『本と文房具とスグレモノ』

文房具ライター:フミヒロです。身近で安価で即効性のある成長アイテムが文房具です。毎日、情報を発信します♪

【文房具本紹介です】先送りしないための40のコツ面倒くさがりやの『超整理術』お勧めします!

面倒くさがりやの超整理術 「先送り」しないための40のコツ

美崎栄一郎さんが新刊を出しました。お世話になっている恩人だから、出版された本はすべて買っているはずで、今回も購入しました。表紙がかなり文房具だったので、うれしくなって読んだのですが内容は『超整理術』でした。

おびの裏面を見ると「書類・文房具からデジタル・思考まで仕事・プライベートのどちらにも使える整理術」と書いてあります。僕の場合、仕事のプライベートの思考の壁はないので、そこも興味をそそられました。

アマゾンの内容紹介は以下のようになっております。

苦手でも面倒くさがりでもできる整理術
「楽して」できる方法をすべて公開

面倒、キラい、時間がない…… 何かと言い訳をしては先送りにしてきた片づけ。「なんとかしないと」と、思ってはいる方に向けた1冊。
整理整頓が好きでも得意でもない著者による、現時点で「楽して」できる40のテクニックを完全公開。
「仕事」から「プライベート」まで対応できる実践的方法を網羅。年末年始、年度末、引越しに限らず、これだけやればあなたの自由な時間は格段に増えます。(アマゾンの内容紹介より)

面倒くさがりやの超整理術 「先送り」しないための40のコツ

面倒くさがりやの超整理術 「先送り」しないための40のコツ

 

文房具の整理についっての記述

美崎さんは文房具をあえて捨てなくて良いよと言ってくれています。僕も同感です。でも文房具には賞味期限があるものがあるので、そこは気をつけなくてはなりません。せっかく購入しても機嫌が切れてしまっては元も子もないのです。

利用シーンごとに1軍と2軍を作る。そして通常は1軍を使い倒し、定期的に入れ替え戦を行うこと。さらには、文房具を捨てないでダンボールにでも入れて、とりあえず取っておくというのも、なかなか良い案ですよね。

僕は昔はペンケースで1軍2軍とか決めて使っていました。でも、その1軍も2軍も3軍も持ち運んで常時そばにおいておきたくなるので、あまり意味のない決めになってしまったのです。毎日使える筆記具は限界があるんですけどね。

文房具好きが陥りがちなあるあるだと思います。

 (参考)いままで読んでためになった整理術の本

 この「いままでよんでためになった整理術の本」の中でも一番は『「超」整理法 情報検索と発想の新システム』だと思っています。今でも会社のデスクの整理や収納はこのノウハウを使っている部分が大きいです。わかりやすいですしね。

この辺の本を抑えておくと良いと思いますよ。

野口悠紀雄著『超整理法』内容紹介

情報洪水のなかで書類や資料を保存し検索するには、従来の整理法では対処できない。本書は、「整理は分類」という伝統的な考えを覆し、「時間軸検索」という新しい発想から画期的な整理法を提案する。机の上は魔法のように片付き、「整理する時間がないほど忙しい」人に対する福音となるはずだ。さらに、パソコンを用いた情報管理体系、アイディア生産を支援するシステムなど、知的活動の生産性を高める新しい方法論を提案する。

佐藤可士和の超整理術 (日経ビジネス人文庫)

佐藤可士和の超整理術 (日経ビジネス人文庫)

 
「超」整理法―情報検索と発想の新システム (中公新書)

「超」整理法―情報検索と発想の新システム (中公新書)

 
佐藤可士和のクリエイティブシンキング (日経ビジネス人文庫)

佐藤可士和のクリエイティブシンキング (日経ビジネス人文庫)

 
デジタル超整理術 写真編 (エイムック 3488)

デジタル超整理術 写真編 (エイムック 3488)

 
超! 自分マネジメント整理術 行動科学で3倍の成果を上げる方法

超! 自分マネジメント整理術 行動科学で3倍の成果を上げる方法

 
超一流の手帳はなぜ空白が多いのか?

