量野帳 所作シリーズ」です。これは全色買ってしまいそうで、また自分の部屋の在庫が溜まってしまいますので、有効な使い方を考えねばと気が引き締まりますね。

「測量野帳 所作シリーズ」(コクヨ)

f:id:fumihiro1192:20190517194442j:plain

 測量野帳好き“ヤチョラー”が喜ぶ、ロフト限定デザイン。日本の所作「箸使い」「すしにぎり」「手水」「合掌」「正座」の5種類です。僕も“ヤチョラー”です。隠れ“ヤチョラー”と言っても良いでしょう。是非とも買いたいです。

先に発売された測量野帳発売60周年を記念のものはポケットサイズを表現した有袋類シリーズでした。「コアラ」「ウォンバット」「ハリモグラ」「カンガルー」「フクロモモンガ」「フクロアリクイ」とても素敵なデザインでした。僕は使えませんね(笑)

測量野帳はタフに使えてカスタマイズも楽しめるとても使い勝手の良い文房具です。何を書いても自由なので、他の人の使い方を参考にしてみてはいかがでしょうか?そのガイドブック本はこちらになっておりますので、是非!

測量野帳スタイルブック (エイムック 3514)

測量野帳スタイルブック (エイムック 3514)

 

「紙町珈琲店」(古川紙工) 

f:id:fumihiro1192:20190517194450j:plain

 昔なつかしい感じがたまらない素朴でレトロな純喫茶シリーズ。コーヒーフロート、プリンアラモードなどのデザインのミニレターセットや一筆箋などです。

「フジカラーグッズ」(富士フィルム)

f:id:fumihiro1192:20190517194447j:plain

富士フイルムの旧製品や、過去の富士フイルムCMキャラクター「ジャンボマックス」をモチーフとしたキーホルダーやメモ帳、トートバッグなどを展開です。僕は「ジャンボマックス」は、生きているのでは?と思ってました。そのくらい精巧な動きです。

「ロディア ネオンシリーズ 」

f:id:fumihiro1192:20190517194456j:plain

 さわやかなイエロー透明カバーにホワイトのロディアをセット。最近のロディアは白色をベースにして着色したカバーを展開して勝負していますよね。なかなかナイスなアイディアだと思います。

「Super Market」Yamakawa(APJ)

f:id:fumihiro1192:20190517194503j:plain

 注目のイラストレーター山川春奈氏のsuper Marketをコンセプトにした雑貨シリーズを展開。これは見てみないとよくわからないのですが、良さげです。なんとなくビートニックカフェみたいな空気感あるよね。

www.instagram.com

www.instagram.com

参考に山川さんのインスタページを貼っておきます。投稿件数だけなら全然負けていない僕のインスタページも貼りますので、よろしくフォローお願いいたします。

「千代吉」(オリエンタルベリー)

f:id:fumihiro1192:20190517194459j:plain

 日本の郷土玩具をモチーフに雑貨を展開する新ブランド。メモパット、マスキングテープ、ノート、ポチ袋など。

「サニーフルーツシリーズ」(勝竜社)

f:id:fumihiro1192:20190517194453j:plain

 トレンドのレモン柄をはじめとした大人びたタッチのフルーツデザイン。ペンケース、ポーチ、ノート、マスキングテープなど。なんとなくロルバーンブランドとかぶる部分があるかもしれませんが、これも現物に期待です。

長期間に渡って開催されているので、特に今日急いで行く必要はないのかも知れませんが、文房具好きの人は必ずチェックしておきましょうね。お買い逃しのないようにお願いします。では、最後まで読んでいただき、ありがとうございます。感謝します。

あわせて読んで欲しい文房具ブログ

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

 

毎日6秒浮遊動画!フローティングペンの世界

f:id:fumihiro1192:20190516175704g:plain

「一遍聖絵フローティングペン 伊予国のシーン」

f:id:fumihiro1192:20190516175648g:plain

「一遍聖絵フローティングペン 信濃国のシーン」

世の中には2種類の人がいる、収集する人と収集しない人だ。こういう『フローティングペン』までもマニアックに収集する人がいて驚かされる。そしてこの世界の収集家は世界中にいて仲間同士で極秘コミュを作り上げ取引をしているらしいのだ。

実は僕も一歩間違えたら、そんな人になっていたかも知れないので今日は気合を込めてこのネタで文房具ブログを熱く書いてみようと思います。内容はそれほどマニアックではないので、安心してよろしく最後までお付合いください。

普通に売ってる『フローティングペン』

僕は血気盛んな中学生の頃に仲の良い友人からこのペンをいただいた。書く前には普通のビキニ姿の白人女性なのだが、反対に傾けるとゆっくりとそのビキニが溶けるように脱げていって全裸になるという仕組みの衝撃的な文房具であったのだ。

確か彼のお父さんのハワイ旅行のお土産だと言っていたように記憶しているのですが、そこの真偽は定かではありません。しかし、僕は勉強に疲れるとそのペンを取り出して癒されていたのです。このギミックが入ったペンは結構お土産屋さんで見ますよね。

今日はフェリシモのお寺カルチャーコミュニティ『フェリシモおてらぶ™』が、特別展『国宝 一遍聖絵と時宗の名宝』(京都国立博物館)とコラボレーションした新商品のフローティングペンを世に出すという情報をキャッチしたのでブログにアップします。

「一遍聖絵(いっぺんひじりえ)フローティングペン」(伊予国のシーン・信濃国のシーン)2種のペンです。商品は、京都国立博物館『国宝 一遍聖絵と時宗の名宝』展特設ショップ、フェリシモウェブサイトで購入いただけます。マニアの方は是非!

