img src="http:// →img src="https:// http://ecx. → https://images-fe.ssl-

『本と文房具とスグレモノ』

文房具は、身近で安価で即効性のある成長アイテムです。毎日、情報を発信してます。

大人気シャープペン「クルトガ」から『クルトガ アディダス』登場です

f:id:fumihiro1192:20190806190403j:plain

三菱鉛筆の『クルトガ』好きです

三菱鉛筆のシャープペン『クルトガ』良いです。間違いなく平成を代表する文房具のひとつです。最初は僕も「そんなに良いのかな?」と疑心暗鬼だったのですが、書き味がとても快適なので大ファンになってしまいました。今でもしっかりと使っています。

ここまで人気になったのは「クルトガエンジン」のおかげであることは間違いありません。これを開発した人はすごいですよね。こっそりとノーベル賞をあげたいです。それが叶わないなら、ご飯をおごってあげたいです。そう思いませんか?(笑)

今日はそんな『クルトガ』にスポーティなデザインの『クルトガ アディダス』が登場したので、プレスリリースを交えて紹介したいと思います。そして、このシャープペンの開発秘話まで踏み込んでブログに書いておきたいです。よろしくお付合いください。

f:id:fumihiro1192:20190806192932j:plain

プレスリリースより紹介します

総合筆記具メーカーの三菱鉛筆株式会社(本社:東京都品川区 社長:数原英一郎)は、“芯が回ってトガり続けるシャープ”『クルトガ』から、マルチスポーツブランドのアディダスAG社とのライセンス契約に基づき、 アディダスジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表取締役:ポール・ハーディスティ)監修の元、2019年秋冬の新しいデザインを採用した『クルトガ アディダス』(本体価格650円+消費税/シャープ芯径:0.5mm/全6種)を8月9日(金)に数量限定で発売いたします。
 
新学期に向けて買い替え需要が増すこの時期に、学生から圧倒的な人気のシャープ「クルトガ」の新柄として、スポーツブランドの「アディダス」から2019年秋冬の最新のデザインを採用しました。

柄は細かく模様を敷き詰めた、カモフラージュ柄、パターン柄、トライアングル柄の3種全6色をラインアップいたします。

僕も中学生の頃は「アディダス」「プーマ」などのスポーツブランドに憧れていました。いかにも俊敏な動きが出来そうでカッコよいなぁと思っていたんです。今でも、そんな憧れがちょっと残っているんで、気になっちゃうんですよね。

f:id:fumihiro1192:20190806193556j:plain

『クルトガアディダス』の商品特長です

「アディダス」デザインの『クルトガ』の新柄をラインアップ

「クルトガ」は学生から圧倒的な知名度があり、2009年から2018年まで10年連続売上No.1のシャープです。学生に人気のクルトガから、「アディダス」のデザインをラインアップする事で、スポーツ好きの児童や中高生が日常的に使用する文房具でも「アディダス」デザインをお持ちいただけます。2019年秋冬のデザインは、カモフラージュ柄、パターン柄、トライアングル柄といった、細かく模様を敷き詰めた総柄の中にロゴが描かれています。アディダスらしいスタイリッシュで存在感のあるデザインを取り揃えており、各デザインをそれぞれ2色、全6色をラインアップいたします。

f:id:fumihiro1192:20190806193932j:plain

参考までに「クルトガ」の特長です

シャープペンの芯先に初めて注目し、新開発した機構「クルトガエンジン」を搭載した商品です。従来のシャープペンは、芯がだんだん斜めに摩耗する「偏減り」により、文字が太くなる・折れやすい・崩れた芯で紙面が汚れやすいなどの問題があり、その解決のために、芯自体を回転させる機構を開発しました。

書くたびに芯が少しずつ回転することにより、(1)細く、クッキリ書き続けられる(2)芯先が紙面に引っかかりにくく、安定した筆記状態が続く(3)芯の粉が出ず、紙面を汚さないといった特長があります。2008年3月発売以来、学生を中心にご好評いただいております。大手流通POS年間販売金額実績では、2009年から最新の2018年のデータで、10年連続シャープ売上No.1となっています。


新商品開発ストーリーはこちらから読むことが出来ます。

www.mpuni.co.jp


あまり良いアイデアではないかも知れないですが、この「クルトガエンジン」を使って消しゴムとか出来ないんですかね?それが出来たら『カドケシ』以来の大発明ですね。

f:id:fumihiro1192:20190806194135j:plain

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。読者の方に感謝です。

あわせて読んでいただきたい僕の文房具ブログ記事

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com