超一流の手帳はなぜ空白が多いのか?

 

 あわせて読んでいただきたい僕の文房具ブログ記事です

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

 

【今年買って良かった文房具】ペン習字に最適な初心者向け万年筆『ペン習字ペン』

f:id:fumihiro1192:20181209093730j:plain

正しい持ち方が知らず知らずのうちに出来てしまうエルゴノミクスグリップを採用した今年の11月に発売開始された初心者向け万年筆『ペン習字ペン』です。握った瞬間に三角形状が指に馴染んできます。是非とも一度お試しくださいね。

エルゴノミクスとは?最近よく聞きますよね。パソコンのマウスやキーボードを買うときによく書いてあります。これは、心理学や生理学の知見を人工物やシステムの構造や設計、デザインなどに応用し、人間への負荷や負担、人為的なミスを減らしたり、快適性や安全性、生産性、効率などを向上させることを目指す学問分野のことです。修正テープもこれを前面に押し出した設計ありますね。

とってもシンプルな構造で子供から大人まで万年筆初心者でも使用できるように作られていますので、安心してトライしてくださいね。僕は昨年出た初心者向け万年筆『カクノ』よりも、こちらの方が握りやすかったなぁ。

握る部分が筆記時に親指、人差し指、中指に自然と収まって、良い感じなんですよね。スケルトンボディーでシンプルで、なんと価格が¥600+税という驚きの価格設定です。僕はペン習字にこれを使って綺麗な字が書けるようになります。

ペン先を極細(EF)を採用していることも特筆しておくことも忘れてはいけませんね。『ペン習字ペン』というネーミングの通りですが、極細はペン習字に最適です。僕の経験からいえば万年筆で書いた字が一番美しいはずです。

今日はそんなパイロットの『ペン習字ペン』を紹介しますね。

パイロットのプレスリリース記事より製品紹介です

パイロット 万年筆 ペン習字ペン 極細 ノンカラー軸 P-FP60R-NCEF

株式会社パイロットコーポレーション(社長:伊藤 秀)では、正しい持ち方ができるエルゴノミクスグリップを採用した万年筆『ペン習字ペン』(税抜価格:600円)を11月5日(月)より発売します。

今回発売する『ペン習字ペン』は、シンプルな構造で、子どもから大人まで万年筆の初心者でもお使いいただける低価格の万年筆です。握る部分が三角形状のエルゴノミクスグリップによって、筆記時に親指、人差し指、中指が自然と収まり、正しい持ち方へと導きます。ペン種はペン習字に最適なEF(極細)です。筆圧の強い方でも使いやすいステンレス製のペン先を採用しました。キャップに突起をつけることで転がりを防止し、開閉もスムーズに行えます。ペンケースにも収まりやすいクリップレスの万年筆です。インキ供給はカートリッジ、コンバーターともに対応しています。軸色はノンカラー、透明ブラック、透明ライトブルー(数量限定)、透明ピンク(数量限定)の4色です。

方式:キャップ式

ペン種:ステンレス/EF(極細)

軸色:ノンカラー、透明ブラック、透明ライトブルー(数量限定)、

    透明ピンク(数量限定)

インキ供給:カートリッジ、コンバーター両用

サイズ:全長148mm 最大径16.2mm

 インクカートリッジだけかと思っていたら、コンバーターも使えるんですね。この価格で欲張りな万年筆です。またこの万年筆は筆圧の高い人でも使いやすいようにステンレス製のペン先が採用されているそうです。完全に鉄のペン先だと思ってましたら、なかなかの配慮ですね。 

さらにはペンケースに収まりやすいようにクリップレスを採用してます。転がり防止はキャップに突起をつけることで対応しておりますので安心して使えますよ。最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。感謝です。

あわせて読んでいただきたい僕の文房具ブログ記事です

 

