img src="http:// →img src="https:// http://ecx. → https://images-fe.ssl-

『本と文房具とスグレモノ』

文房具は、身近で安価で即効性のある成長アイテムです。毎日、情報を発信してます。

目に当てて覗くだけ!ハッキリと見えちゃう不思議な定規『メガミエ』

f:id:fumihiro1192:20190506180052j:image

ピンホール原理の思い出

僕が高校生の時に近眼が進行してきてすべてのものがボンヤリとしか見えなくなってきた時に友達が「人差し指を丸めてその中心に出来た隙間から覗くとはっきり見えるよ」と教えてくれた。やってみると裸眼で見るよりもはるかに鮮明に見えたので驚いた。

その友達は、野球漫画の『ドカベン』の中で、この方法で相手ピッチャーの握りを見て球種を特定してバッターに伝えるという攻略法を読んで私生活にも応用したのだが、この方法はピンホール原理として、昔からよく知られているようだ。

そんな思い出を持つ僕が、この原理を定規に応用したサンスター文具の記事を読んで今日のブログ記事のネタに取り上げました。是非、この定規を試して楽しんで欲しいです。まずは、僕の指の画像を載せておくので真似して覗いて楽しんでもらいたいです。

不思議定規『メガミエ』発売です

f:id:fumihiro1192:20190506175732j:plain

サンスター文具株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:小林 大地)は、文字が見えづらい・ぼやけて見える時に定規のピンホール(孔)を目に当てて覗くだけで、見えにくいものがハッキリ見える『メガミエ』全4色(300円税抜/324円税込8%)を2019年3月下旬より順次展開いたします。子供から大人まで使えるサイズ設計です。

とても大人が使うとは思えないけれど、子供から大人まで使えるサイズ設計になっているそうです。会社で使っていると、頭がおかしくなったかと思われるかもしれないので、是非使ってたいと思います。これは絶対に買いの文房具ですね。

そもそもピンホール原理とは?

近視・遠視の場合、目に入った光は目の網膜部分からずれた位置に焦点が合うようになってしまっています。ピンホール(孔)を通して見ることで目に入ってくる光の範囲が制限され、正視に近い位置に焦点が合うようになり、ハッキリ見えるようになります。

f:id:fumihiro1192:20190506181506j:plain

なんとなくわかるような気がするけど、原理はよくわからないですね。こんなことをするくらいなら眼鏡やコンタクトレンズを購入した方がよっぽど鮮明に目的のものをみつことが出来ると思いますが、それを言っては身も蓋もないのでやめます(笑)

商品特徴と使用方法の紹介です

f:id:fumihiro1192:20190506181918j:plain

<こんな見えづらい症状の方におすすめ!手軽に持ち運んでサッと取り出せる>

「たまに目を細めて見てしまう」「会議中スライドの文字が見えづらい」「黒板の一番下の文字だけぼやけてしまう」といった見えづらさを感じている方におすすめです。ペンケースに入れて持ち運べ、見えづらさを感じた時に、サッと取り出して使用することができます。定規として普段使いもできるプラスαの機能が付いた便利な定規です。

<子供から大人まで使えるピンホール設計>

同じ大きさのピンホール(孔)の最短距離~最長距離を子供と大人の瞳孔距離に合わせることで、子供から大人まで使用できる設計にしています。

瞳孔距離(子供:約50~60mm/大人:約62~68mm)

※数値はおおよその目安です。

※子供:12歳以下の平均距離を想定。

・ピンホール(孔)から覗いて使用してください。

・通常は大きい孔を使用します。野外や明るい部屋、

 モニターやプロジェクターなどの発光体を見る場合は、

 小さい孔を使用してください。

・使用する際、色の濃い面を目の側にしたほうが、よりハッキリ見えます。

 ※ブラックは両面とも同色のため、どちらから覗いても見え方は変わりません。

『メガミエ』商品概要です

商品名   :『メガミエ』

希望小売価格:300円(税抜)/324円(税込8%)

本体サイズ :W160×H33×D2mm

材質    :PMMA

種類    :全4色(ブラック・ピンク・ブルー・グリーン)

生産国   :日本

 

URL

http://www.sun-star-st.jp/campaign/standard_stationery/megamie_ruler/index.html

¥300なら絶対に買いですよね!税込みで¥324、コスパ抜群です。これで話のネタになるなら安いですよね。「ちょっとこの穴から覗いてみて!」そんな掴みで話に入れば、クラスの人気者になれること間違いなしです。(絶対ではないですけど)

『メガミエ』欲しい方はこちら

最後までこんな文房具紹介におつきあいくださいまして、ありがとうございます。読んでくださった読者の方にはいつも大変感謝しております。毎日、朝6時にアップしているこの文房具ブログをこれからもよろしくお願いいたします。

「いいね」や「ブックマーク」などで応援くださると大変励みになります。そちらも出来ましたらよろしくお願いいたしますね。

あわせて読みたい僕のブログ記事

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com