(お届けは6月中旬以降より随時) 詳細はこちら>> https://feli.jp/s/pr19051002/3/

『フローティングペン』の歴史

f:id:fumihiro1192:20190516181449j:plain

こんなイメージのペンでした

それではまずは、若かりし日の僕の心をガッチリと鷲掴みにした『フローティングペン』の歴史を辿ってみましょう。ここはWikipedia(ウィキペディア)などのネット検索情報をとりまとめしたものです。よくわかるので参考にしてくださいね。

"フローティングペン"とは、傾けるとオイルの中の絵が動くボールペンの名称であります。
製造元はデンマークにあるエスケセン社(ESKESEN)。日本輸入元は、レトロバンク社(retrobank)1951年、エスケセン社に初めて発注を出したのはESSO(石油会社)で、石油をオイルに見立てた中にオイルドラム缶を模したフロートを入れ動かしたのがはじまりであります。
約6秒間の”浮遊時間”に制作者の思いを込められるオリジナル性の高いアイテムで、今もなお”書けなくなっても持っていたいペン”とよばれている。
世界中にコレクターがおり、国境を越えての交流も盛んで、レアなペンは高値で取引されることもある。
70年以上たった現在でも、世界各地の観光名所のお土産やキャラクターやアーティストグッズや企業のノベルティーとして様々な場面で活躍している。
傾けると着ている服が脱げてしまうヌードペンも、同じく、エスケセン社で作られている。(これですね、僕がはまってしまっていたのは!)

フェリシモの美術展コラボ商品です

 

 今回の特別展のみどころのひとつで一遍の生涯を描いた鎌倉時代の国宝「一遍聖絵(いっぺんひじりえ)」。踊念仏で有名な「時宗」開祖である一遍上人は、念仏をひろめるため、日本各地を遊行し、多くの人々に救済を施しました。その偉業を称えるべく彼の没後に描かれたのが、鎌倉時代の国宝「一遍聖絵(いっぺんひじりえ)」です。その中から、特徴的なシーンを2つ、昔懐かしいステーショナリーアイテムのフローティングペンにしました。

f:id:fumihiro1192:20190516175530j:plain

■価格 / 1本 ¥1,200(+8% ¥1,296)
■素材 / ABS樹脂、クロム鋼、ベジタブルオイル(植物性オイル)
■サイズ 長さ約15cm、ボール径0.8m
※インク色はすべて黒(油性)です。(デンマーク製)
商品はこちら>> https://feli.jp/s/pr19051002/1/

f:id:fumihiro1192:20190516175527j:plain

【NEW】時宗展 グッズ 一遍聖絵フローティングペン「伊予国のシーン」
「誰もが往生を遂げられる」と説きながら全国を行脚する「遊行(ゆぎょう)」の旅に出た、時宗の始祖一遍上人(いっぺんしょうにん)の、生涯を通した旅の様子をフローティングペンにしました。シーンの解説付きの情報カードと一緒にお届けいたします。

f:id:fumihiro1192:20190516175536j:plain

■価格 / 1本 ¥1,200(+8% ¥1,296)
■素材 / ABS樹脂、クロム鋼、ベジタブルオイル(植物性オイル)
■サイズ 長さ約15cm、ボール径0.8m
※インク色はすべて黒(油性)です。(デンマーク製)
商品はこちら>> https://feli.jp/s/pr19051002/2/

f:id:fumihiro1192:20190516175542j:plain

【NEW】時宗展 グッズ 一遍聖絵フローティングペン「信濃国のシーン」

おてらぶ部長のひさよしさんのコメント

f:id:fumihiro1192:20190516175533j:plain

仏教の数ある宗派の中でも「時宗」と呼ばれる宗派の僧侶たちは、 誰もが往生を遂げられると説きながら全国を行脚していました。それを「遊行(ゆぎょう)」といいます。
時宗には遊行と並んで、踊りながら念仏をとなえる「踊念仏(おどりねんぶつ)」という文化もあります。
そのような独特のお寺文化を持つ時宗の始祖、一遍上人(いっぺんしょうにん)の生涯を描き記した国宝『一遍聖絵(いっぺんひじりえ)』をグッズにして多くの人に伝えたい! そう思ったときに、ちょっぴり懐かしく、“動き”を再現できるフローティングペンは最適だと思いました。
今回選んだのは、「伊予国のシーン」と「信濃国のシーン」。どちらも特別なシーンです。
伊予国のシーンでは、一遍上人は岩屋に参籠して決意を新たにし、下山後、家や土地など全てを手放し、遊行に旅立ちました。また、信濃国のシーンは、佐久(長野)の小田切の里で、はじめて踊念仏が生まれた瞬間だといわれています。
※踊念仏は現代にも伝わる、盆踊りのルーツになったという説もあり、とても興味深い文化です。わずか1×6.5cmの筒の中に一遍上人の旅のひとコマを閉じ込めた「一遍聖絵フローティングペン」をぜひ手にとって見てください。