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

【今年買って良かった文房具】安定感抜群の筆記具『ブレン』はマジで振動周波数まで考えてます!

f:id:fumihiro1192:20181208165415j:plain

万年筆は安価なものでも驚くほど書きやすくなっていますよね。そこに進化を感じます。それは、シャープペンシルにも、ボールペンにも同じことが言えますよね。間違いなく文房具は日々進化していると言い切れるのです。

シャープペンシルは「クルトガ」に代表されるように書きやすくなっています。そして「デルガード」に代表されるように折れにくくなっているんです。この進化は多少の価格アップは許してあげていいと思ってます。

そして、今日はさらなるボールペンの進化を皆さんに紹介したいです。ボールペンといえば「ジェットストリーム」に代表されるようなインクの進化、「ライトライト」に代表されるような機能面での進化が挙げられますよね。

他にも加圧式でどんな悪条件でも安定した筆記が期待出来るエアプレスに代表される加圧式ボールペンなど、ボールペンは毎年痺れるようなスピードで進化しているのです。使っている僕たちはこの進化に追いついているんでしょうかね?

いつかボールペンに使われる日が来ないように頑張らないといけませんね。

さてさて、話は逸れてしまいましたが、今日の文房具紹介はゼブラから発売されています『ブレン』です。恐ろしいほどのこだわりのボールペンですので是非是非お試しになってくださいね。あなたの期待を裏切りませんよ。

ゼブラのプレスリリースより『ブレン』の紹介です

f:id:fumihiro1192:20181208164832j:plain
f:id:fumihiro1192:20181208164834j:plain

ゼブラ株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:石川 真一)は、筆記時に生じる振動を制御したブレないボールペン「ブレン」を開発し、2018年12月12日(水)より全国の文具取扱店にて発売します。

背景1

近年働く女性の数が増え、男性に比べて女性がビジネスシーンでボールペンを使用する機会が増えています。社会人女性がボールペンを購入する際に重視することとして、約52%の人が「ストレスなく書ける」という点をあげています。

背景2

従来のボールペンは、書く時に紙とペン先が接触するとその力がボールペン内部にある隙間に伝わり、微細な振動(ブレ)が発生していました。その振動が、ペンを持つ指に伝わり、気づかないうちにストレスを与えていました。ゼブラはこの振動に注目し、機構を工夫して振動を制御することで、ストレスフリーな書き心地を実現しました。これまでにない新しい視点のボールペンです。

『ブレン』価格:¥150+税(税込¥162) エマルジョンインクボールペン インク色:黒、赤、青  ボール径:0.5mm/0.7mm ※商品名の由来…筆記が「ブレない」ことによる造語。 

商品特長

  1. 筆記時の振動を制御するため、3つのポイントを持つ新機構「ブレンシステム」を開発しました。
    • (a) ノックして書く時に中芯の先端をホールドする部品を搭載し、ペン先のブレを防いでいます。
    • (b) 金属製のオモリをグリップ内部に入れ、重心を下げる事で筆記のブレを防いでいます。
    • (c) ペン内部の各パーツの隙間をなくし、ペン内部のブレを防いでいます。

    それぞれa~c を参照。

  2. 中芯は、ブレン専用の中芯です。中芯チューブの外径を従来品と比べて太くして、中芯のしなりを小さくすることで振動を制御し、ブレずに書ける機能を最大限発揮します。また、インクは濃くなめらかなエマルジョンインクを採用しています。機構と中芯の両面でストレスフリーな書き心地を実現しています。
 

デザイン

佐藤オオキ氏率いるデザインオフィス nendoと協業し、ストレスフリーな書き心地を、ボディデザインで表現しました。低重心な内部設計に合わせ、外観はしっかりと握りやすく、長時間使用しても疲れにくい本体形状にしました。繋ぎ目がない、シームレスなデザインなので、男女問わず使用しやすいデザインです。

 

