img src="http:// →img src="https:// http://ecx. → https://images-fe.ssl-

『本と文房具とスグレモノ』

文房具は、身近で安価で即効性のある成長アイテムです。毎日、情報を発信してます。

【名古屋で朝活】文房具好きが集まる『文房具朝食会@名古屋』を紹介します

f:id:fumihiro1192:20180203113817j:plain

 文房具朝食会@名古屋を紹介します

今日は「文房具朝食会@名古屋」という僕が主催しているコミュニティーを紹介します。2010年に開始したので、10年目に突入しました。早いものですね。コツコツと続けられることは健康の証ですので嬉しいかぎりです。

※ずっと2009年に発足したと思い込んで(?)きたのですが、mixiの古いデータを調べてみると2010年の7月が第1回の開催だったようです。忘れないうちにブログに書いておきますね。

2010年当時は「朝活」と呼ばれるものが流行していて、会社や学校に行く前にカフェなどに集まって自己研鑽する集まりが雨後の筍のように乱立していたのです。僕たちもそのブームに便乗して、このコミュを立ち上げました。

別に流行に敏感だったというわけではありませんが、会社と自宅の往復だけの人生に嫌気がさしていて、新しい刺激を求めていたのだと思います。もっといえば、新しい友達が欲しかったんです。この願いはしっかり叶えられました。

f:id:fumihiro1192:20190104114228j:plain
f:id:fumihiro1192:20190104113406j:plain
f:id:fumihiro1192:20190104105803j:plain
f:id:fumihiro1192:20191028200559j:plain
f:id:fumihiro1192:20191027161654j:plain
f:id:fumihiro1192:20191028184936j:plain
f:id:fumihiro1192:20191025093002j:plain
f:id:fumihiro1192:20191024183730j:plain
f:id:fumihiro1192:20191022071121j:plain

組織を継続するのは難しいです

僕たちは継続することを大切さと難しさをよく理解していたので「月に一回くらいのペースを守って細く緩く長く続ける」ということを念頭において活動を続けました。振り返るとよく続いたものだなぁと思います。

長く続けるコツは簡単です。「一人でもやる」と覚悟を決めてやればいいのです。この道の師匠である美崎栄一郎さんは、有名な築地朝食会を主催されていますが、誰も集まらず一人でお寿司だけ食べて帰られたことがあったそうです。

僕もこの覚悟を持って主催してます。でも、見かけの通りに寂しがり屋なので耐えきれないので、最低でも2人以上になるように工夫しています。その工夫とは開催する前に誰か絶対に誘って了解をもらっておくことです(笑)

一人では耐えきれなくても2人なら何とかなりそうですからね。おじさん2人で珈琲を飲んでランチを食べて過ごすのは屈辱的でも何でもなくて、むしろ快感なので楽しいです。こういう気持ちを維持できる人が継続できるのです。

文房具朝食会@名古屋、2019年の活動報告

f:id:fumihiro1192:20180203113819j:plain
振り返ってみますと、結構濃い内容でやっていますね。主催者としての責任を感じて一生懸命企画していることがよくわかります。涙ぐましい努力ですので、機会があれば主催者の人をねぎらってあげてください。お願いします。

こういうコミュニティーを運営していますと、人間関係や組織運営のとても良い勉強になります。本当にいろんな人がいますからね、様々な人と距離を考えながらやりくりしていくのは、僕には新鮮で面白い経験です。良いですね。

これからもこの勢いで継続していきます!

是非是非、都合をつけて文房具朝食会@名古屋に参加してくださいね。

第124回の文房具朝食会@名古屋の開催の模様です

f:id:fumihiro1192:20191222120822j:plain
f:id:fumihiro1192:20191222120819j:plain
f:id:fumihiro1192:20191222120816j:plain
f:id:fumihiro1192:20191222120812j:plain
f:id:fumihiro1192:20191222120809j:plain
f:id:fumihiro1192:20191222120806j:plain


最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。感謝です。

あわせて読んでいただきたい僕の文房具ブログ

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com