『本と文房具とスグレモノ』

文房具ライター:フミヒロです。身近で安価で即効性のある成長アイテムが文房具です。毎日、情報を発信します♪

鉛筆

ダースってなに?鉛筆を12本単位で売る意味あるの?

国産鉛筆は削ってない状態で売られていますよね。それに対して、海外の鉛筆は削ってある状態で売られている方が圧倒的に多いように感じます。この違いは一体なんでしょう?今日はそんな「鉛筆の売り方」の真相に迫ってみます。その売り方の違いは、どうして…

くっきりした字を書きたいなら『モノマークシート用鉛筆』です

最近、僕の周囲に鉛筆を使う人が増えてきたように思えます。僕も実は鉛筆が大好きです。この筆記具の一番のチャームポイントは木製の軸に包まれているので、それを削って芯を出さないと書けないところです。面倒ですが味がありますよね。そんな鉛筆の中でオ…

実用的な色だけ集めた36色の色鉛筆『色辞典36色セレクトセット』発売!

なんとも表現しようがないくらい素敵な色鉛筆が発売されるので、紹介しておきますね。発売日は10月3日です。気の早い文房具屋さんにはもうすでに店頭販売されているところもあるかも知れませんね。是非、確認してくださいね。僕も色鉛筆は大好きです。上司の…

鉛筆で書きたい派ならば『ハイユニ アートセット』をお勧めします!

今日、会社の女子社員が鉛筆を使っていたので珍しいなと思い話しかけてみました。「なんで今時鉛筆を使っているの?」そしたらこんな素敵な答えが返ってきたのです。「私は鉛筆を削った時の匂いが好きなんです。」良い話ですよね。あの木の香りが好きって人…

ゴルフ場でスコアつけるときのペンの名前、知ってますか?

今日は新南愛知カントリークラブ美浜コースで開催された第49回マンシングウェアレディース東海クラシックという女子プロゴルフの大会を観に行ってきました。最終ホールまでもつれて、プロ8年目の香妻琴乃プロが見事に初優勝を飾りました。彼女はこの夏に4キ…

【文房具豆知識】日本だけ違います『鉛筆の売り方』そしてダースの謎に迫る!

国産の鉛筆は削ってない状態で売られています。それに対して、海外の鉛筆は削ってある状態で売られている方が圧倒的に多いように感じます。この違いは一体なんでしょう?今日はそんな「鉛筆の売り方」の真相に迫ってみます。その売り方の違いは、どうしてな…

COLLEEN(コーリン)の新品の色鉛筆が出てきました

部屋の掃除をしていたら『コーリンの色鉛筆』出てきました。最近は、コーリンの鉛筆って売っているのかな?一時期、この企業の都合で営業がグラグラして廃業状態だったみたいなのですが、行くすえを確認していないのです。僕の部屋にはコーリン鉛筆がたくさ…

ダーマトグラフ(DERMATOGRAPH)って何だろう?

今日は「ダーマトグラフ(DERMATOGRAPH)」という色鉛筆を紹介します。大きな分類で言えば、色鉛筆と言い切って良いと思います。もしも違っていたら。このブログのコメント欄にそっとメッセージをお願いします。即刻訂正いたします。みなさん、この名前を聞…

絶対に忘れないために、大事なことを「すぐログ」しちゃおう!

今日は、とっても楽しみにしていた土橋正さんのトークショーが東急ハンズ名古屋店で行われました。名古屋でこんな素敵なイベントが行われるのは珍しいですので、この機会を逃さないように、僕たちは誘い合わせて会場に行くことにしました。土橋さんといえば…

「マツコの知らない世界」出演記念!小日向京さんの『考える鉛筆』

2018年2月27日は、小日向京さんが「マツコの知らない世界」に出演された日だった。僕も隣町で開催された会議を早々に終わらせて、急いでテレビの前に座って待っていました。小日向さんは文房具友達なので応援したいのだ。でも、待てども待てどもなかなか出て…

アメリカンな文房具をお土産にいただきました!ありがとうございます!

