img src="http:// →img src="https:// http://ecx. → https://images-fe.ssl-

『本と文房具とスグレモノ』

文房具は、身近で安価で即効性のある成長アイテムです。毎日、情報を発信してます。

スタバノートに新色が登場!『スターバックス キャンパスリングノート』一番目立つピーチピンクがオススメです

f:id:fumihiro1192:20200906153304j:plain

以前、このブログに書きました『スターバックス キャンパスリングノート』に、新色が追加されました。僕は一番鮮やかで目立つピーチピンクをオススメします。ピーチピンクを早口で3回言えたら、あなたの心はすでにこのノートに支配されています(笑)

コクヨとスタバのコラボ企画です

コクヨが、スタバの「限りある地球の資源を大切に使いたい」という想いに賛同し、共同開発によって誕生した「スターバックス キャンパスリングノート」の新色が、9月2日(水)から全国のスタバの店舗及びスタバのオンラインストアにて発売されます。デザインが素敵なので文房具好きとしては気になります。

このノートは、全国のスタバの店舗から年間約1,000トン出るミルクパックを丁寧に回収し、リサイクルすることで表紙として再活用したものです。2019年8月の発売以来、持続可能な社会の実現に貢献したいという両社の趣旨にご賛同頂いたお客様より、大変好評なのです。

今回発売される新色は、落ち着きのあるネイビーとピーチピンクの2種類です。加えて、2019年に数量限定で販売したグレー、定番のホワイトも合わせてラインアップしています。

また、ミルクパックがノートの表紙として生まれ変わるまでに、店舗のバリスタから工場の職人、そしてお客様へと、多くの人の手から手へと渡り、グリーンな未来への想いがつながっていく様子を描いたコンテンツを、9月6日(日)以降、スターバックスWEBサイトや両社のSNSを通じて、順次公開していきます。

www.kokuyo.co.jp上記の文章は、こちらの記事を参考に書かせていただいてます。さすがに、実際に書き込むところはミルクパックの再生紙ではなく、通常のキャンパスノートを使っているのですが、それでも、この再利用したいという心意気は買いたいですね。

落ち着いた雰囲気で、環境も整っているし、読書や勉強にもってこいのスタバですから、時間があるときには僕もよく利用しています。会社帰りでも開いているので便利です。今日は、そんなスタバの再生紙表装のキャンパスノートを紹介していきますね。

スタバのミルクパックの再利用です

f:id:fumihiro1192:20200906153311j:plain

確かにスタバならミルクパックを大量に使うでしょうね。それを再利用してノートにして、売り出すっていうのは良い発想ですね。スタバで働いている人たちから出た発想なら、なお良いと思います。持続可能な世界に向けて企業が出来ることを地道にやってますね。

まさに、SDGsの世界です。

今回作ったのは、スターバックスのお店から集めた「ミルクパック」を使⽤して作ったキャンパスノートです。表紙と裏表紙に「ミルクパック」を主原材料とした再生紙を使⽤しています。中紙はシンプルな⽅眼罫なので、様々なシーンで、幅広い年齢層にも、ご使⽤いただけます。

毎日使うものだから、少しだけ環境のことを考えたものへ変えていくだけで、大きな変化を生み出すことが出来ます。

私たちスターバックスが、私たちらしいやり方で、これからの社会に貢献したい、そんな思いを込めてこのノートを作りました。表紙の内側には、商品にこめたメッセージを掲載しました。

ホワイトの他に、グレー / ピーチピンク / ネイビーもございます。ぜひあなたの好きなカラーをお選びください。

f:id:fumihiro1192:20200906153316j:plain

f:id:fumihiro1192:20200906153322j:plain

これからノートの表装などは、再利用した紙がメインになるんでしょうね。

そうなると、ますますデザインの勝負になりますから、才能のあるデザイナーさんが評価されて脚光を浴びる世界がやってきます。そして、そのデザインでの勝負は我々のような素人にも開かれた場所になります。ワクワクしてきますよね。その未来に向かって頑張りましょう。

再生紙の表装に、自分がデザインしたものを表現して個々で持つようになると面白いですね。そうか、そういう時代に今から備えなくてはならないというアラームがここにも出ているのですね。とても勉強になります。

このノートが欲しい方は、こちら

スターバックス キャンパスリングノート スタバ Campus (ピンク)


最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。読者の方に感謝です。

あわせて読んで欲しい僕の文房具ブログ

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com