img src="http:// →img src="https:// http://ecx. → https://images-fe.ssl-

『本と文房具とスグレモノ』

文房具は、身近で安価で即効性のある成長アイテムです。毎日、情報を発信してます。

最強消しゴム「カドケシ」は、消しにくい部分をスマートに消してくれます

f:id:fumihiro1192:20200326182626j:image

行きつけの文房具店のペンズアレイタケウチさんに遊びにいったら、コクヨのロングセラー商品「カドケシ」が再入荷されていました。なんだか嬉しくて、またこの素敵な消しゴムを紹介しますね。

カドがたくさんある消しゴムなのです

2002年のコクヨデザインアワードで戦列なデビューをした「カドケシ」は、現在もファンのみなさんに支えられて売れ続けております。岡崎市のペンズアレイタケウチさんにも鮮やかな赤い箱で再入荷してきました。

この文房具は、僕死んでも存在し続けるでしょうね。というか、鉛筆がある限りニーズがあると思います。こういう素敵な発明品は、もう少し大きな金額で報いてあげたいものですね。こういうところにも税金を使ったらどうなのかなぁ。

そんな思いも込めながら、コクヨの「カドケシ」を紹介していきます。同じ職場のお母さんに聞いてみると、まだまだ子どもたちの間でも使われているそうなんですよ。「カドケシ」のTシャツを作ったら売れるかも・・・

ユニクロさん、この夏お願いします。やっぱり暗い世相を吹き飛ばすのは「消しゴム」ネタしかないですね(笑)

f:id:fumihiro1192:20200326182617j:image

コクヨさんのhpページからの紹介

長く大ヒットを飛ばし続けているコクヨの「カドケシ」。その原形となった作品は、2002年に開催された「コクヨデザインアワード2002」において佳作を受賞しました。新鮮なアイデアと機能性が評価され、2003年に商品化が実現したのです。

この消しゴムの特徴は、なんといっても「カド」が多いこと。その数なんと28個! それは、真新しい消しゴムで消すときの快感を何度も体験できる喜びをユーザーにもたらします。しかも、細かなところまでキレイに消せる。用途がわかりやすく誰もが共感できるという、シンプルでありながら創造性の高いコンセプトのもとに生み出された作品です。

作品を実際に商品化するにあたり、コクヨではさまざまな検証と検討を行いました。まずは、形状について。形状は受賞作そのままのものを採用しています。10個のキューブがまるでチェッカーフラッグ(市松模様)のように並び、ひと目で「カドがたくさんある」ことがわかります。

次に品質について。斬新なデザインを活かしつつユーザーの満足いく品質を維持できるかを追及しました。キューブがちぎれない硬さを確保し、さらに消しやすく、消しクズがまとまりやすいなど、こだわったのが素材です。何度も繰り返し試作品をつくり、その都度ユーザーへのモニタリングを行いながら使用感を検証しました。

ネーミングは、大切な要素のひとつとしてインパクトがあり、耳に残る名前であることが重要です。作品当初「カドケシゴム」という名前でしたが、4文字構成でどことなく四角さを感じさせる「カドケシ」をネーミングに採用しました。商品ロゴも四角いイメージにこだわり、パッケージも形状が見やすいように高透明な素材をチョイスしました。こうして「カドケシ」はさまざまな工夫が盛り込まれ、コクヨ製品として完成し、満を持して世の中に発表されました。

発売からわずか1年足らずでミリオンセラーを達成。使い手側の思いをくみ取った同作は、「グッドデザイン賞」など数々のデザイン賞を受賞しました。また、発売から9年が経ったいまでも「ニューヨーク現代美術館(MoMA)」のミュージアムショップで販売されるなど、多くの人々から高い支持を受けています。

「カドケシ」がそうであるように、デザインにパワーがあればいままでの既成概念をいっぺんに変えることもできるのです。これからも、世間をあっといわせるような素晴らしい作品を商品化していきたいと思います。

f:id:fumihiro1192:20200326182644j:image

気になる2002年のコクヨデザインアワードの順位は?

この「カドケシ」ですら佳作だったんですよね。では、一体、グランプリを受賞したのはどんな文房具だったのでしょうか?気になりますよね。ここまでの社会現象を引き起こした文房具より高い評価を受けたのは、どんな文房具だったんでしょうか?

では、ちょっと調べてしましたので公開しますね。

グランプリはこちら!水野啓之さんのSimply Pat(ステープラー)

f:id:fumihiro1192:20200326185353j:plain

作品の概要

軽く叩くだけで使用できるので、 指や手を使わずにとめることができるステープラーです。 また、カラフルで丸みを帯びた、安全でフレンドリーな形にしました。

カスタネットみたいなステープラーなんですね。見た事があるような、ないような・・・ユニバーサルデザインってヤツですね。

www.kokuyo.co.jp

f:id:fumihiro1192:20200326182700j:image

数ある文房具の中でも、僕は「消しゴム」が大好きです。見た目も愛くるしいし、持っていても邪魔にならない、そして鉛筆で書いた文字を消す事が出来ます。書いたものを消すという願望はラスコーの洞窟壁画の時代からあったはずですから。

いつかはこの壁画、見に行かないといかんなぁ。フランス🇫🇷ですね。

この消しゴムが欲強い方はこちらです

コクヨ 消しゴム カドケシ 20個セット ケシ-U700NX20

コクヨ 消しゴム カドケシ 20個セット ケシ-U700NX20

  • 発売日: 2015/03/16
  • メディア: オフィス用品
 
コクヨ 消しゴム カドケシ 20x50x20mm ケシ-U700N

コクヨ 消しゴム カドケシ 20x50x20mm ケシ-U700N

  • 発売日: 2003/05/01
  • メディア: オフィス用品
 
コクヨ 消しゴム カドケシプチ 鉛筆用 ブルー・ホワイト ケシ-U750-1
 

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございます。読者の方に感謝です。

あわせて読んで欲しい僕の文房具ブログ

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com