会社でも「文房具が好きな人」というイメージが定着しているので、時々海外拠点に出張された方達に文房具のお土産をいただきます。本当にありがたいことです。どこに旅行にいっても決してお土産を買ってこない僕なのに、周囲は優しい人が多いです。今回はア…

【鉛筆はなぜ六角形なのか?】文房具の謎に迫る旅の途中で、思いついたこと。

僕たちが、通常使う鉛筆は「六角形」をしている。もちろん三角も丸もあることは知っているが、六角形が一番メジャーだ。子供の頃は、鉛筆の一部分を削って数字を書いてサイコロ代わりにして遊んでいた。昭和生まれの人なら、誰もが一度くらいこんな経験をし…

モンゴルの文房具屋さんから届いた鉛筆がすごい!

大学時代の友人がモンゴルに行った時に、現地で僕のことを思い出してくれて、お土産に「鉛筆」を買ってきてくれました。それを郵送で送ってくれたものが、今日届いて眺めています。こういう海外の文化に触れることが出来るのは、いいなぁ。 モンゴルで、文房…

【国際的文房具見解!】元上司のお土産は「中国文房具」でした

僕の元上司は仕事の出来る男だ。社内でも「切れ者」的な存在で、みんな怖がっている。しかしながら、仕事を一歩離れると「普通」だ。いやいや、「普通」以下だろう。しかし、人間はそのくらいでちょうどバランスが取れているのかも知れない。もちろん、僕は…

【解答します!】どうして小学生はシャープペンシル禁止なのか?

このブログで「どうして小学生はシャープペンシル禁止なのか?」という記事を書きました。僕なりに結論を出して完結させてのですが、その解答に満足できない文房具好きの読者の方々から、たくさんご意見いただきましたので紹介しますね。面白いですよ。 id:k…

【文房具の謎に迫る!】どうして小学生はシャープペンシル禁止なのか?

その昔、僕は中学生になって初めてシャープペンシルを持って感動しました。 鉛筆削りを使う必要がないし、使っていても芯の太さが変わらない。さらには精悍なメカニカルなデザイン。本当に凄かったです。どうして小学生に禁止されていたのか、全く理解出来ま…

突然メールで「テレビ番組で文房具を紹介してください」と言われたのでやってみた!

「文房具朝食会@名古屋」という文房具好きが集まるコミュニティを主催していますフミヒロと申します。並行してこのブログ「文房具ビズ@本と文房具とスグレモノ」も書いております。毎日文房具情報を発信しておりますので、今後もよろしくお願いいたします…

【面白豆知識】色鉛筆が丸い軸なのには秘密があったのだ!

僕は今日調べ物をしていて、驚くような秘密を解明しました。 それは「色鉛筆がなぜ丸い軸なのか?」という謎に対する秘密です。 色鉛筆の軸が丸いために、たいへん転がりやすく、机などから落として芯の破損を防ぐためにその色を使い終えるたびにケースに戻…

なんだか素敵なBICの鉛筆いただきましたV(^_^)V

なんだか素敵な春色の鉛筆をいただきました。ありがとうございます!鉛筆の4本セットなんですが、ちょっと細身で鮮やかな色合いで良い感じです。軸部分が黒いのもとってもチャーミングですね。気に入ったので機会をみて使っていこうと思います。 そもそも鉛…

【感動文具】三菱鉛筆の『ハイユニ50周年記念セット』は、文房具の最高峰です!

三菱鉛筆の『ハイユニ50周年記念セット』が販売されました。とっても良いです。僕は前からハイユニアートセットが欲しかったので、速攻購入しました。すごく美しくで、輝いてます。こういう文房具はモチベーションを上げてくれますよね! そもそも鉛筆は劣…

『パリの秋祭り』で見つけた鉛筆が素敵だったこと

名古屋駅のちょっと北に円頓寺商店街があります。最近注目している街で、毎月通ってます。とっても味があるので撮影練習にはちょうどいい街並みが広がっているからです。そんな街の商店街でお祭りがありましたので、出かけてきました。 こちらの紹介は名古屋…

【文房具の穴】鉛筆を使うことは森林資源を消費しているのか?

