『本と文房具とスグレモノ』

文房具ライター:フミヒロです。身近で安価で即効性のある成長アイテムが文房具です。毎日、情報を発信します♪

日本文具大賞2018の優秀賞を紹介します!まずはプラスの新しいWクリップ「エアかる」

f:id:fumihiro1192:20180216214903j:plain

今年もあっという間に日本中の文房具好きの心が踊る「日本文具大賞」の優秀作品発表の季節になりました。グランプリ受賞の当日までワクワクします。僕は毎年この受賞式に出ているので(呼ばれてませんけど)楽しみです。

さて、「日本文具大賞」って何だろう?

機能面・デザイン面それぞれにおいて、その年のもっとも優れた文具に贈られるアワード、日本文具大賞(ヨミ:ニホンブングタイショウ)。 受賞企業にとっては販促の絶好のチャンスとして、またバイヤーにとってはその年の注目製品を一度に知ることのできる機会として、業界から大きな注目を集めております。第27回を迎える今回は、2017年7月8日以降に発表された文具の新製品・リニューアル製品の中から12製品を選定、機能部門/デザイン部門を設け、優秀賞・グランプリを決定します。 グランプリを含む受賞製品はISOT会期初日に行う表彰式にて発表・表彰させていただきます。

f:id:fumihiro1192:20180615184206j:plain

こんな説明がサイトの方でされておりましたので、引用させていただきますね。とっても偉い先生たちが時間をかけて選んでくれた2018年を代表する文房具たちです。素敵なものばかりですので、順番に紹介させていただきたいです。

僕に選ばせてくれたら全く違う10作品になっていたと思いますが、そこも毎年楽しいところですね。このサイトからは過去の受賞作品ものぞけたりするので、そんなことをしても楽しいと思いますよ。おススメします。

では、少しづつ紹介させていただきますね。

まずは、プラスのクリップ「エアかる」からです

トップバッターはプラスの「エアかる」です。この文房具は今までのWクリップの半分の力で開閉することが出来るということで人気になったんですよね。もちろん、僕も飛びつくように注文して現物を手に入れました。

僕はこの軽さに感動して某ラジオ番組やwebメディアで紹介させていただいたりしたんですが、売れ行きはどうなのかな?と、心配していました。会社にはなかなか劣化しない古いタイプが豊富に在庫としてありますからね。

でも、こういう日本文具大賞2018の場に登場するということは、良い感じで世間に響いているってことなんですよね。かなり安心しました。これからもこのペースで売ってもらいたいです。だって、軽いってとても便利ですからね。

話は変わりますが、思い返すと、僕はこの動画を見てWクリップの使い方の広さに驚いてからヘビーに使うようになりました。もちろん周囲の人にも教えるし、自分でも実践しているのですが感心させられる技ばかりです。素敵です!


youtu.be

今日はプレスリリースを中心に紹介していきますね

f:id:fumihiro1192:20180216214907j:plain

===============================================
    開く力を最大約50%※削減!
かる~く開けるクリップ「エアかる」新発売
===============================================
プラス株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:今泉公二)は、
プラスオリジナルの新機構(特許出願中)により、ダブルクリップ
開く力を従来品比最大約50%※に削減し、空気のように驚くほど軽く
開くことができるダブルクリップ「エアかる」を2018年3月1日に発売します。
近年、オフィス環境の変化で保管スペースが減少、書類保管が
長期保管から一時保管する傾向にシフトしてきており、手軽に書類
まとめるダブルクリップの需要が拡大しています。
しかし、需要が拡大し一時利用での頻度が高まる一方、
「開きが固く、力が必要」「パチンと弾け飛ぶ時がある」など、
開くときの固さや指へのあたりの痛さに多くのユーザーが不満や
ストレスを感じていました。
今回発売する新開発のダブルクリップ「エアかる」は、本体に
「てこの原理」を利用した突起を配置。この突起がレバーを開くときの
支点となって、開く力を大幅に軽減。これまでの約半分※の力で
レバーを開くことができます。
また、レバー先端をフラットデザインに
変更しフィット感を高めたことで、指へのあたりがよりソフトになりました。
サイズは、大・中・小の3タイプを用意。各10個入りで
メーカー希望小売価格(税抜)は、大450円、中350円、小300円です。
※当社従来品比実験データによる   
 各サイズにより省力率は異なります
 大-50%、中-40%、小-30%省力

f:id:fumihiro1192:20180216214911j:plain

≪主な製品特長≫
■「てこの原理」を応用! 本体の突起が軽く開ける
 省力化を実現!<特許出願中>
 本体部分に突起をつくり支点の位置をずらし、さらにレバーの
 長さを変更することで、「てこの原理」を利用し軽い力でクリップ
 開くことができます。当社の従来品に比べ、開く力を
 最大約50%※削減しています。
■フィット感のあるフラットレバーを採用
 レバー先端の形状をフラットに変更。指に当たる接地面積が
 増え、指へのフィット感がアップしました。


f:id:fumihiro1192:20180216214916j:plain

【製品名】
軽く開けるクリップ「エアかる」
【材質】
本体=鉄、ハンドル=鉄・ニッケルメッキ
【発売日】
2018年3月1日
【販売ルート】
全国の文具店、量販店、専門店、オフィス通販、インターネット通販 等
【仕様・価格】
------------------------------
◇規格:大
<カラー>
 ブラック
<クリップ幅>
 32mm
<とじ枚数>
 約120枚
<数量>
 10個入
<品番>
 CP-101AK
<価格(税抜)>
 450円
------------------------------
◇規格:中
<カラー>
 ブラック
<クリップ幅>
 25mm
<とじ枚数>
 約90枚
<数量>
 10個入
<品番>
 CP-102AK
<価格(税抜)>
 350円
------------------------------
◇規格:小
<カラー>
 ブラック
<クリップ幅>
 19mm
<とじ枚数>
 約50枚
<数量>
 10個入
<品番>
 CP-103AK
<価格(税抜)>
 300円
------------------------------

f:id:fumihiro1192:20180216214921j:plain

~~~~~~~~~~~~~~~
◆ダブルクリップとは
 「てこの原理」を利用してレバーで本体を開き、書類を挟む
「ダブルクリップ」。このシンプルな機構は、アメリカ人の
ルイス・エドウイン・バルツレーさんが発明。1915年に米国で
特許登録され(右図参照)、その後も形状がほぼ変わることなく、
時代を超えて広く使用されてきました。英国の著名な書籍
「ファイドン・デザイン・クラシック」(2006年)にも、優れ
国際デザインの工業製品999のひとつとして掲載されています。
出典:米国特許商標庁(特許番号US1139627)
~~~~~~~~~~~~~~~
プラス ダブルクリップ エアかる 大 ブラック 10個 (10個入×1箱) 35-506

プラス ダブルクリップ エアかる 大 ブラック 10個 (10個入×1箱) 35-506

 
プラス ダブルクリップ エアかる 小 CP-103AK 10個

プラス ダブルクリップ エアかる 小 CP-103AK 10個

 
プラス ダブルクリップ エアかる 中 CP-102AK 10個

プラス ダブルクリップ エアかる 中 CP-102AK 10個

 
今年の日本文具大賞2018の優秀賞に選ばれた「エアかる」の素晴らしさは、ご理解いただけたでしょうか?この僕のブログで少しは伝われば良いなぁと思います。最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。感謝します。

あわせて読んでいただきたい僕の文房具ブログ記事