img src="http:// →img src="https:// http://ecx. → https://images-fe.ssl-

『本と文房具とスグレモノ』

文房具は、身近で安価で即効性のある成長アイテムです。毎日、情報を発信してます。

【注目文房具】東海地区限定逆輸入品『KERRY(ケリー)』販売開始!

f:id:fumihiro1192:20191117193946j:image

ぺんてる『KERRY(ケリー)』は、手に馴染みます

ペンズアレイタケウチさんに遊びにいったら、レジ横でひっそりと東海地区限定逆輸入品のぺんてる『KERRY(ケリー)』が出待ちをしていたので、ちょっとお借りして写真撮影させていただきました。限定という言葉に弱いのか、欲しくなるなぁ。

これは、1971年に登場した超ロングセラーのシャープペンシルです。長さがとても良くて手に馴染むんです。外観もちょっと見た感じだと、万年筆に間違えてしまいそうなほど優雅さです。スタンダードモデルは¥1500(税別)で、今回の限定品は¥1600です。

今回のこのモデルは芯径0.7mmバージョンで、書き味も特別な一本となるような予感がします。いかがでしょうか?今日はそんな素敵なシャープペンシルの写真をお店の許可をいただき、たくさん撮らせてもらえたので、その雰囲気も一緒にお伝えします。

このペン、ぺんてるのプレスリリース済んでいるのかな?

f:id:fumihiro1192:20191117194001j:image

『ケリー』の凄さはキャップです!

このキャップ式のシャープペンシルは珍しいと思います。簡単に言えば、キャップ式にすると非常に面倒だからです。ノック機能が必要なシャープペンシルに、キャップなどつけて意味があるのかと思うのは当然のことだと思います。

でも、この『KERRY(ケリー)』は、いざ使う時は、キャップを外し、後部へ装着すると、その凄さがわかるようになっています。その時には、本当に気持ちの良い音と感触で書き始めを楽しくさせてくれる。ちょっと面倒なくらいが良いのです。

このシャープペンシルは、その音と共にノックできる状態にしてくれるのです。ペン単体の後部に付属されている消しゴムも使用できるようになります。この機能を発揮する工程には感動するしかありません。キャップなしでももちろんノック可能ですけどね。

ペン先はしっかり固定されたガイド式パイプで低重心の設計です。書きやすさを保証するペン先までの細身形状はとても繊細です。だから、格納式ならではの思い切った形状設計となっているのででしょうね。筆記時の安定感は抜群なのです。

f:id:fumihiro1192:20191117194015j:image

『ケリー』の名前の由来です

これは文房具界のプリンス:土橋正さんのブログで読んだのですが、この『ケリー』の名前には由来があります。これは、アイルランド産の黒い牛という意味だそうです。きっと独特のスタイルが雄牛を連想させたんでしょうね。確かに強そうです。

そういえばエルメスのケリーバッグが有名だなぁと思って、てっきり「牛革のカバン」に違いないと思って調べてみたら、こちらの由来はグレース・ケリーから来ていました。ちゃんと調べてないと大恥をかくところでした。

ちょっと話が脱線しましたが、洗練されたフォルムが牛を連想させたので、このネーミングになったことだけは覚えておきましょう。僕たち文房具好きが知っていて損のない、いやいや知っていなくてはならない豆知識であります。

f:id:fumihiro1192:20191117194024j:image

上品でプレゼントにぴったりです

我が社でも管理職の人間がこの『KERRY(ケリー)』を愛用しているのをみかけます。確かに昔、大流行したようですね。どの人に確認しても、昔自分で購入したか、何かのおまけでいただいたというバブリーなフレーズを聞くことが出来ます。

ぺんてるからは名入れのものも発売されているので、こちらも少し心動きます。なんとなく上質感を感じますよね。こういうお手ごる価格で、この雰囲気を醸し出している筆記具はご贈答用としてピッタリなんです。良いですよね。

f:id:fumihiro1192:20191117194037j:image

東海地区限定で海外逆輸入品、良いね!

今までの説明で文句なしに『KERRY(ケリー)』というシャープペンシルが素晴らしいことは、ご理解いただけたと思います。そこにさらに後押しすると、この東海地区限定の海外逆輸入品という冠のついたものは、魅力的ですよね。いかがでしょうか?

以前、東京の友人が「本当に東海地区限定だから透明軸買っておいて!」と頼まれて、ついでがあったので東京まで運んだ思い出があります。その時はかねり貴重と思えるような透明軸だったので、彼の欲しかった気持ちもよくわかりました。

まだ、ペンズアレイさんでは売っています。こんな感じで。

f:id:fumihiro1192:20191117194110j:plain
f:id:fumihiro1192:20191117194125j:plain

ちょっとだけ時事問題を書きます。

ちょっと文房具とは関係ない話で申し訳ないのですが、あまりにタイムリーなのでここに時事問題を書いておきます。コクヨが11月15日に保有する文具大手のぺんてるの株式を買い増しして、現在の約38%から過半数に引き上げ、連結子会社を目指すと発表しました。

ぺんてるはどうやらプラスと水面下で資本提携協議を進めていたらしく、それが大株主のコクヨにバレてしまったんですね。ぺんてるは「一方的かつ強圧的な子会社化方針に強く抗議する」と自社のホームページで声明を出してますが、どうなるのでしょうね。

こんな素敵な文房具を世に出している会社なので円満に解決し、このブランドが長く残ることを期待しています。最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。読者の方に感謝です。

あわせて読んで欲しい僕の文房具ブログです

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com