img src="http:// →img src="https:// http://ecx. → https://images-fe.ssl-

『本と文房具とスグレモノ』

文房具は、身近で安価で即効性のある成長アイテムです。毎日、情報を発信してます。

手帳の秋が来た!『キャンパス ソフトリングダイアリー』を紹介します

f:id:fumihiro1192:20200921192358j:image

先日、ふわふわのパンケーキを食べて大変癒されました。さらに、それは昔の友達が作ってくれたものだったので、感慨深いものがありました。年内にまた食べに行きたいです。そんな僕が『キャンパスソフトリングダイアリー』を紹介しますね。

このダイアリーの紹介です

コクヨの『ソフトリングノート』が開発された時に、とても感動したことを覚えています。僕もフラットなリングノートは好きだったのですか、書く時に邪魔になって、さらに書き続けると痛くなるリング部分がどうにかならないものなのかなぁと思っていたからです。 

僕もすぐに飛びつきましたし、次女も興奮気味に飛びついて使っていました。

すっかりと定番商品になっていますね。今日はそんなノートの中の『キャンパスソフトリングダイアリー』を紹介させていただきます。容量たっぷりのノート部分が使い易いので、たくさん書きたい人にも安心して使っていただけると思います。

「文房具屋さん大賞2020」(扶桑社)において、手帳賞1位を受賞。書くとき心地いい独自開発のやわらかリングと、たっぷり60枚(121ページ)のノートページが特長です。仕事ノートに、バレットジャーナルに、日記にと、シンプルなので様々な使い方が可能。「手帳」と「ノート」を2冊持ちするのが面倒、1冊にまとめたい、という方におすすめのダイアリーです。

f:id:fumihiro1192:20200921192350j:image

f:id:fumihiro1192:20200921192401j:plain
f:id:fumihiro1192:20200921192336j:plain

やっぱり素敵な色合いですけど、ドット柄が気になりますね。

今日のブログはこの使い方画像を見ながら好きなことをどんどん書いていきます。ここ1週間で、美術館三連発(岡崎美術館、福田美術館、豊田市美術館)!かなり、QC検定2級に落ちた鬱々とした気分から解放されました。やっぱり気分転換には美術館巡りですね。

f:id:fumihiro1192:20200921192354j:image

案件ごとに進捗をみていく方法です。こういうの良いですね。自分の抱えることの出来る案件を「5件」までとか決めておいて、そこに集中出来ます。これ以上、予定を詰め込まないことにもなりますし、1日のキャパを守ることが出来ます。
f:id:fumihiro1192:20200921192343j:image

習慣トラッカー、グラフ、これも良いです。僕がダイエットに取り組んだ時には、体重グラフをつけて頑張っていました。しかしながら、僕は凝りすぎるタイプだったので、途中で食べるのが嫌になってきて、体を壊すところでした。自分の特徴を把握して取り組みましょう。
f:id:fumihiro1192:20200921192347j:image

1日を4分割出来るガイド付きとのことですが、僕も4分割していますよ。先頭は「朝イチ」そして「午前」「午後」「プライベート」と埋めていくんです。プライベートで歯医者と書いてあるとモチベーションが下がるので院長先生の名前で表記してあります。工夫してます(笑)
f:id:fumihiro1192:20200921192405j:image

バレット・ジャーナルかぁ。完全、三日坊主で挫折しました。
f:id:fumihiro1192:20200921192339j:image

ソフトリングノートは使い易いユーザーのことを考えたノートです。そのノートで作られたダイアリーは良いに決まってますよね。分量としてノートをたくさん使いたい人にマッチしていると思います。僕ならもう一冊ノートを準備して、マニュアル的なことはここに書きます。

その他の紹介をさせていただきます

今日は2つほど文房具と関係ないエピソードを書かせていただきますね。

最初は、冒頭に書いたので忘れないうちに紹介しておきますと、ふわふわパンケーキのお店は愛知県西尾市の『cafe LUKE(ルーク)』さんです。大人気なので、時間に余裕を持って食べにいってあげてくださいね。めちゃめちゃ美味しいです。女子で占拠されてます。僕だけで行くのは寂しいので、またみんなで行きましょう!

www.luke-company.net

もうひとつ嬉しいことがあったので、ここで紹介させていただきます。僕の小学校の頃のクラスメイトがFacebookで僕のことを紹介してくれました。僕は読書ブログの方で幼馴染の松永光弘君のことを書いたのですが、それを同じクラスの友達が拾い上げてくれたのです。

クラスのマドンナ的な存在で底辺でもがいていた僕にとっては高嶺の花でした。でも、40年振りにクラス会で会ったら、そんな垣根は一切なくなっていました。また、クラス会とか出来るのかな?って思ってしまいますが、やれば良いんです😄またやろうね!


f:id:fumihiro1192:20200921193105j:image

f:id:fumihiro1192:20200921193101j:image