img src="http:// →img src="https:// http://ecx. → https://images-fe.ssl-

『本と文房具とスグレモノ』

文房具は、身近で安価で即効性のある成長アイテムです。毎日、情報を発信してます。

父の日っていつだっけ?今年はプレゼントに『MONO×MIDDLA ネクタイ』が欲しいです

f:id:fumihiro1192:20210511202340j:plain

「父の日」って「母の日」と比べて影が薄いけど、皆さんいつなのかを覚えていますか?この暗い世相を吹き飛ばす意味でもお父さんに豪華なプレゼントをドカンと贈っちゃいましょう。お互いに良い気分転換になると思いますよ。

「父の日」って、いつだっけ?

どうしてもおろそかにしがちな「父の日」。ちゃんと覚えていますか?まずは、そこから確認していきましょう。「父の日」は6月の第3日曜日です。2021年は6月20日になっています。今年こそ、忘れないようにして盛大にお祝いしましょう。

なんとなく家では存在感が薄くなりがちなお父さん。もちろん僕も例外ではなく、希薄な存在だと自覚しています。急に花束などもらったらますます居場所がなくなってしまうかもしれないです。「父の日」こそ存在感をアピールする日です。

頑張りましょう(笑)

f:id:fumihiro1192:20210511202347j:plain

「父の日」の由来

そうそう、せっかくなのでこの記念日の由来をお話ししておきます。

「父の日」は、アメリカ発祥の祝日です。誕生の由来は、ソノラ・スマート・ドットという女性の嘆願によるもの。彼女の父親は軍人で、南北戦争から復員した後に男手ひとつで6人の子どもたちを育て上げたそうです。

1909年、彼女は自分たちを育てあげてくれた父の偉業を称えようと牧師教会へ「父親へ感謝する日も作ってほしい」と嘆願しました。そして1910年6月19日に、初めて父の日の式典が開催されました。実現するまでに6年かかったそうです。

1916年の式典で、第29代アメリカ大統領であるウッドロー・ウィルソンが演説を行ったことをきっかけにして浸透していったといわれています。そして1972年、6月の第3日曜日が父の日として正式に制定されたのでした。

ちなみに、父の日が日本に導入され始めたのは1950年代ごろのこと。当時はまだまだ認知度が低く、現在のように一般的な行事として広まったのは1980年代です。デパートが販売戦略の一環として父の日を取り上げ、そこから一般に広く浸透していきました。

そんな由来をもっている「父の日」です。 

f:id:fumihiro1192:20210511202344j:plain

「父の日」には何が欲しい?

全国のお父さんの皆さん!「父の日」には何が欲しいですか?欲しいものありますか?「何が欲しい?」と聞かれてすぐに返事が出来る様に準備しておきましょう。基本は、毎年僕は好きな文房具の詰め合わせをプレゼントとしていただいています。

娘たちに毎年のようにいただいてるそうなのですが、とっても記憶が曖昧(あいまい)です。でも、今年は「ネクタイ」が欲しいです。それも出来ることならば、『MONO×MIDDLA ネクタイ』が良いです。高級感があって、文房具好きということが見た目でわかります。

どうやら、クラウドファンディングでの企画とのことです。完全に見逃しました。

camp-fire.jp

f:id:fumihiro1192:20210511202356j:plain

MONO×MIDDLA EMBROIDERY TIE

このネクタイの紹介をしておきますね。

MONOの3色ロゴマークとMIDDLAのアイコンMIDDLAPPLE(落ちないリンゴ)をドット状に刺繍したシルク生地のネクタイです。SAXE、NAVY、BROWNの3色(写真下)。シルクのツヤと高級感ある色味でどのカラーとも合わせやすくビジネスシーンでも活躍します。

 めちゃめちゃ僕に似合うと思うのですが、気のせいでしょうか?

f:id:fumihiro1192:20210511202352j:plain

うーん、実にこのネクタイ良いです。普段ネクタイをしている時には、あまり自分の視界に入ってこないのでわからないのですが、こういうシンプルなデザインがカッコイイです、

f:id:fumihiro1192:20210511202359j:plain

f:id:fumihiro1192:20210511202404j:plain

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。読者の方々に感謝です。

もちろんのことですが、僕は家族以外の方たちからのプレゼント受け付けております。そこも踏まえて、「父の日」を盛り上げていきましょう。

あわせて読んで欲しい僕の文房具ブログ

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com