img src="http:// →img src="https:// http://ecx. → https://images-fe.ssl-

『本と文房具とスグレモノ』

文房具は、身近で安価で即効性のある成長アイテムです。毎日、情報を発信してます。

春の万年筆デビューに『カクノ』はピッタリです

f:id:fumihiro1192:20170408195048j:plain

昨日はラミーサファリについてこのブログで書いたのですが、意外なほど反響がありました。やっぱり万年筆が好きな人多いんですね。ちょっとだけ天狗になって、今日は昨年の一番人気の万年筆記事をリライトしてみます。宜しくお付合い願いますね。


パイロットの『kakuno(カクノ)』超がつくほどのお買い得万年筆です。書き味、持ちやすさ、そしてスタイル、などなど何をとってもこの価格で買えるなんて考えられないくらいの素晴らしい出来栄えです。素敵な商品を送り出してくれたものです。

文房具朝食会@名古屋のメンバーで万年筆について話しあったときのことをベースにしてブログ記事を構成したのですが、今になって読み返しても古くなっていないので、改めて『kakuno(カクノ)』の良さを感じますね。こういう文房具は生き残るはずです。

確か今買うならどの万年筆にするのか。そして一番コスパの高い商品はどれかという話になったのだと記憶しています。メンバーのみんなが口を揃えて「kakuno(カクノ)だよね!」と意見が一致したんです。買っておいたほうが良いですよ(^ ^)v

僕もそう思います。お手頃価格で手にいれることが出来て、万年筆が好きになる工夫が色々凝らしてある。現在のこの万年筆に勝てるものが見当たらないのです。ペリカーノジュニアが長い間守ってきた位置をあっという間に奪っていったという感じですよね。

僕は万年筆が好きになるためには、インクで書いた字の美しさをまずは好きになるのが良いと思います。中学生の時にもらった手紙が万年筆で書いてあって、ボールペンしか知らなかった僕にとってあまりに新鮮だったことを今でも覚えているくらいです。

インクで書いた字が好きになって、そういう字が書きたいという欲望が生まれ、そこから万年筆で書いて書いて書きまくりたい。そういう流れになるのが一番良いんじゃないかなと考えているんです。これからの時代にも、ここは通用するはずですよね。

そしてなにより¥1000(税別)

kakuno/万年筆・カクノ F細字【透明ボディ/ノンカラー】 FKA-1SR-NCF

万年筆といえば、数万円くらいは覚悟している人も多いみたいです。でも、最初にこの廉価版の万年筆で、自分と万年筆が合っているのかを確認してみるのがいいですよね。ここから「やっぱりボールペンでいいや」という人もいるかも知れませんからね。

万年筆を好きになるための万年筆『kakuno(カクノ)』「万年筆、僕に合うのかな?」と思っている方は、ぜひぜひお試しくださね。

f:id:fumihiro1192:20170408195055j:plain 

『カクノ』シリーズを紹介しますね

パイロット 万年筆 カクノ FKA-1SR-LF 細字 ブルー

パイロット 万年筆 カクノ FKA-1SR-LF 細字 ブルー

 
パイロット 万年筆 カクノ FKA-1SR-SP 細字 ソフトピンク軸

パイロット 万年筆 カクノ FKA-1SR-SP 細字 ソフトピンク軸

 
パイロット 万年筆 カクノ FKA-1SR-RM 中字 レッド

パイロット 万年筆 カクノ FKA-1SR-RM 中字 レッド

 

僕は絶対的に透明ボデーをオススメします!かっこいいですよ。

初めての万年筆が愛着あるペンになるんです

万年筆とのはじめての出会いが、大切なものとなるように。
カクノはそんな思いから生まれました。
シンプルだけれど、どこかかわいらしい。
その形には、「書くこと」へ自然と導くさまざまな工夫がつまっています。
こどもから大人まで、きっと書くのがたのしくなる。万年筆、カクノ。

合わせて読んでいただきたい僕の文房具ブログ

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com