『本と文房具とスグレモノ』

文房具は、身近で安価で即効性のある成長アイテムです。毎日、情報を発信してます。

このコンパクトさを待ってました!『コンパクトスライドカッター』登場です!

f:id:fumihiro1192:20190130181125j:plain

僕はカッターナイフで鉛筆を削るのが大好きで、高校生の頃は超精密に削って自分に陶酔しておりました。自分のレベルを超えて勉強してたくさんのものを詰め込み過ぎていて、ちょっと頭がおかしくなっていたんだと思います。

そんな人によく切れるカッターナイフを持たせるとロクなことになりませんので、ますますスライドカッターをお勧めしたいものです。さらには、これがコンパクトであれば言うことなしですよね。今日はそんな便利な文房具を紹介します。

2019年2月14日のバレンタインデーに発売になります、リヒトラブ社から出る『コンパクトスライドカッター』です。もう少しひねりを効かせたネーミングで他社がこけていたので、今回は慎重になっているのかも知れませんね。

それでは『コンパクトスライドカッター』の紹介です。

 

f:id:fumihiro1192:20190130181144j:plain

f:id:fumihiro1192:20190130181155j:plain

『コンパクトスライドカッター』プレスリリース記事

 『コンパクトスライドカッター』を2月14日より発売致します。

 『コンパクトスライドカッター』は、裁断部の左右にある紙台を半分に折りたたむことができます。さらにスライダーを取り外せばA4コピー用紙より小さい面積になるのでキャビネットや本棚に入れてもスッキリ収納できます。

 紙台には左右対称に寸法が表示されているので利き手に関係なく使用できますし、規格サイズの用紙を半分に切る際も位置合わせがスムーズにできます。一般的なスライドカッターは裁断部が紙台の端に付いているため、紙の両端を裁断する時は紙を回転させて裁断しますが、コンパクトスライドカッターは紙台が両側にあるので紙をそのまま左右にずらすだけで簡単に裁断することが出来ます。
 また、本体背面には付属品や消耗品が収納できるスペースを設置しています。オモテ面から取り外したスライダーの収納や、替刃が3個とカッターマットが2本収納できるので交換がスムーズに行え、予備の保管にも最適に使えます。

 カッターの刃は直線刃とミシン刃を各1個ずつ付属し、裁断時にしか刃が出ない安全なカートリッジ式です。スライダーには最初に直線刃が取り付けられており、ミシン刃は背面に収納しています。
 4角形のカッターマットは、刃の切れ味が悪くなったら本体から抜き取って新しい面に交換します。カッターマットの4面全てを使用したら前後方向を入れ、替え刃が当たる位置を変えることで1面に2個所×4面=合計8箇所使用することができ、経済的に使えます。

 紙台には、A4・B5・A5用紙の半裁に便利なサイズ表記に加え、A6・ポストカード・写真Lサイズ・名刺サイズの計7種類の用紙ガイドがあります。コピー用紙は5枚程度裁断できます。

 『コンパクトスライドカッター』は、オフィスではコピー用紙の裁断、ご家庭では手作りカードの作成やプリントアウトした写真の裁断など、場所を選ばず便利にご使用頂ける商品です。

 

f:id:fumihiro1192:20190130181207j:plain

やっぱり安全性を考えると『スライドカッター』なんですよね。そこはよく理解できます。僕の働いている職場もカッターナイフ禁止、そしてスライドカッターに切り替えるようにお触れが出て、あっという間に変わりました。

僕もここまでコンパクトになって、持ち運びも出来るスライドカッターなら使っても良いなぁと思います。もっと安価版も出ているけど、このくらいのスペックでないと安心できないですからね。とても良いと思います。

f:id:fumihiro1192:20190130181219j:plain

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。感謝です。

あわせて読んでいただきたい僕の文房具ブログ記事です

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com

www.fumihiro1192.com