img src="http:// →img src="https:// http://ecx. → https://images-fe.ssl-

『本と文房具とスグレモノ』

文房具は、身近で安価で即効性のある成長アイテムです。毎日、情報を発信してます。

1万円前後で買えるボールペンで現役最強は「伊東屋ROMEO(ロメオ)」です

伊東屋 ROMEO ボールペン 細軸 イタリアンブルー R244

 現役最強は「伊東屋ROMEO(ロメオ)」です

色々事情がありまして、某有名新聞社さんに行って新入社員に贈るボールペン比較をしてきました。国内海外を問わず会議室に集められた1万円前後のボールペンの中から最強を決めてきました。僕が選んだのは、このボールペンです。

伊東屋 「ROMEO(ロメオ)」

すべてのボールペンを書き比べて、デザイン批評して、コスパを確認して行ったのですが、僕の採点ではダントツ1位に輝きました。新入社員向けの贈り物にするなら、今後迷わずこのボールペンを贈ります。

ちょっとこの筆記具の右にでるものはありませんでした。もちろん、このような批評は体調にもよりますし、気分にも左右されるデリケートなものであることは重々承知しております。でも、先週の僕にとってはロメオがダントツだったのです。

 新入社員へのプレゼントに最高です!

今回の僕の設定は「新卒で会社に入った子が職場で使って欲しいボールペンを贈る」でした。なんともワクワクする設定ですよね。自分の好きなものを贈りたくなるのですが、ここはぐっと我慢してセレクトに入りました。

その贈る相手の子には職場で可愛がられて欲しいですからね。あまりチャラチャラしたものは絶対に避けたいですし、華美過ぎてもだめ、クリップが付いていて、ビジネスシーンにマッチするものが良いですよね。

そんな思いで選んでいたら、目の前に「RMEO(ロメオ)でしょ!」と、鎮座しておられました。僕はブランドで選ぶのか?コストパフォーマンスか?それともデザインか?と考えていたモヤモヤが一気に吹っ飛びました。

重心バランスが疲れない筆記具の秘密です

 このボールペンを持てばすぐわかると思いますが、重心バランスが絶妙に良い感じです。ちょうど、中央部のリングがあるところに重心がくるように作られているのです。ちょうど持つ部分のちょっと上あたりですね。

この部分に重心がくると「疲れにくい」という特性が発揮されます。ボールペンは名前の通り先端部分にあるボールを力を入れて紙の上を転がさないとインクが出ない構造になってます。インク漏れを防ぐためでもあります。

だから、ボールペンは疲れやすい筆記具であるとも言えるのです。それをカバーするのが重心バランスなんです。ロメオの重心はその部分をしっかりと考えて作られているんですよ。どうです?ストーリー性もバツグンでしょ?

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございます。読者の方に感謝です。

あわせて読んで欲しい僕の文房具ブログ

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com