img src="http:// →img src="https:// http://ecx. → https://images-fe.ssl-

『本と文房具とスグレモノ』

文房具は、身近で安価で即効性のある成長アイテムです。毎日、情報を発信してます。

【僕の注目本】デスクと気持ちの片付けで『見違える、わたしの仕事時間』

f:id:fumihiro1192:20171105195217j:plain

とっても良い本をリアル書店で見つけたので紹介しますね!

整理収納アドバイザーEmiさんの『デスクと気持ちの片付けで「見違える。わたしの仕事時間」』という本です。この本を読んで感動しました。すごく良いです。

実は僕も若い時は会社に行きたくない日が1週間のうちに5日くらいありました。僕のやっていた仕事はストレスの塊のような仕事で、そもそも上司も相談に乗ってくれなくて、さらにはその上の役員が「どうするんだ?」と迫ってくるんです。

そんなこと知らんし、仕事なんてどうでも良いと思っていました。

でも、そのつまらない仕事を変えてくれたのがローテーションという社内制度です。僕はローテーションの渦に巻き込まれて5回ほど部署を異動しました。そのたびに、強くなりましたし、仕事が楽しくなりました。人間変わるなぁと思いました。

結構、文房具を使いながら小さなことを効率化していったことが結果的に良かったのかなと思います。そのプロセスとエッセンスがこの本の中にいっぱい詰まっているんですよね。ちょっと読んでいるうちに、泣けちゃいそうでした。良い本ですよ。

デスクと気持ちの片づけで 見違える、わたしの仕事時間 (正しく暮らすシリーズ)

デスクと気持ちの片づけで 見違える、わたしの仕事時間 (正しく暮らすシリーズ)

デスクと気持ちの片づけで 見違える、わたしの仕事時間 (正しく暮らすシリーズ)

 

f:id:fumihiro1192:20171105195219j:plain

『見違える、わたしの仕事時間』内容紹介

「今日も1日、いい仕事ができた! と思って帰りたい」「明日の朝、気持ち良く会社に向かいたい」
そんな願いをかなえるため、大人気整理収納アドバイザーのEmiさんが実践している仕事をラクにするテクニック88。
時間の使い方、資料整理、デスクづくり、打ち合わせ、メール…日々忙しく働いているとなかなか見直せない仕事のあれこれを、少しずつラクにする工夫をぎゅっと詰め込みました。小さな不便をそのままにせず、工夫を重ねてきたEmiさんならではのアイデアは、明日会社で試したくなるものばかり。気がつくと「あれ? 仕事がラクになってる」と思えるはずです。

◎A4透明クリアファイルですべての書類を管理
◎1週間をうまく回すには、日曜夜の5分が決め手
◎自分のデスクにキャッチフレーズをつける
◎打ち合わせと会議から、仕事を持ち帰らない
◎時短目線の文房具選び
◎社内でバッグインバッグを持ち歩く

【CONTENTS】
CHAPTER1 仕事がラクになる整理収納&モノ選び
CHAPTER2 仕事がラクになるテクニック34
CHAPTER3 みんなの働き方FILE01〜09
CHAPTER4 仕事がラクになるコミュニケーション&気持ちの片づけ

なんとなく会社に行きたくないなら、休暇届けを上司に叩きつけてこの本を読もう!

最後まで読んでいただいてありがとうございます。感謝です。

合わせて読んでいただきたい僕の文房具ブログ

fumihiro1192.hatenablog.com

fumihiro1192.hatenablog.com

fumihiro1192.hatenablog.com

fumihiro1192.hatenablog.com