img src="http:// →img src="https:// http://ecx. → https://images-fe.ssl-

『本と文房具とスグレモノ』

文房具は、身近で安価で即効性のある成長アイテムです。毎日、情報を発信してます。

クーピーはいつまでも僕の憧れです

f:id:fumihiro1192:20191211200811j:plain

クーピーを買って欲しかったです

僕は小学生の頃にクーピーに憧れていました。なんとかして母親に買ってもらおうと色々交渉したのですが、頑として買ってもらえませんでした。その理由は、すでに色鉛筆を持っていて、買う必要がないからです。

その理由は揺るぎ無く、そして完全でした。既存の色鉛筆を懸命に消費したのですが、なかなかなくならないんですよね。当初はせっせと使い続けたのですが、1本使い切っても、その1本を補充されると思いあきらめてしまいました。

そうこうするうちに、僕のクーピー熱は下がっていて、別にクーピーなしでも生きていける体になっていました。僕がクーピーが欲しかったのはインフルエンザみたいな流行だったのですね。本当に残念な話です。

今日はそんなクーピーにまつわる話です。よろしくお付合いください。

f:id:fumihiro1192:20191211200828j:plain

クーピーマーカー欲しいです

僕はクーピーマーカーを買いませんでした。理由は、オレンジが無いからです。どうしてオレンジを作らないのか気持ちが全くわかりません。僕はラインマーカーについては、オレンジの発色が基準になっているのです。

サクラクレパスさん、オレンジお願いします。そしたら10本以上買います。

f:id:fumihiro1192:20191211200825j:plain

f:id:fumihiro1192:20191211200821j:plain

クーピーマーカーの特徴紹介

2019年の9月よりサクラクレパスは「クーピーマーカー」販売開始しています。このマーカーのコンセプトは、”ラインマーカーなクーピー”です。3色セットで税抜400円中です。是非、お店で手にとってみてくださいね。

このペンは、既存のロングラン製品であるクーピーならではのやわらかな発色となめらかな書き心地が特徴の固形ラインマーカーであります。水性の蛍光マーカーにありがちなインキがかすれてしまったり、ペン先が乾いてしまう心配はありません。

とても柔らかな手書き感を楽しむことが出来ます。薄い紙にも裏移りすることはありませんし、ペンケースも汚れないので、筆入れにもダイレクトに収納可能です。また、指先にフィットする三角形の太軸で持ちやすく、机から転がり落ちる心配もないのです。

商品展開は全部で5つ。①ミルキーカラー(ラベンダー、カーネーション、イエロー)②ポップカラー(ペールブルー、ポピーレッド、イエロー)③レトロカラー(コーラルピンク、ターコイズ、イエロー)の3つのほか、限定で④ビタミンカラー(蛍光グリーン、蛍光レモン、蛍光ピンク)⑤アンティークカラ―(オリーブ、ボルドー、マリーゴールド)の2つを用意しました。それぞれ3色入りセットとなっています。

僕は、限定ビタミンカラーを推奨します。普通すぎでしょうか?

f:id:fumihiro1192:20191211200819j:plain

衝撃のテキストサーファーゲルより使いやすいかも

その昔、ステッドラー社の『テキストサーファーゲル』が文房具市場に登場した時には、大衝撃でした。僕もびっくりして急いで買いだめしました。今考えるとバカみたいですが当時は真剣でした。こんなすごいペン、すぐ売り切れると思ったのです。

そんな衝撃はこのペンにはないですが、こっちの方が使いやすいかも知れんなぁと思います。それを試す意味でも本体を買うしかないですね。でも、しつこいですがオレンジが良いなぁと思います。オレンジが欲しいです。

f:id:fumihiro1192:20191211200815j:plain

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございます。読者の方に感謝です。

あわせて読んで欲しい僕の文房具ブログ

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com