img src="http:// →img src="https:// http://ecx. → https://images-fe.ssl-

『本と文房具とスグレモノ』

文房具は、身近で安価で即効性のある成長アイテムです。毎日、情報を発信してます。

新聞を切り離すのに大活躍!ミシン目が得意、オルファ『ミシン目ロータリーカッター』

f:id:fumihiro1192:20210401201801j:image

昨日はエイプリルフールでした。家にいるロボット犬が、朝から「モ〜」と牛のような鳴き声をだしたので、すごく驚きました。すぐに販売元からエイプリルフールですと、アナウンスされたのですが、こういうの必要ない人もいるんじゃないのかなぁ(笑)。

 エイプリルフールでも全く影響なし

昨日はエイプリルフールだったのですが、僕の生活には全く影響ありませんでした。若い頃はもう少しスリリングな1日を楽しめたような覚えがあるので残念です。もっと、周囲がびっくりするような嘘をついて楽しめばよかったかなぁと反省しています。

昔、新聞を読んでいたら「火星に知的生命体がいた!」というニュースが掲載されていて、とても興奮して読んだ覚えがあります。でも、それはエイプリルフールにちなんだ事実無根の記事だったため、興奮して損したなぁという気持ちしか残りませんでした。

でも、昨日一日を思い返してみると、「あの上司の指示は嘘だったんじゃないか?」とか「あの会議での発言は嘘だったんじゃ…」とか、めちゃめちゃ不安になってきました。本当に罪な日ですね。そんな日はなくても良いのにと思ってしまったりします

前置きが長くなりました。今日の本題の文房具紹介をしていきましょう。


f:id:fumihiro1192:20210401201756j:image

僕が毎日使う文房具です

昨年から我が家は長く慣れ親しんだ中日新聞の定期購読をやめて、日本経済新聞に変えました。理由は、僕が平日はほとんどコンビニに立ち寄って日経を買うので、それならば一本化しようということになったのです。ひとつだけ問題があったんですけどね。

その問題というのは、こういうことです。僕はいつもカバンの中に日経を入れておいて好きな時に読みたいのです。でも、僕が新聞を持って行ってしまうと家に新聞がなくなってしまうという問題です。この問題が解決されないことには、新聞を切り替えた意味がありません。

そこで家族と相談してテレビ欄だけを毎日切り離して置いていく。そんなことで折り合いをつけました。うちの家族はほぼテレビ欄しか見ていなかったということもよくわかりました。そんな新聞の切り離しに活躍してくれているのが、この文房具です。


f:id:fumihiro1192:20210401201821j:image

オルファ『ミシン目ロータリーカッター』

そこで登場するのが、このオルファ『ミシン目ロータリーカッター』です。これは名前の通り、ミシン目に紙を切ることができます。僕は毎朝、新聞のテレビ欄をこのカッターで切り離します。何が良いかと言えば、切りすぎても新聞は離れずにいてくれるからなのです。

僕は大抵2枚一度に切れるくらい強めに切り込みを入れます。でも、強めに入れても、切り離さなければ大丈夫なのです。僕は切り離す必要があるところだけピリピリという感じで切り取ってから、残りの新聞をカバンにいれて出勤するのです。本当に便利なんですよ。

このカッターが流行したのは、もう10年くらい前になるでしょうか?未だに現役で頑張ってくれています。このロータリーカッターはバリエーションも増えていて、用途にあわせて使うように進化しています。ぜひぜひ、一度使ってみてくださいね。
f:id:fumihiro1192:20210401201816j:image

ロータリーカッターが欲しい方はこちら


f:id:fumihiro1192:20210401201807j:image
f:id:fumihiro1192:20210401201811j:image

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。読者の方に感謝です。

あわせて読んで欲しい僕の文房具ブログ

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com