筆記振動の検証データ

f:id:fumihiro1192:20181208164905j:plain

「振動周波数調査」(名古屋工業大学 佐野・田中研究室)

筆記時に生じる振動周波数を、従来品とブレンで比較し、名古屋工業大学電気・機械工学専攻 機械工学分野 佐野明人教授・田中由浩准教授と共同で調査を行いました。ブレンは、測定したすべての周波数帯で、筆記中の振動が最も制御されていることがわかりました。

 

ボールペン振動比較映像

拡大カメラでペン先を撮影し、従来品とブレンの振動の様子を映像で比較しています。実験動画はゼブラ公式 YouTube チャンネル(https://youtu.be/sdsdqoYuHys)でご覧いただけます。

f:id:fumihiro1192:20181208164913j:plain
f:id:fumihiro1192:20181208164916j:plain


このような開発を経て世に出されたボールペンが『ブレン』です。

決めては使う女性がこのペンを使いたいと思うのか、さらには使ってみてストレスフリーが達成できたと感じるのかにかかっておりますが、それは発売されてからのお楽しみですね。

僕はもう試し書きさせていただきました。しっかりと安定して書けるのは間違いないですよ。お楽しみにしていてくださいね。最後まで読んでくださいましてありがとうございます。感謝します。買いたい方はこちらです。

あわせて読んでいただきたい僕の文房具ブログ記事です

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

 

【今年買って良かった文房具】180度フラットに開く話題の学習ノート『水平開きノート』

ショウワノート 水平開きノート 5mm方眼 (5色)5冊パック

実はこのショウワノートの『水平開きノート』今年文房具紹介のコメンテーターとして地元名古屋のテレビ番組に呼んでいただいたときのメインアイテムのひとつだったんです。ですから、2018年のとても思い出深い文房具となりました。

確かに驚くほど水平に開くことが出来て、見開きで書くことができるんですよね。僕は昔学校でノートを書くのが苦手でした。何を書いて良いのかよくわからずに、先生が黒板に書いたことだけを書き写して満足していました。

しかし、こういう使い勝手の良いノートを使って心ゆくまでマインドマップで読書記録を書いたり、年表や世界地図を書いたりすることは精神衛生上も良いと思いますよ。皆さんにオススメしたい素敵ノートです。

しかしながら、ノートは紙質も進化しているんですが、その他の機能まで恐ろしい勢いで進化しているんですね。僕は昔は無印良品の5冊パックしか使わなかったので、ノートの進化に乗り遅れてしまいました。

今日はショウワノートの『水平開きノート』を紹介しました。

ショウワノートの開発チーム係長は語ります

f:id:fumihiro1192:20181207190523j:plain

昨年11月に発売された「水平開きノート」は、ショウワノートが「おじいちゃんのノート」としてSNSで話題となり、テレビなどメディアで紹介されている中村印刷所と共同開発した180度水平に開く学習帳です。

中村印刷場な「ナカプリバイン」の技術を応用して開発したもので、ノートが浮いて書きづらいなのストレスを軽減しました。

「多くの小学校でこのノートを使ってもらってますが、かなりの評価をもらっています。今子ども達が自分の考えをマインドマップ的にノートの見開きでまとめたりするような授業があり、それに使い安いと言われました。子供だけでなく大人の方にもノートの良さが分かってもらえたので大人が使えるようなノート出していければと思います」とショウワノート開発部開発チームプロデューサーの小原係長は語ります。

f:id:fumihiro1192:20181207190537j:plain

ショウワノートのプレスリリースから紹介します

f:id:fumihiro1192:20181207190549j:plain

ショウワノート株式会社(本社:富山県高岡市/東京本部:東京都中央区、代表取締役社長:片岸 茂、以下 ショウワノート)は有限会社中村印刷所(東京都北区、代表取締役社長:中村輝雄、以下 中村印刷所)と共同で子供向けの学習帳を開発。2017年11月より販売を開始いたしました。一般の文具流通、学校納品流通、一部書店流通および通信販売にて取り扱う予定です。

