『本と文房具とスグレモノ』

文房具ライター:フミヒロです。身近で安価で即効性のある成長アイテムが文房具です。毎日、情報を発信します♪

長さ100mmの消しゴム「モノステック」がよく消えるのでオススメします!

f:id:fumihiro1192:20181017202027j:plain

今日、会社の会議で偶然隣に座ったおじさんが『モノステック』を使っていたので感動しました。なんてこだわりのある文房具を使っているんだろう、見た目はさえないのに。人は見た目で判断してはいけないということが、よくわかりました。

そのおじさんに「どうしてこんな素敵な消しゴムを使っているんですか?」と、唐突に質問してみましたところ「これが良く消えるんだよ」と、会議中には全く見られなかった爽やかな笑顔で答えてくれました。素敵なおじさんでした。

そんな偶然がありましたので、今日は株式会社トンボ鉛筆が誇るとっても良く消えるホルダー消しゴム『モノステック』を紹介しますね。このペン型の消しゴム、使い出すと絶対にはまると思います。おすすめの文房具です。

それでは、この文房具の紹介をさせていただきますね。

株式会社トンボ鉛筆のプレスリリースより紹介します

f:id:fumihiro1192:20181017202023j:plain

株式会社トンボ鉛筆(本社・東京都北区、社長・小川晃弘)は、ノック式ホルダー消しゴムの新製品を2月9日に発売します。定評のあるブロック形の「モノ消しゴム」と字消し能力や使用感が同じホルダー消しゴムです。

商品名は「モノスティック」。ホルダーのカラーはモノカラー=写真、ブルー、ピンクの3色。希望小売価格は税込216円(税別200円)です。専用替え消しゴムは希望小売価格税込108円(税別100円)です。
本製品の特長は、ブロック形の「モノ消しゴム」と同じプラスチック消しゴムをスティック形にして、ペンタイプのノック式ホルダーで使用する点です。

消しゴムは、広く愛用されている青白黒3色柄のブロック形「MONO(モノ)PEシリーズ」と同じプラスチック消しゴムで、字消し能力と使用感を変えずに直径6.7ミリ・長さ100ミリのスティック形にしました。字消し能力は90%超※です。

本製品はプラスチック消しゴムの使用を指定しているマークシート方式の試験などの修正具として利用できます。これまでのホルダー消しゴムの多くは合成ゴムを使用していました。
※字消し能力評価はJIS6050に準拠

ホルダーは、直径12.5ミリ・長さ130ミリのペンタイプです。筆記感覚で消せて、携帯に便利です。先端部の軸径を細めにして消しゴム先端を見やすくしています。繰り出しは尾端のノックボタンで。ワンノックで約1.5ミリの消しゴムを繰り出します。消しゴムは押し込んで収納でき、携帯時にも消しゴム表面が汚れません。(ホルダーで使用できる消しゴム実効長は77ミリです)。

f:id:fumihiro1192:20181017202031j:plain
f:id:fumihiro1192:20181017202041j:plain
f:id:fumihiro1192:20181017202034j:plain

その他の特長
■A罫B罫ノートの一文字修正に最適な直径6.7ミリ消しゴム。

■ペンポーチの中でかさばらないクリップレス。

■ノック部に転がり止めを設けました。

■クリアボディで消しゴムの残量確認ができます。

■ノックキャップを外して替え消しゴムを補充。経済的なつめ替え式。


『モノステック』の商品スペックはこちらになります。

f:id:fumihiro1192:20181017202037j:plain

ペン型の消しゴムはペンケースにフィットするので使い易いですよね。今時の文房具はペン型のものが多いですよね。消しゴムもハサミもノリもペン型で統一出来ちゃうから、それならそれで便利ですよね。ちょっと憧れます。

さらにはこのホルダー消しゴムというのはペンタイプでノック式で少しづつ出てくるタイプなのです。自分の力加減を加味した長さにしておけば、とっても消しやすく使えますよ。これは普通の固形タイプの消しゴムでは出来ない芸当なんです。

いかがですか?気に入りましたか?

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございます。感謝です。

あわせて読んでいただきたい僕の文房具ブログ記事です

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com