img src="http:// →img src="https:// http://ecx. → https://images-fe.ssl-

『本と文房具とスグレモノ』

文房具は、身近で安価で即効性のある成長アイテムです。毎日、情報を発信してます。

本と文房具と友達を選ぼう

f:id:fumihiro1192:20190519055339j:plain

こういってしまえば身も蓋もないことはわかっていますけれど、あえて誤解を恐れずに発言します。「読む本と自分が使う文房具と友達は戦略的に選べ」と言いたいです。これ大事なことなんですよね。今日はそんな思いを文房具ブログで展開していきます。

ここ数週間で過去に書き溜めた2000ほどの記事を読みなおしてリライトしています。現在、5年ほど遡って作業しているのですが、過去の自分は色々苦しんだり悩んだりしながら問題に立ち向かっているのがよくわかります。そこを共有したいのですよね。

先人たちが苦しんで登頂して整備してくれたおかげで、僕たちは日本の最高峰富士山でさえ、それほどの準備も必要なく山頂まで登ることが出来ます。そんな恩恵を僕のブログを読んでくださる方々にも無償で支給したいなぁと思っているからです。

それでは始めますね。今日も、よろしくお付合いください。

自分が読む本をしっかり選ぼう

f:id:fumihiro1192:20190519062900j:plain

どんなに頑張っても僕の実力では年に300冊くらいしか読めないということが、実験してみてわかりました。もちろん読み方も悪かったのですが、年にどれだけ読むことが可能なのか知りたくて、毎週図書館に通って本を借りて読んで集計しました。

こんなトライをしてみるとよくわかるのですが、どうせ時間を使って本を読むのなら良い本を、そしてためになる本を読みたいという自分の欲求に応えてあげたいという気持ちが湧き上がってくるのです。それをしないと読書が作業になってしまうのです。

自分がどうなりたい、そしてどうしたいかをよく考えたら読まなくてはならない本が自然にわかるはずです。その道の先駆者たちは自分の通った道筋を教えてくれて「これを読んだら?」と教えてくれます。自分の読む本はしっかりセレクトしましょうね。

文房具も厳選して使おう

f:id:fumihiro1192:20190519062924j:plain

普通の人は指が10本しかなくて腕が2本しかない。時間と同じようにここにも物理的な限界があるので、一度に何本もの筆記具を持って書き連ねるという超人的なことは出来ない。だからこそ、アウトプットするための文房具は選ばなくてはならないのです。

僕はツバメノートジェットストリームというボールペンを選んで読み終わった本のエッセンスを書き溜めて読み返し自分のものにするという勉強を続けています。読んだ本のエッセンスが日常的に行動と言葉に出来るためには凡人はこれしかないのです。

書き味、視覚的好み、相性、など僕たちは環境に左右されやすい生き物です。ちょっとペンのインクが出ないだけでやる気が落ちてしまうことなど日常茶飯事として経験してますよね。そのためにも文房具は自分にあったものを使うことを心がけるのです。

さらには友人も選ぼう

f:id:fumihiro1192:20190519062941j:plain

「そんなこと上手くいくのか?」と思う人もいると思うが、ビジネス書を読むと古典から近代のものまで至る所にこの内容が出てくる。チームがバラバラでは何も成果がだせないし、やりたいことがやれずに終わってしまうことも出現するはずです。

乗組員を選ぼうとか、野球のチームメイトを選ぼうとかいえば解りやすい。思春期に学校の先生やその当時の友達に大きく影響を受けたり、一緒に仕事をする上司によって同じように仕事をしても評価や成果が全く違うのを経験した人も多いだろう。

ぜひぜひ友人を選んで欲しいです。そのためには自分で自分がどこに行こうとしているのか明確に打ち出す必要があります。ミュージシャンを目指して日夜練習している人のところには、同じ目標を持った人が集まりやすく友人を選択しやすくなるのだ。

読んだ本と読みたい本をこれで管理しよう

f:id:fumihiro1192:20190519063011j:plain

Beahouseの「ワタシ文庫」知っていますか?

僕は、この文房具はとても良く出来たシステムと評価してます!使い方はとても簡単です。読んだ本の内容を記録することが出来て、しおりとしても使えて、さらに専用封筒を使い手帳に保存も出来る素敵な文房具、それが「ワタシ文庫」です!

まあ、リーディングログアイテムです!僕が好きな一番の特徴は、懐かしい感じがすること!読書欲に燃えていた小学校の頃の図書館が目の前に再現されるようなノスタルジーです。「ワタシ文庫」は、本物の図書カードの質感を出すために、本体用紙に「ケナフ100G」、封筒に図書館用品メーカー(株)伊藤伊の本物の、「貸出カード用ブックポケット」を使用しています。

その本物感覚が懐かしい風合いを醸し出しております。だから、懐かしいんだ!と納得しましたなかなか売ってなかったけど、東急ハンズにはありましたよ。読書する、エッセンスを書き出す記録する、保存するこの一連の流れが「ワタシ文庫」で解決します!是非とも、使ってみてください。文房具も友人選びもこのスタイルで良いのですよ。

「ワタシ文庫」が欲しい方はこちら

読書記録しおりワタシ文庫 (グリーン)

f:id:fumihiro1192:20190519063043j:plain

 最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。感謝します。

世の中って自分の思い通りに動くことは少ないし、もっといえば人生などなかなかコントロールしきれないものです。やりたいことがたくさんあって、時間もないのに苦しい人はまずはこの3つを選ぶことから始めてくださいね。よろしくです。

お金があれば、そんなこと簡単に解決出来るんじゃないの?と、思う方もいらっしゃるかも知れませんが、考えがないとお金で短絡的に解決しても長続きしないものなのです。また逆に考えさえあればお金はついてくるものですからね。面白いでしょ?

あわせて読んでいただきたい僕のブログ記事です 

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com