《180度水平に開くから出来ること》

・算数、理科の図形やグラフが見開きで大きく書ける
・社会の年表や地図が見開きで大きく書ける
・定規が使いやすい
・ノートの中心をまたいでコンパスが使える
・コピーやスキャンをするときに影ができない
・タブレット端末での撮影時に影ができないから電子黒板などに綺麗に写る

《「おじいちゃんのノート」ナカプリバインとは?》

中村印刷所は、左右の段差が出ず、水平に180度開けるノート「ナカプリバイン」を2014年10月に開発。製造方法に関しての特許を取得し、東京都の機関が試験的に購入・評価して普及を応援する「トライアル発注認定制度」にも選ばれました。2016年1月1日には同社社員の孫娘がTwitter上で宣伝したところ「ありそうでなかったノート」として3万以上リツイートされ注文が殺到し話題になりました。

《開発経緯》

水平開きのノートを「全国の小学生にも使ってほしい。」という中村印刷所の中村社長の強い思いを受け、それを実現するためショウワノートは中村印刷所から水平開きの特許技術の提供を受け、新たに小学生向けの学習帳『水平開きノート』を開発。そしてショウワノートがジャポニカ学習帳などの学習帳で培った長年の実績を生かしこのノートを販売いたします。

http://www.showa-note.co.jp/press/171113/images/171113suihei.pdf

水平開きノートが欲しい方はこちらから

 あわせて読んでいただきたい僕の文房具ブログ記事です

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

【今年買って良かった文房具】立っても寝かせても使える便利ペンケース『Tatemo(タテモ)』

f:id:fumihiro1192:20181206182800j:plain

今年の流行語大賞は五輪のカーリング女子の「そだねー!」が選ばれたそうだ。結構オリンピックを見ていたと思っていた僕にとって、全く知らない言葉が突然出てきて、さらにはそれが大賞ということで本当にびっくりしてしまいました。

推測するに忘却の彼方に追いやられてしまっているだけなんだろうと思います。最近、人の名前とか、買ってこなくてはならないものとか、簡単に忘れてしまうのです。何ヶ月か前には僕も「そだねー!」とか言っていたに違いないのです。

このペンケースだって部屋のどこに置いたのか忘れてしまったのですが、発売されたときには喜んで買ったに違いないのです。そして「なかなか使い勝手が良いなぁ」と感動したはずなのです。

今日は、そんなあいまいな記憶を辿りながら、文房具ブログを書いてみますね。

振り返ってみると、自立式ペンケースが主流になってから「ネオクリッツ」「デルデ」「スマスタ」などなど、多様なペンケースが出ましたよね。すべて購入して試しました。容量と使いやすさで言えば「デルデ」が一番です。

しかしこの『Tatemo(タテモ)』も、2018年を代表するペンケースだけあってとっても使いやすいので、購入のときに視野に入れてあげてくださいね。なんといってもBun2で堂々と準優勝に輝いた文房具なのですから。

『Tatemo(タテモ)』プレスリリースより紹介します

f:id:fumihiro1192:20181206182803j:plain

 株式会社パイロットコーポレーション(社長:伊藤 秀)では、立ててペンスタンドのように使え、寝かせてペントレイのようにも使えるソフト筆入れ『Tatemo(タテモ)』(税抜価格:1,200円)を2017年10月7日(土)より発売します。