なんとなくではありますが、「鉛筆」を使うと森林資源を消費しているような気分になるようなことがあります。会社の食堂も、昔は割り箸を使っていたんですが廃止されて塗り箸を使っていますし、ちょっと社会的に良くないのかな?と思ったりしますので調べて…

【文房具の穴】ノスタルジックな香りがする「赤青鉛筆」の世界に深く潜ってみる!

みなさん「赤青鉛筆」まだ使っていますか?僕は、時々タスクの消込を赤鉛筆に変えたりして、なるべく使うようにしています。特に赤色は力強い色なので消込に適していますよね。さらには、添削・採点は昔から赤を使うのが決まりですからね。 基本は丸型の赤青…

【文房具の穴】「鉛筆」と「ボールペン」の間にあるものを理解しているか?

子供の頃は学校の教育方針がとても頑固なものだったので「鉛筆」しか持たせてもらえなかった。僕にとっては大変なストレスで早くこの生活から脱出したいと願っていました。ボールペンの方が濃い字が書けるから好きだったんですよね。 だから、家に帰ると安物…

【文房具の進化】鉛筆をエンドレスにした『TSUNAGO』が面白い!

2016年の「文房具屋さん大賞」で大賞を受賞したTSUNAGO(中島重久堂)は、短くなった鉛筆を繋ぎ合わせて最後まで使い切る特殊な鉛筆削りなのだ。実用的ではないが、モノを最後まで使い切りたいというメッセージ性が強くて素敵だ。 僕自身、短くなった鉛筆か…

【文具好き必見】トンボ鉛筆の半袖Tシャツを着てみよう!

ユニクロの企画で『The Brands』が展開されています。 この企画は様々なジャンルで100年以上続く歴史ある企業とのコラボで、その企業の象徴的なロゴや代表的な商品をモチーフとしたデザインを楽しんでしまおうというモノです。面白いですよね。 早速「トンボ…

【衝撃的!】『つくしえんぴつキャップ』~よくぞ、ここまで考えた情熱に拍手!~

面白い文房具をみつけました!『つくしえんぴつキャップ』です。 針金細工のような、この鉛筆キャップはインパクトありますよね。存在は昔からしっていたのですが、名古屋の駅前に出来た「リブレット」という本と文具を扱うお店で見つけたんです。面白いでし…

【幻の鉛筆】メイドインニッポン?それなら「日本製」でよくない?~古い鉛筆は面白い~

お土産に面白い、そして古い「鉛筆」をいただきました♪ MADE IN NIPPON ”INDUSTRY” ICHIKAWA WORKS *6715*HB と刻印されてます。良いですよね。一番気になるのは、どうして「MADE IN JAPAN」ではないのかということ。勿論、歴史的な背景があるのかもと想像…

【文房具での青春日記】「鉛筆」ばかり買ってました!~触っているだけで満足の不思議な世界~

その昔、「鉛筆」に熱狂したことがあって、意味なく買い漁っていました。 なかでも「コーリン鉛筆」が好きで、店頭に並ぶと即座に買い占めていました。ところが、そこまでの経済力はなく・・・買えるだけのモノを精一杯買うという気分を楽しんでいました。ま…

【知っていました?】鉛筆の芯と「シャープ芯」の違い~細い芯でも折れないのは理由があった!~

どうして小学生はシャープペンシルの使用を禁止されているのか? そんな話題をブログにアップしたら大いに盛り上がりました。みなさんも疑問に思っていたり、おかしいなと思ってみえたんですね。そして、たくさんの意見をいただきましたが、はやり「握力の無…