『フェリシモおてらぶ™』の紹介です

f:id:fumihiro1192:20190516175540j:plain

「フェリシモおてらぶ」は、「お寺文化から心豊かな暮らしのヒントを見つける」をコンセプトに、生活者目線でお寺にふれて学ぶことができるお寺カルチャーコミュニティーです。株式会社フェリシモのお寺好き社員を中心に2014年に結成し、これまでに日常生活にお寺文化を楽しく取り入れられるおうちレッスン講座「プチ写仏プログラム」「おてらの癒やしごはんプログラム」「おてらの癒やし甘味プログラム」を企画販売しました。また2016年秋に発売した、仏さまの髪型の螺髪(らほつ)をイメージした「らほつニットキャップ」は、SNSを中心に話題となりました。「フェリシモおてらぶ」では、お寺文化についての情報も日々ブログやSNSで発信しています。

f:id:fumihiro1192:20190516175545j:plain

このニット帽良いなぁ。かぶっているだけで只者ではないですよね。

しかし、実に良いですね。本気でフローティングペンの収集家になっていれば良かったです。未だにお土産やさんなどでこの類のペンを見るとドキドキするのは好きだからに違いありません。この狭い空間の中にストーリーロマンが詰まっているんです。 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。感謝です。

あわせて読んでいただきたい僕の文房具ブログ記事です

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

構造が見えるスケルトン鉛筆削り『トガリターン』

f:id:fumihiro1192:20190515181856j:plain

文房具朝食会@名古屋の仲間に高校の先生がいらしたので、愛知総合工科高等学校という驚くほどのスケールの大きな高校を見学させていただいた。ここは大学じゃないですか?と思うくらいの施設で、教育ってこうあるべきだなぁと感動させられました。

その施設の天井がむき出しになっていたり、設備の一部がスケルトンになっているのをみて理由を質問したところ「生徒の好奇心に応えるため」という返事をもらって、とても感動しました。そういえば色んなものを分解して怒られたなぁと思い出しました。

若い世代の一体どんな構造になっているんだろう?という湧き上がってくるような疑問には何とかして答えてあげたいですよね。僕も鉛筆削りの構造が知りたくて隙間から覗いたり懐中電灯で照らしたりしてワクワクしていたものです。懐かしいなぁ。

ギア構造が見えるクールな鉛筆削りです

f:id:fumihiro1192:20190515181914j:plain

この鉛筆削りはソニックの『トガリターン』と言って鉛筆を差し込んで回り続けるだけで、削れたら出てくる仕組みになっている驚くような便利なアイテムなのです。コスパも抜群で¥2000+消費税です。手動式というところも良いですよね。

こういう刺激的な文房具は入学祝いにぴったりだと思います。

『トガリターン』の商品紹介です

f:id:fumihiro1192:20190515181918j:plain
f:id:fumihiro1192:20190515181920j:plain
f:id:fumihiro1192:20190515181923j:plain

特許!新開発機構で鉛筆がトガると出てくる!
削り上がると鉛筆が排出される「リターン式ムダ削り防止」で、従来品より飛躍的にムダ削りを防止!
操作は今までよりも簡単!鉛筆を挿して、ハンドルを回すだけ!
ダストケース安心ロック機構で、倒れても削りかすがこぼれません。
大容量ダストケース(当社従来比2倍)
六角・三角・丸型の3種類の鉛筆に対応しています。
鉛筆を差すだけ、指を挟まない安全タイプ
ギアの構造が見えるクールなスケルトン仕様のクリアレッド。

『トガリターン』が欲しい方はこちら!

鉛筆って劣化が少ない驚異的な筆記具なんですよね。何十年経っていても、すぐに使い始めることが出来るんです。しかもメンテナンスフリー。僕はこのありがたみを皆さんに周知して鉛筆を大事にしていただきたいと思ってます。

その鉛筆の付随設備である「鉛筆削り」大事にしないわけにはいかないです。先日も、子供の入学祝いにどんな鉛筆削りが良いだろうかと真剣に行きつけのカフェのマスターのために考えました。文房具を大事にするって、使う人を大事にするんですよね。

最後まで読んでくださいましてありがとうございます。感謝します。

あわせて読みたい僕の文房具ブログ記事です

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com