img src="http:// →img src="https:// http://ecx. → https://images-fe.ssl-

『本と文房具とスグレモノ』

文房具は、身近で安価で即効性のある成長アイテムです。毎日、情報を発信してます。

『マルス卓上鉛筆削り』は、王座を奪えるか?

f:id:fumihiro1192:20190811140145j:plain

岡崎市でうわさになった卓上鉛筆削りです

ステッドラーから7月末に新しい、そして可愛い高性能な鉛筆削りを発売したそうです。僕はまだ実物を見ていないです。でも、このタイミングでこの鉛筆削りが大ヒットしたらどうしようかと、気の小さい僕はおどおどしております。

その理由は、先日行きつけの喫茶店の店長にカール事務器の『エンゼル5』が良いから、子供に買い与えるならこれですよとアドバイスしたばかりなのです。このステッドラーのものがこれを凌駕したら僕の立場がないなぁと、保身を考えていたのです。

なんという僕は小さい人間なんでしょう。自分でも驚きます。そうなったらなった時で「こんな優れた新製品が出ましたよ。もうちょっと待てば良かったですね」と明るく言い放てば良いだけなんですよね。もう少しおおらかに生きていきたいものです。

それでは、今日はステッドラーの最新鉛筆削りを紹介しますね。

f:id:fumihiro1192:20190811140208p:plain

新しい鉛筆削りに共通する特徴

最近、市場に出てくる鉛筆削りの特徴を挙げますと、次の3点に絞られると思います。

  1. どんな軸にも対応出来る
  2. 充電式or電池式
  3. シャープに削れて高性能

こんな感じではないでしょうか?特に2番は、子供達が自分の勉強机でなくリビングやダイニングで勉強する子供が主流派になってきてからは、特にこの傾向が強いですね。そして、手動式はなんとなく省エネでエコな感じがあるので、余計に好かれますね。

今回の『マルス卓上鉛筆削り』は、1番、どんな軸にも対応出来る。そして、3番のシャープに削れて高性能はクリアしているので、手動式がどこまで行けるかだけですね。

早々にペンズアレイタケウチさんのスタッフと一緒に試し削りをして、カール事務器の『エンゼル5』との頂上決戦をやりたいです。お楽しみに。

f:id:fumihiro1192:20190811140214j:plain

『マルス卓上鉛筆削り』商品説明

六角軸、三角軸、丸軸、どの形状でも使え、直径7mm~11.6mmのスーパージャンボサイズの鉛筆も削ることができます。また、削り角度を選ぶことができるので、色鉛筆のような柔らかい芯にも対応しています。また、机や作業台に固定して使うことのできるデスククランプも付いています。

僕が電動鉛筆削りを購入してもらった時には、4本足の吸盤がついていて、とても使いやすかったです。そういう時代だったんでしょうね。最近は、吸盤で止めておくタイプのものは、ほとんど見かけないです。

このL字型のフックで締め付けるタイプは、確かに価格は安いのですが、止めておくのに力が必要だったり、調整が難しかったりするので、自分に合うかどうかよく確認してから購入してくださいね。

f:id:fumihiro1192:20190814195518j:plain
f:id:fumihiro1192:20190814195515j:plain
f:id:fumihiro1192:20190814195522j:plain
f:id:fumihiro1192:20190814195512j:plain

youtu.be

ステッドラー社の紹介動画を添付しておきますので、ご覧になってくださいね。

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございます。読者の方に感謝です。

あわせて読んでいただきたい僕の文房具ブログ

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com