img src="http:// →img src="https:// http://ecx. → https://images-fe.ssl-

『本と文房具とスグレモノ』

文房具は、身近で安価で即効性のある成長アイテムです。毎日、情報を発信してます。

1000円で買える大人気シャープペンシル『スマッシュ』に限定カラー登場です

f:id:fumihiro1192:20190320222521j:plain

f:id:fumihiro1192:20190320222037j:plain

会社の後輩が「スマッシュ、持っていませんか?」と、そっと僕のデスクに近づいてきました。その子は(男子ですけど)時々僕にすり寄ってくるので、よっぽど文房具好きなんだろうなぁと思います。文房具案件なら仕方ないです。僕の愛用のを貸してあげました。

1週間ほど経って「すごいです!やっぱり買う事にしました」と、ちゃんと返却してくれました。試し書きして、何日か試してみてからちゃんと購入するか検討が出来るって幸せなことですよね。僕も筆記具はこんな感じで購入を決めたいものです。

スマッシュというのは、ぺんてる株式会社が1987年に発売した伝説となるくらいの素晴らしいシャープペンシルです。¥1000という価格で世界最高峰のの技術レベルのものが買えるという事で、中高生の間で大人気なんですよ。本当に書き味は抜群です。

今日はその伝説に限定カラーが登場したというニュースをキャッチしたので紹介させていただきますね。スマッシュファンの人にはたまらない重量感のある色合いに仕上がっていますので、自分用でもプレゼント用でも良いので入手しておくと良いと思います。

限定カラーはすぐに中高生たちに買い占められてしまうので、欲しい方はおはやめに予約しておくと良いと思います。とりあえず、全色欲しいなぁ。文房具好きの物欲を掻き立てられる素敵な色合いのシャープペンシルです。

それではプレスリリース記事から、どうぞ!

ぺんてる株式会社は、中高生に大人気のシャープペン「スマッシュ」の0.3mm復刻を記念して、スマッシュの開発当初のコンセプトを表現した限定カラー(0.3/0.5mm)を、2019年3月23日(土)より、全国の文具取扱店で発売します。

1987年に発売のスマッシュは、知る人ぞ知る名品シャープペンとして愛されてきました。そしてここ数年、その書き心地や見た目の格好良さがSNSで話題となり、中高生に評価されたことで、1,000円という価格でありながら、爆発的なヒット商品となりました。0.3mmは過去に廃番となっていて、現在は0.5mmのみの製品ラインナップとなっていましたが、2019年3月23日に再発売が決定しています。
その0.3mmの復刻に合わせて限定カラー(0.3/0.5mm)を同時発売いたします。限定カラーは、スマッシュの開発当時のコンセプト「ガンガンとタフに使える」を現代に落とし込み、レースやラリーで「タフに闘う」バイクをイメージしたデザインとしました。

【参考: スマッシュ0.3について】
(2018.2.21配信リリース)シャープペンブームの火付け役スマッシュ 待望の0.3ミリを復刻発売!
http://www.pentel.co.jp/news/10329/

『スマッシュ』の限定カラーについて

f:id:fumihiro1192:20190320222026j:plain

・「タフさ」を表現する、バイクをモチーフにしたデザイン
スマッシュのデザインはもともと「タフさ」を表現するために、バイクがデザインモチーフとなっています。そのようなルーツから、今回の限定カラーは、レースやラリーで「タフに闘う」バイクをイメージしています。

 

f:id:fumihiro1192:20190320222045j:plain

・1つ1つのパーツにまで工夫を凝らした、こだわり満載仕様
メタリック塗装の先金や、色つきのラバーゴムなど、今までにないこだわり満載のパーツを採用することで、「タフに闘う」バイクを表現しました。特に、他の芯硬度もうっすら透けて見える、半透明の芯硬度表示パーツは、バイクのメーターをイメージした遊び心です。

『スマッシュ』限定カラーの販売仕様です

f:id:fumihiro1192:20190320222023j:plain

■その他参考資料■
【スマッシュについて】
スマッシュは、1987年の発売、先行して発売されていた製図用シャープペン「グラフ1000」のスペックのいいとこ取りをし、タフに使える一般向けシャープペンをコンセプトに開発されました。発売当時は、キャラクターものや、100円という低価格シャープペンが多く、1,000円の一般向けシャープペンというのは、異色な存在だったといえます。1987年にはグッドデザイン賞「教育用品部門」の大賞を受賞。「スマッシュ」は発売当時からマイナーチェンジが行われておらず、今も当時の姿のままで発売されています。
スマッシュの中の部品には「グラフ1000」と同じものが使われています。シャープペンの心臓部ともいえる、芯をつかんでカチカチと繰り出す役割の「チャック」という部品が金属性で、精密に芯を繰り出すことができます。「スマッシュ」は製図用シャープペンから引き継がれた「こだわりのプロ仕様」シャープペンといえ、近年SNSで評価が高まったことをきっかけに爆発的ヒット商品となっています。

『スマッシュ』の商品特長

f:id:fumihiro1192:20190320222033j:plain

・安定した書き心地が続く!ペン先と一体化したグリップ
シャープペンでは珍しく「先金(さきがね)」と呼ばれるペン先部分とグリップが一つのパーツでできていて、グリップがペン先と一体化しているため、使っているうちにペン先が緩むことがありません。

f:id:fumihiro1192:20190320222040j:plain

・しっかり握れる!ラバー付きグリップ
小さな四角のラバーが特徴的なグリップは、滑り止めが効いてしっかり握れます。
また、前軸全体が真ちゅう製で、ペン先側がやや重く、バランスのいい低重心となっています。

f:id:fumihiro1192:20190320222030j:plain

・書いている文字が見やすい!4mmパイプ
製図用シャープペンに使われているプロ用の4mmパイプを、一般用シャープペンに採用しました。

【「心地よさとプロ仕様の両立」Amazon筆記具ランキング1位のペン】
http://pentel.blog.jp/archives/2482523.html?ref=popular_article&id=5914278-1586725

■お問合せ先■
ぺんてる株式会社 お客様相談室 (フリーダイヤル)0120-12-8133

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。感謝します。

グラフ1000」は、ペンケースの中で今でも1軍選手として活躍しています。若手の文房具好きの社員の贈り物にセレクトしたこともある機能性抜群のシャープペンシルです。

あわせて読んでいただきたい僕の文房具ブログ記事です

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com