img src="http:// →img src="https:// http://ecx. → https://images-fe.ssl-

『本と文房具とスグレモノ』

文房具は、身近で安価で即効性のある成長アイテムです。毎日、情報を発信してます。

全40色の水性サインペン『EMOTT(エモット)』発売決定プレスリリースです

f:id:fumihiro1192:20190302164849j:plain

おかざき文具博2019』で、三菱鉛筆の方に試し書きさせていただいて、このスタイルと書き味に惚れ込んでしまいました。写真もたくさん撮らせていただいたので、ブログに書いても良いかと確認すると「絶対ダメです。プレスリリース前ですから」とのこと。

「そんな殺生な!」と昭和のお笑いの人みたいな言葉がついつい出ちゃいました。でも、見た瞬間にスタイリッシュで洗練された良い水性ペンだということが伝わってきますよね。「売れるんじゃない?」というと「当たり前です!」という返事が返って来ました。

良い筆記具がたくさん市場に出回ることは良いことなんですよね。それは、選択が増えるということですから、選択肢の多いなかから「筆記具」「紙」そしてその「色合い」を選ぶということは豊かだということ。そして幸せだということに繋がるからです。

それでは、三菱鉛筆の水性サインペン『EMOTT(エモット)』を紹介しますね。

水性サインペン『EMOTT(エモット)』プレスリリースより

三菱鉛筆株式会社(本社:東京都品川区 社長:数原英一郎)は、商品のデザイン性にこだわり、8つのカラーグループからなる全40色の多彩な色調と、新開発のペン先で細く書き続けられる水性サインペン『EMOTT(エモット)』(本体価格200円+消費税、全40色)を4月19日(金)に新発売いたします。

近年、SNSなどの普及によって、自らのこだわりや個性を目に見える形で表現する「ビジュアルコミュニケーション」の機会が増えています。それに伴い、誰かに見せること、見られることを重視したデザインが好まれ、持ち物によって自らを表現する傾向があります。

このたび新発売する『EMOTT(エモット)』は、商品を持っているだけで「おしゃれ」「センスがいい」「かわいい」といった自らのこだわりが表現できる商品として企画いたしました。

また、新開発の耐久性のあるペン芯により、いつまでも細く書き続けられる、ストレスフリーな仕様になっています。

『EMOTT(エモット)』の企画背景を紹介します

f:id:fumihiro1192:20190302164853j:plain

『EMOTT(エモット)』は英語で感情を意味する“Emotion”を由来とする造語で、「自分の感覚や感性に従って表現する」という意味をこめています。
「私らしい色づかいで毎日を彩る」というコンセプトで、学生から30代くらいの女性がメインターゲットの新製品です。
従来のサインペン市場になかった、商品を持つこと自体が「おしゃれ」「センスがいい」「かわいい」といった自らのこだわりを表現することができる商品として企画いたしました。

水性ペンは紙の上での走りが良いですから自由にのびのびと書けますよね。「自分の感覚や感性に従って表現する」という言葉がぴったりくるような筆記具になれば良いと思います。筆記具本体にあまり主張がないのも、この部分を手助けしてくれるかも知れませんね。

『EMOTT(エモット)』の商品特徴です

■白で統一したシンプルなデザイン
従来のサインペンとは異なり、商品を持つこと自体がこだわりやライフスタイルを表現する一端となります。カラーを際立たせる白で統一した、周囲のものに調和して日常生活に溶け込みやすいデザインです。

f:id:fumihiro1192:20190302164900j:plain

・ペン本体のデザイン
ペン本体は、インク色を示すパーツが白い軸のなかで際立つ洗練されたデザインに仕上げております。角がなく、机の上でも転がりにくく握りやすいラウンドスクエア形状です。

・ケースのデザイン
持ち運びに便利なコンパクトな形状です。
5色ケースはペンとケースがぴったりとはまり、立てておくことが出来ます。10色ケースは蓋を開けた状態で自立するため、ペンが取り出しやすい形状です。40色ケースは2列にペンを収納するコンパクトな紙製の化粧箱です。

f:id:fumihiro1192:20190302164913j:plain

■8つのカラーグループで構成される全40色
『EMOTT(エモット)』は、色の組み合わせによって広がる印象をお楽しみいただきたいという考えのもと、あざやかな色のほか、深みのある色、淡い色など様々な色調の40色をラインアップしています。
色のラインアップは誰でも手軽にセンスのいい色選びが出来るよう、それぞれの色調が持つ個性を、5色ごとに8つのカラーグループにまとめています。これにより、お客様ご自身が今まで試したことのない色の組み合わせや、今まで気がつかなかった色の好みを見つけていただきやすくなり、お好みで色をお選びいただけます。

個性あふれる各カラーグループのテーマは以下となっています。

  • No.1 ビビッドカラー(気分が楽しくなる、あざやかな色合い)
  • No.2 パッションカラー(太陽のように、はつらつとしたカラー)
  • No.3 ビンテージカラー(落ち着いた、深みのある色合い)
  • No.4 アイランドカラー(自然・生命力を感じるカラー)
  • No.5 キャンディポップカラー(心弾む、新しいけど懐かしい色合い)
  • No.6 ネイチャーカラー(ナチュラルテイストな淡い色合い)
  • No.7 フローラルカラー(花を思わせる優しいカラー)
  • No.8 レトロカラー(懐かしさと洗練感を併せ持つ色合い)

f:id:fumihiro1192:20190302164856j:plain

■細く書き続けられる耐久性のあるペン芯
従来のサインペンのペン芯は書いているうちにつぶれてしまい、描線幅が太くなったりかすれたりすることがあります。『EMOTT(エモット)』は、従来のサインペンと異なりペン芯をアウターで覆うことでペン先がつぶれず、耐久性のある折れにくいストレスフリーなペン芯となっています。また、アウターがあることでペン先が守られ、様々な筆記角度での使用ができるだけでなく、描線幅が変わらずに0.4mmの細い線を描き続けることができます。

■耐水性インク
新開発の顔料インクを採用し、にじまず、裏抜けしないインクとなっています。
近年流行している手帳術のバレットジャーナルやノートへの文字書き、イラスト描きなど、多色使いが好まれるシーンでおすすめです。

f:id:fumihiro1192:20190302164905j:plain

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございます。感謝します。

あわせて読んでいただきたい僕の文房具ブログ記事です

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com