img src="http:// →img src="https:// http://ecx. → https://images-fe.ssl-

『本と文房具とスグレモノ』

文房具は、身近で安価で即効性のある成長アイテムです。毎日、情報を発信してます。

初心者用万年筆『kakuno(カクノ)』フル装備限定色発売!

f:id:fumihiro1192:20190617191518j:image

ペンズアレイさんの店頭に並んでます

ペンズアレイタケウチさんに遊びに行ったら、新しい『kakuno(カクノ)』が入っていましたので、写真を撮らせていただきついでにブログで紹介させていただきます。ニュータイプはコンバーターとお手入れスポイト付きです。売れないはずないですよね。

今回の価格設定は、¥1500+消費税ということで¥500値上がりしました。でも、インクをコンバーターで吸い上げて書く面白さが、この安価な万年筆で味わえるなんて夢みたいです。ぜひぜひ、お好きなインクで万年筆ライフを楽しんでくださいね。

僕はインクを楽しむ時にはつけペンで楽しんでいるのですが、この価格設定であるならつけペンから一歩昇格したインクはこれを使って楽しんでもいいなぁと思います。会社などで使う人も増えてきましたから、潜在的なユーザー発掘にも役に立つはずです。

パイロット 万年筆 カクノ コンバーター・お手入れスポイト付き FKA−150R 透明ブルーブラック TBB

コンバーター付きの万年筆は良いです

僕はカートリッジのインクを使っているとインクが切れた時にとてもストレスに感じます。ちょっと大げさですけど、悲しいくらいの気持ちになるのです。「ああ、インクが切れたかぁ」と、とても残念に思うのです。そのときかすれた文字も悲しいです。

でも、コンバーターを使っているとこの気分が違うのです。インクがなくなったときに「よし!またインク瓶からたっぷりと吸うぞ!」みたいな気分になれるんです。それはカートリッジを変えるのと、コンバーターでインクを吸う作業の違いだと思います。

インク瓶を開けて、インクを吸うという一連の行為が好きなんでしょうね。でも、この快楽を知ってしまったら、なかなか抜けられなくなると思いますよ。この「吸う」のが好きな人、全国にたくさんいらっしゃるはすです。同志の方、手を挙げてくださいね。

f:id:fumihiro1192:20190617191526j:image

書くって大事なことだと思う

僕はやっぱり書きながら考えるタイプです。何か課題があったり、目の前の問題を解決しなくてはならないときには、ノートとペンで書きながら考えます。すべて問題解決出来るわけではないですが、書きながら考えることは精神衛生的に良いです。

書き出すということの最大のメリットは「後戻りしない」ということです。頭の中で考えていると、何度も同じことを繰り返し考えてしまったりして堂々巡りをしてしまうことが多いです。でも、書き出せばそういうことがありません。これは効率が良いです。

そして、目標に向かって真っ直ぐに走っていると感じさせてくれます。書き足すごとに一歩づつ階段を登るように解決に向かっているような気分になります。そして、途中でやめても、また最初からでなく、その考えの途中から始めることが出来るのです。

f:id:fumihiro1192:20190617191522j:image

そして究極は誰かに相談出来るのです

書くことの素晴らしさは前章で書きましたが、人に相談する時に書いたものは大きな力を発揮します。自分が書いた問題へのアプローチを説明しながら、相談すればいいのです。恥ずかしがらずに書物を見せながら会話すれば話は早いですよ。

自分の目の前に現れる問題は、自分で解決出来ないものはないと言われてます。そして、きっと誰かが同じような問題に直面してすでに解決済みのものばかりだとも言われています。それはそうですよね。人類の歴史で初めてなんてことはないはずなのです。

そうであるならば、自分で考えて解決に向かうよりも、もう既に解決した人の力やアドバイスをお願いしたほうが良いに決まってます。そんな時に書いたものは威力を発揮するのです。相談相手が読んでくれますから、理解してくれるのも早いのです。

f:id:fumihiro1192:20190617200523j:plain

少し話が万年筆の話から「書く」ことの意味についてみたいになってしまいましたので、戻します。コンバーターが付いた『kakuno(カクノ)』とっても良いと思いますので、ぜひ見かけたら買ってあげてくださいね。

書くことがきっと楽しくなる万年筆『kakuno(カクノ)』です。

衝動買いしてしまった使っていないインクを消費する良いチャンスになると思いますよ。毎年良いインクがどんどん出てきます。使わないでどうするんですか?この言葉は、もちろん自分にも言い聞かせております。

『kakuno(カクノ)』が欲しい人はこちら

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。感謝します。

あわせて読んでいただきたい僕の文房具ブログです

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com