 立てられるペンケースは、昨今市場で人気を博していますが、今回発売する『Tatemo』は、横に寝かせてペントレイのようにも使えるようにしたことで、シーンによって使いやすい形を選べるペンケースです。机の上のスペースや自身の使い方によって置き方を変えることができます。『Tatemo』のファスナーを開け、前面の蓋を折り曲げると蓋と本体がマグネットで固定されることにより、底面が広がり安定して自立するので、ペンスタンドとして使うことができます。また、寝かせるとマチがあり、背面がフラットなので、ペンがこぼれることがなく、ペントレイのように使うこともできます。筆記具は約20本収納でき、蓋のメッシュポケットには消しゴムなど小物を入れることができます。背面にはカラビナを付けられるループを付け、バッグなどに吊り下げられます。カラーは、ブラック、ネイビー、ブルー、ピンク、レッド、オレンジの6色と数量限定のドット柄のドットピンク、ドットブルー、ドットネイビーの3色で、合計9色展開です。

 『Tatemo(タテモ)』を買いたい人はこちらから

パイロット ソフト筆入 Tatemo(タテモ) PCS-152-120-L ブルー

パイロット ソフト筆入 Tatemo(タテモ) PCS-152-120-L ブルー

 
パイロット ソフト筆入 Tatemo(タテモ) PCS-152-120-O オレンジ
 
パイロット ソフト筆入 Tatemo(タテモ) PCS-152-120-R レッド

パイロット ソフト筆入 Tatemo(タテモ) PCS-152-120-R レッド

 

この秋に人気のツィード調の「千鳥柄(ちどりがら)」と「ヘリンボーン柄」を表生地に使用した限定品を発売されました。知らなかったです。こちらの出来栄えがとても良いなら買いますよ。また、教えてくださいね。

さらにはロングタイプとワイドタイプもラインアップに追加されています。

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございます。感謝します。

あわせて読んでいただきたい僕の文房具ブログ記事です 

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

3年経っても実現できない夢なら自作で叶えちゃおう

サンスター ペンケース デルデ ナチュラル ブルー S1409573

僕は3年前に以下のような記事をブログに書き残しておりました。サンスター文具が発売した『デルデ』のペンケースのオープンアクションがあまりにもセクシーであったので、音が出るようにしたらいいのではないかという提案です。

残念なことに勉強や仕事で使う機会の多いペンケースは音を出す機能をつける余地はなかったみたいで、文房具開発の担当者の方の目に触れたのかどうかもわかりませんが、いまだに実現しておりません。でも、僕は思いつきました。

バースデーカードなど押すとメロディが鳴るものや、光が当たると音がするものなど面白い商品がたくさん出てきてますよね。自作するのもわけないんじゃないのか?と、ハタと思いついたのであります。自作しますか!

3年もかかってやっとそこにたどり着きました。

以降は2106年12月12日に書いたブログ記事です

サンスター文具の『デルデ』は、2016年に出た文房具の中で飛び抜けています。僕は何か賞をあげても良いんじゃないかと思っています。近年、大容量化が加速しているペンケースのトレンドを十分感じて、立つ大容量タイプを実現したからです。

使い方は、以下の動画をみていただきたいです。良いですよね。

使い方は、こんな手順です。

1、机に立てて、ファスナーを開ける。

2、両サイドのつまみを持って引き下げる。

3、ペンスタンドの出来上がり。

実に素晴らしいです。所要時間3秒でペンスタンドに変身するのです。素晴らしい技術革新あってこそ、このペンケースが世の中に普及するようになったのです。しかも、35本まで入る大容量!包容力抜群のお母さんのような文房具なのであります。

僕は感じてはいたものの、ブログに書けなかったことを正直に告白しておきます。

このペンケースのスタンドアクション、実にセクシーではないか!と、思うんです。ぜひぜひ、サンスター文具さんに一肌脱いでいただいて、僕の夢を形にしてもらいたい

それは、両サイドのつまみを持って引き下げるときに「音」が出るようにしてもらいたいということです。文房具としては使えなくなるが、他の使い方が新しく出てくるに違いないのです。化粧道具を入れている人には、すごく良いんじゃないかと思うのです

その「音」は、セレクトできるようにしておいて「シャキーン」「いや〜ん」「どっかーん」とか、その人の好みに合わせて選べるようにしてもらいたいです。学校には持っていけなくなること間違いないですが、いかがでしょうか?

