img src="http:// →img src="https:// http://ecx. → https://images-fe.ssl-

『本と文房具とスグレモノ』

文房具は、身近で安価で即効性のある成長アイテムです。毎日、情報を発信してます。

『ムーミン展』限定ロルバーンの表紙の挿絵は、銀行の広告でした。

f:id:fumihiro1192:20210131083848j:plain

これは『ムーミン展』限定のクリアファイルです。ムーミンが一体何に頭を下げているいるのか気なっていた僕なのですが、その謎が解明出来ましたので報告しますね。

昨日の僕のブログ記事です

一体、ムーミンたちは何をしているのか?これは何のシーンなのか?気になりますよね。僕もとても気になっていたのですが、昨日ブログにアップしたことをきっかけにして長年の謎が解けました。まだ、解けきっていない部分もあるのですが、まずは合格です。

教えてくださったり、協力してくださった文房具仲間の皆さん、ありがとうございます。

昨日の僕のブログ記事は、こちらです。

www.fumihiro1192.com

実際には、銀行の広告でした

ムーミンが頭を下げている向こうには、ある人物がいたのです。顔の形からするとムーミン系列の方ではないのかな?と予想されます。実際に、ムーミンはこの人に頭を下げていたのです。お金の運用をお願いしますと、丸い貯金箱をこの人に渡していたシーンだったのです。

半分だけのカットだと、妙に神妙で何事なんだろうかと想像力をかきたてられますね。実は僕はお葬式か何かではないかと思っていたのです。全然違って良かったです。毎日使う手帳の表紙のシーンを説明出来るだけでも、とても幸せです。

f:id:fumihiro1192:20210131083852j:plain

表紙の挿絵の説明をします

まだまだ解明されていない部分があるので申し訳ないような説明になると思いますが、この絵についてわかる範囲で説明していきましょう。このシーン見た記憶がないな、と思ったかもしれませんが、その記憶は間違っていません。実際に、これは銀行の広告だったのです。

ですから、この挿絵に採用された場面は、小説にもコミックスにも登場しません。1956年、フォーレニングス銀行の広告のためにトーベ・ヤンソン(1914〜2001)が描き下ろした絵なのです。広告は10回フィンランドのスウェーデン語新聞に連載され、後に冊子にもなりました。

ムーミンが花の配達などをしてお金を貯め、銀行に預けるという、オリジナルのストーリー展開になのだそうです。地球儀のような貯金箱を銀行の係りの人に渡して、お金を初めて預けて、運用を開始するムーミンの姿が描かれていると予想出来ます。

f:id:fumihiro1192:20210131195547j:plain

こんな新聞広告だったそうです。一番下の部分を確認すると、先頭を丸い形をした貯金箱を持って走るムーミンと、それに追随する仲間たちのような構図で描かれているんですよね。

フォーレニングスバンクという部分はかろうじて読み取れます。

今日はこちらのサイトを参考にブログを書いています。ムーミン好きの人たちにとっては、僕の疑問などとっくに解決済みでしたね。わからないことが、わかるって気持ちいです。

ありがとうございました。

www.moomin.co.jp
最後まで読んでくださいまして、ありがとうございます。読者の方に感謝です。

あわせて読んで欲しい僕の文房具ブログ 

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com