『本と文房具とスグレモノ』

文房具ライター:フミヒロです。身近で安価で即効性のある成長アイテムが文房具です。毎日、情報を発信します♪

職場や家庭での落ち着いた雰囲気を大事にする人は「オフホワイトボード」いかがでしょうか?

f:id:fumihiro1192:20181023180541j:plain

僕は、毎日のように職場でホワイトボードを使っています。朝のミーティングから速攻でホワイトボードの前に立って情報を共有しながら、方向性を決めています。もう、これなしでは仕事が出来ないほどに頼り切っております。

言葉で表現しても、人によってイメージするものが違うのは当たり前のことであります。僕が「お月様」と言っても「満月」「半月」「三日月」と、人によって受け取るイメージが違うんですよね。その齟齬をなくす努力が必要なのです。

その齟齬を埋めてくれる最高のツールがホワイトボードです。ぜひともそばに置いて会話や会議の中でご活用ください。必ずや貴方と貴方の組織に恩返ししてくれる素敵な文房具なんですよ。間違いはありません。

そして僕はミーティングが終わったあとにカメラで写真を撮って、参加者全員に送るようにしているのです。その時に、室内でも妙に光ってしまって困ったことが何度もあります。今日は、そんなトラブルを回避するためのアイテムです。

目にやさしい『オフホワイトボード』が出ました!

f:id:fumihiro1192:20181023180544j:plain

文具製造販売を行う株式会社レイメイ藤井(本社:東京都江東区 / 代表取締役社長:藤井 章生)は、目にやさしく、インテリアに合わせやすい、オフホワイト色のホワイトボードを10月に発売します。

ボード板面に、目にやさしい色合いで、お部屋の壁紙でも人気のオフホワイト色を採用したホワイトボードです。「真っ白なホワイトボードだと、光の反射が強くて目がつらい」「真っ白なホワイトボードが、部屋のインテリアに合わない」などのお悩みに応えました。フレームもオフホワイト色で統一し、インテリアによりなじむ、落ち着いた雰囲気のホワイトボードになっています。(レイメイ藤井のプレスリリースより)

いかがでしょうか?ご理解していただけましたでしょうか?真っ白なホワイトボードだと光の反射が強くて目につらいとか、部屋に合わないという使う人のニーズに応えた「オフホワイト」のホワイトボードなのです。

僕はプロジェクターを使って資料を写しながらセッションすることも多いので、オフホワイトになると、さらに使いやすくなるんではないかと期待しています。一番大きなタイプを買ってデスク横に常備したいと思います。

f:id:fumihiro1192:20181023180548j:plain

オフホワイトボード A2
価格 2,400円(税別)
品番 LNW2406
本体サイズ W600 x H450 x D13mm
(受け皿取付時:D63mm)
筆記面サイズ W578 x H427mm
包装サイズ W630 x H510 x D33mm
(ヘッダー袋)
本体重量 1,200g(包装資材含む)
素材 ボード面:スチール
フレーム:PP
裏面:段ボール
付属品
  • ボードマーカー
    (直液式細字/黒インク)1本
  • マグネット(直径20mm) 2コ
  • 受け皿(W20cm)1コ
  • 吊り下げヒモ(50cm)1本
  • 吊り下げ金具、ネジ2コ
仕様 タテ・ヨコ両用


サイズはA2、A3、A4、A5のホワイトボードがあるのですが、一番オススメはもちろん一番大きなA2です。そのスペックを掲載しておきましたので、参考にしてくださいね。¥2400ならお買い得ですよね。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。感謝します。

あわせて読んでいただきたい僕の文房具ブログ記事です 

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com