img src="http:// →img src="https:// http://ecx. → https://images-fe.ssl-

『本と文房具とスグレモノ』

文房具は、身近で安価で即効性のある成長アイテムです。毎日、情報を発信してます。

捨てる技術!簡単に出来る3つのステップ

f:id:fumihiro1192:20190925182737j:plain

 捨てる技術を極めましょう

僕は文房具と書籍をじゃんじゃん購入してしまいますので、部屋の中はその獲物たちでいっぱいです。自分で定期的に掃除するので、足の踏み場もないというほどではないのですが「独身なの?」と思えるくらいの部屋に住んでます。

家族はかなりの部分で諦めているので、もう何も言いませんが、時々独断で書籍や文房具を処分したりするので気をつけなくてはなりません。家族が最低限我慢出来るくらいの部屋の綺麗さを保っていなくてはトラブルの元なのです。

今日は僕が定期的にアップしている3つの「捨てる技術」について書いていきます。読者のみなさんの中にも物が捨てられなくて困っている人がいたら、こういう情報を共有して、励まし合って暮らして行きましょう。では、スタートです。

f:id:fumihiro1192:20190925182745j:plain

まずは、印刷物はすべて捨てましょう

僕自身、捨てられない本があるので言いにくいですが「印刷物」は捨てましょう。印刷したものは何とかリカバリー出来るのです。雑誌、パンフレット、テキストなど、捨てられなくて積んであるものは、今日のうちに捨てましょう。

僕は大学生くらいの時に『少年ジャンプ』が捨てられなくて、部屋の一角が柱のようにその雑誌が積まれていました。毎週溜まっていくんですが、何年かするうちに読む返しもしない雑誌を置いておくのがバカらしくなって処分しました。

さらには本も何千冊も持っていたのですが処分しました。よくよく考えたら図書館があるし、読みたくなったら買えばいいということに気がついたのです。この考え方、素敵でしょ?劇的にスペースが確保出来るようになりますよ。

f:id:fumihiro1192:20190925182740j:plain

使えなくなったものを処分すること

服ならもう着なくなったもの、もっと言えば今シーズン一度も着なかった夏服は今日捨てましょう。僕も明日は可燃ゴミの日ですので、このフィルターをかけてクローゼットの整理をします。毎シーズンやっているんですけどね。

以前の僕は服を買うのが好きで、とても似合いそうもないものまで購入してました。「もしかしたら着る機会がくるかもしれない」と思って購入しちゃうんです。困ったものですよね。こんなバカな行為は絶対にやめたいです。

さらにはインクの出なくなったボールペンや全然使う予定のないノートなど、処分できないなら寄付しましょう。寄付のチャンスは定期的に巡ってきますので、これはオススメです。捨てるより精神衛生上も良いですからね。

f:id:fumihiro1192:20190925182734j:plain

大きなゴミ箱を買っておいておく

この方法は僕も先輩に教えていただいたんですが、大きなゴミ箱を用意してどんどん思いついたものから捨てていくと良いそうです。そして、ゴミ箱に一度捨てたものを再度拾い上げたりしないように蓋付きのものがいいですね。

僕たちのどんな心理が働くのは知りませんが、大きなゴミ箱にドンと投げすてるように捨てるのは快感なんです。僕の部屋のゴミ箱はまだまだ小さいので、雑誌が軽くダンクイン出来るようなものを部屋の隅に置いておきたいものです。

これがあると1番、2番で紹介した内容がいとも簡単にクリアできるようになります。決断も早くなって「これ要らないから処分しよう」という行動もスムーズに出来ちゃうのです。どうです?すごい話でしょう?

f:id:fumihiro1192:20190925182732j:plain

捨てる技術の関連書籍です

モノが少ないと快適に働ける: 書類の山から解放されるミニマリズム的整理術

モノが少ないと快適に働ける: 書類の山から解放されるミニマリズム的整理術

 
ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

 
手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法

手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法

 
ミニマリストな暮らし方

ミニマリストな暮らし方

 
人生を思い通りに操る 片づけの心理法則

人生を思い通りに操る 片づけの心理法則

 
ラクに、すっきり、自分らしく 大人の小さなひとり暮らし

ラクに、すっきり、自分らしく 大人の小さなひとり暮らし

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。読者の方に感謝です。

あわせて読んでいただきたい僕の文房具ブログ記事 

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com