img src="http:// →img src="https:// http://ecx. → https://images-fe.ssl-

『本と文房具とスグレモノ』

文房具は、身近で安価で即効性のある成長アイテムです。毎日、情報を発信してます。

低価格万年筆『LIGHTIVE(ライティブ)』 登場!もう一度、使ってみたくなりました

f:id:fumihiro1192:20211208213030j:plain

万年筆は、世界最高の筆記具だと思います。いやいや、断言しても良いです。力をいれずにストレスなく書き続けることが出来るのは、今のところ万年筆しかないのです。僕も好きで好きでたまらなかったのですが、最近急激に興味をなくしてしまいました。

せっかく買い集めた万年筆を捨てるのももったいないので、再度興味がわき起こってくるまで保管しておくことにします。ほとんどのものをインクを抜いて、洗浄して、グローゼットの中にしまいました。また、使う日がくると良いなぁと思っています。

でも、これから活躍される皆さんには、万年筆は絶対のお勧めアイテムです。

次々と心に浮かんくる事柄を、片っぱしから書き続けて、そのかけらを繋ぎ合わせて形にすれば、自分の能力を超えたトンデモナイものが出来ちゃうかもしれないですよ。ぜひぜひ、文房具屋さんに行って、万年筆を検討してみてください。

僕の今のお勧めは、そろそろ店頭に並び始めるであろうパイロットコーポレーションの『LIGHTIVE(ライティブ)』(2,200円(税抜価格:2,000円))です。ちょうどいい価格帯での販売なので、良いと思いますよ。

f:id:fumihiro1192:20211208213054j:plain

ターゲットはビジネスマン

今回発売する『ライティブ』は、30~40代がメインターゲットなんだそうです。ビジネスパーソンが初めて手にするアイテムとして、カクノよりもちょっと高級で、デザインと機能を持ち合わせた気軽に使える万年筆をリーズナブルな価格で実現させちゃいました。

この万年筆『ライティブ』のネーミングは、LIGHT(軽い)とACTIVE(活動的)を組み合わせた造語です。カジュアルにそしてタフに持ち歩いて、使ってほしいという思いを込めてネーミングしてあるのです。なんとなくラミー対抗かな?

主な特徴です

  1. この万年筆『ライティブ』は、30~40代をメインターゲットに、シンプルなデザインと気密性に優れた軽量ボディが特長。カジュアルに持ち運びしやすく、リーズナブルな価格のため様々なシーンで気軽に使えます。新仕様のインナーキャップにより、ネジ式のキャップに匹敵する気密性を実現し、スムーズな書き出しとなめらかな筆記を実現。
  2. 強い筆圧でも使いやすい硬めのペン先で、F(細字)とM(中字)の2タイプを準備してます。インキの供給には、大容量のコンバーター(CON-70N)も使えて、もちろん、ボトルインキからも楽しむことも可能。
  3. 軸色(ボディカラー)は、アクティブイエロー、アクティブネイビー、アクティブレッド、マットブラック、アクティブホワイト、ノンカラーの6色を揃えています。

こういうコンセプトの万年筆、いいなぁ。もう一度買うかな?

あわせて読んで欲しい僕の文房具ブログ

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com