サンスター ペンケース デルデ ナチュラル ブルー S1409573

サンスター ペンケース デルデ ナチュラル ブルー S1409573

 

ペンケースの新しい進化に向かって、サンスター文具さん、宜しくお願い致します。

デルデが欲しい方はこちらからどうぞ!

サンスター文具 限定デザイン DELDE’17 Spring デルデ 花柄

サンスター文具 限定デザイン DELDE’17 Spring デルデ 花柄

 
サンスター文具 限定デザイン DELDE’17 Spring デルデ フルーツ柄

サンスター文具 限定デザイン DELDE’17 Spring デルデ フルーツ柄

 
サンスター文具 ペンポーチ デルデ コーデュロイ ピンク×ライトピンク S1416804

サンスター文具 ペンポーチ デルデ コーデュロイ ピンク×ライトピンク S1416804

 
サンスター文具 限定デザイン DELDE’17 Spring デルデ コスメ柄

サンスター文具 限定デザイン DELDE’17 Spring デルデ コスメ柄

 

合わせて読みたい「ペンケース」の文房具ブログ記事

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

【今年買って良かった文房具】コクヨのカルカット(クリップタイプ)がイチオシです!

f:id:fumihiro1192:20181205185523j:plain

今年も師走に入りましたので『今年買って良かった文房具』を振り返って見たいと思います。僕は毎年のようにこの企画をやってます。文房具ブログを書いているからなんですが、我ながらマメだなぁと感心してしまいます。

去年も2週間くらいこのネタで書いていたので、今年も年末くらいまで引っ張らせていただきます。よろしくお付合い願いますね。このネタのガイドブックは2018年のBun2大賞ベスト文房具30点を参考にさせていただいてます。

今日はその第一回目ですのでBun2に敬意を表して、この雑誌で1位に選ばれた文房具を紹介することにします。その1位の文房具はコクヨのカルカット(クリップタイプ)です。これは手軽に使えるマスキングテープカッターなのです。

僕もこれをデスクに置いて愛用しているのですが、本当に便利です。簡単にマスキングテープカッターとして活躍してくれると同時に「マスキングテープを使いたい」という僕たちの気持ちを大事にしてくれる文房具だとも言えるんです。

僕は「マスキングテープをいっぱい使いたい」という気持ちをいつも持ち続けていました、マステ好きの僕は家にストックが溜まってしまい、使う量に追いつけなかったからです。マステを毎日使っているなぁと実感できますよ。

 コクヨのカルカット(クリップタイプ)の紹介です

f:id:fumihiro1192:20181205185548j:plain
f:id:fumihiro1192:20181205185537j:plain
f:id:fumihiro1192:20181205185534j:plain

コクヨが昨年11月に発売した「カルカット(クリップタイプ)」は、挟むだけで簡単にマスキングテープにつけられ、特殊加工刃によってテープの切り口が真っ直ぐに、綺麗に仕上がるテープカッターです。

「手て切ると綺麗に切れない」「ハサミを取り出すのが面倒」という従来の不満をを解消したことでマスキングテープを愛用する女性を中心に大人気になりました。

予想以上に反響が大きく目標数量の1.5倍で売り上げが推移しているそうで累計出荷数60万個を突破しました。(今年の9月末現在)Bun2より抜粋

コクヨ マスキングテープカッター カルカット クリップタイプ 10~15mm幅用 3色セット T-SM400X3C

 最初見たときには「こんな文房具売れるのかな?」と思ったくらいなのですが、使ってみると本当に便利で驚きました、マスキングテープがデスクで自立するようになるのも良いところですよね。さっと掴んで使える機動力がつきました。

マステでちょっと封をしたり梱包するときなんかに綺麗な切り口で処理したいですよね。そんなあなたにピッタリの今年を代表する文房具なのです。オススメします。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。感謝します。

 あわせて読んでいただきたい僕の文房具ブログ記事です

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com