img src="http:// →img src="https:// http://ecx. → https://images-fe.ssl-

『本と文房具とスグレモノ』

文房具は、身近で安価で即効性のある成長アイテムです。毎日、情報を発信してます。

28個のカドを持つ消しゴム!平成文房具『カドケシ』

f:id:fumihiro1192:20190723135317j:plain

@FMの収録に行ってまいりました

先日、いつも御世話になっております@FMの収録に行ってきました。CocoroさんがDJをされている『amano SMILE CAFE(アマノスマイルカフェ)』という番組で、今回の収録で3回目になります。毎年、呼んでいただけていてとても光栄であります。

名古屋市内を流れる桜の名所として有名な山崎川近くの住宅街にある隠れ家カフェで、美味しい珈琲を飲みながら話をしている Cocoroさんとゲストの僕の文房具についてのおしゃべりをマスターが聞き耳を立てているというような設定の放送番組です。

きっとオンエアーで聞くと良い感じに仕上がっていると思います。面白い番組なので僕もよく聴いてますし、@FMの下に貼り付けしたサイトから何度も聴けるようになっているんですよ。是非是非、聴いてくださいね。8月18日と25日の9時30分から放送です。

fma.co.jp

f:id:fumihiro1192:20190708181510j:plain

平成文房具と令和文房具についての話をしました

ラジオ局の入り口のところに「携帯で撮影したら取り上げます!」と書いてあるので、ビビりの僕は収録中に撮影することは出来ませんでした。残念ながら画像がありません。さらには数名の見たことのないアイドルの方がいらしていたので厳戒態勢でした。

そんな中、僕は『平成の文房具を振り返る』『令和注目の文房具』について話をしてきました。90%くらいはカットされてしまうと思いますが、どんな放送に仕上がってくるのか楽しみです。編集の魔術師のようなプロの方がおみえになるので、安心です。

今日はその中でも気になった文房具について触れてみたいです。もう少し深堀しておかないと気が済まない気分になったからです。まあ、文房具好きであってもマニアではないので、そこまでこだわらなくても良いのかも知れないですけどね。

f:id:fumihiro1192:20190708184801j:plain

平成文房具の『カドケシ』が気になりました

平成文房具として大ヒットの「カドケシ」。原形となった作品は、2002年に開催された「コクヨデザインアワード2002」において佳作を受賞。新鮮なアイデアと機能性が評価され、2003年に商品化が実現しました。それからずっと生き残っている文房具です。

この消しゴムの特徴は、なんといっても「カド」が多いこと。その数なんと28個! それは、真新しいカドで消すときの快感を何度も体験できる喜びをユーザーにもたらします。しかも、細かなところまでキレイに消せる。用途がわかりやすく誰もが共感できるという、シンプルでありながら創造性の高いコンセプトのもとに生み出された作品です。

作品を実際に商品化するにあたり、コクヨではさまざまな検証と検討を行いました。まずは、形状について。形状は受賞作そのままのものを採用しています。10個のキューブがまるでチェッカーフラッグ(市松模様)のように並び、ひと目で「カドがたくさんある」ことがわかります。

次に品質について。斬新なデザインを活かしつつユーザーの満足いく品質を維持できるかを追及しました。キューブがちぎれない硬さを確保し、さらに消しやすく、消しクズがまとまりやすいなど、こだわったのが素材です。何度も繰り返し試作品をつくり、その都度ユーザーへのモニタリングを行いながら使用感を検証しました。


ネーミングは、大切な要素のひとつとしてインパクトがあり、耳に残る名前であることが重要です。作品当初「カドケシゴム」という名前でしたが、4文字構成でどことなく四角さを感じさせる「カドケシ」をネーミングに採用しました。商品ロゴも四角いイメージにこだわり、パッケージも形状が見やすいように高透明な素材をチョイスしました。

こうして「カドケシ」はさまざまな工夫が盛り込まれ、コクヨ製品として完成し、満を持して世の中に発表されました。

発売からわずか1年足らずでミリオンセラーを達成。使い手側の思いをくみ取った同作は、「グッドデザイン賞」など数々のデザイン賞を受賞しました。また、発売から9年が経ったいまでも「ニューヨーク現代美術館(MoMA)」のミュージアムショップで販売されるなど、多くの人々から高い支持を受けています。

「カドケシ」がそうであるように、デザインにパワーがあればいままでの既成概念をいっぺんに変えることもできるのです。これからも、世間をあっといわせるような素晴らしい作品を商品化していきたいと思います。(コクヨホームページより引用)

コクヨのHPより『カドケシ』についての説明文を引用してみました。確かに僕自身もナイフで綺麗にカットしてカドを作ったりしていましたので、この商品開発の方々の気持ちはよくわかります。スリーブがプラスチック製であるところが良いですよね。

この消しゴムの形状を、問題を解決するデザインの代表と呼びたいですね。

f:id:fumihiro1192:20190723143233j:plain

 カドケシが欲しい方はこちら

コクヨ 消しゴム カドケシ 20個セット ケシ-U700NX20

コクヨ 消しゴム カドケシ 20個セット ケシ-U700NX20

 
コクヨ 消しゴム カドケシプチ 鉛筆用 ブルー・ホワイト ケシ-U750-1

コクヨ 消しゴム カドケシプチ 鉛筆用 ブルー・ホワイト ケシ-U750-1

 
コクヨ 消しゴム カドケシスティック 本体 ブルー ケシ-HU600B

コクヨ 消しゴム カドケシスティック 本体 ブルー ケシ-HU600B

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。感謝です。

あわせて読んでいただきたい僕の文房具ブログ

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com